プロフィール

パウロ小林

Author:パウロ小林
FC2ブログへようこそ!
こんにちわ、パウロ小林です。
私 癒されブログ「イエスの涙」を
運営してますが、この度
裏サイトとして、パウロ小林で
youtubeにうpしてる機械朗読を
ご紹介いたしています
メインは、超常現象 オカルト ミステリーを
ご紹介していますが、その他に
いろいろな、オカルト・不可解・怪談・予言 動画も
投稿よていです。
どうぞ 気楽に寄ってみてください。
気になる、記事・動画みつかるかも・・・
管理人
サウロ小林(小林機械朗読)
にほんブログ村 動画紹介ブログ

FC2カウンター
ランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「霊道の我が家」その1

雷鳥師匠シリーズ5 「霊道の我が家」その1


私が10代の頃。
両親はいわゆる仮面夫婦&毒親
私には姉と妹がいる。私は三姉妹の真ん中。

両親は姉と妹はかわいがったが、私だけ家事全般担当だった。

その環境のせいか、私はあらゆる事に敏感で不安定。

元々なんとなく霊感はあったが加速したらしい。


haikei001.jpg

中学三年の時、親が念願の一軒家を建てることにした。
親は全く幽霊なんて信じないし感じない。

常に不満ばかりで喧嘩ばかり。
娘には怒鳴り散らす(おもに私に)。

その親が土地を決めてきた。
契約してきた。

ある日、何の予告も無くその土地の見分に連れていかれた。

土地は新興住宅地のどんづまりにあった。

その向こうは急激に下る国有林。

どんづまりには土地が二軒分あり、ひとつは切り拓かれた側。もうひとつは国有林に土地の二方を囲まれた側。

私はかすかな望みを託して拓かれた側を指差して聞いた。
「こっちだよね?」
できる限り平静に顔がひきつらないように気をつけた。
両親の気を損ねたらエライことになるのを骨の髄まで染み込まされて育ったから。

しかし父親は無慈悲にも反対側を指差して
「こっちだ。」
と嬉しそうに言った。
父親いわく、この一画では一番広い面積とのこと。
しかも格安。
日当たりも悪くない。


「…………もう決めたの?」


見分に行った当時は契約の事を知らなかったので、無表情でそう尋ねた。
表情を作る余裕など私には無かった。


父親は少し怒りをあらわにして
「何か文句があるのか」
「もう契約してきた。解約はできない。嫌なら住むな。」
とつっかかってきた。

私は黙るしかなかった。
これ以上、自分の立場を悪くするのは嫌だった。

げっそりしながら目の前の土地を見た。

隣の明るい土地に比べて、うちの土地は黒いモヤが地面から漂っている。
みんなも見たことがあると思うが、冬の朝に空気よりあたたかい地面から立ち上る湯気があるでしょう?それの黒バージョンだと思ってもらえばいい。

父親にはわからないようだ。

母も姉もわからないらしい。
唯一、妹だけは何かを感じ取ったようだが当時はまだ小学生で、特に何を言うまでもなかった。


私はそこを見つめたまま数分黙って突っ立っていた。
さっきから何人もの影が土地の入り口から国有林の方へと抜けて行く。
国有林側の方は盛土をして土地を上げているのだが、その地面の中に小さな祠が見える。

おそらくは以前、そこに祠があったのだろう。
開拓したからにはちゃんと儀式をして移動したのだろうが、私には以前の祠の姿が見えていた。

一応、土地の内側にも入ってみた。

一歩踏み入れた途端に襲って来る寒気を『気のせい、気のせい』と自分に言い聞かせながら、父親の建てる家の構造の講釈を上の空で聞いていた。

二度と行きたくなかった。

家の建築にも関わりたくなかった。

家が建つまでの半年間。
私がそこを訪れたのは出来上がり直前の、たったの1回だったが……愕然とした。


あの影たちが入ってきていた所に玄関があり、影たちが通っていたところがばっちり廊下になっていて、突き当たりは壁。

しかも御丁寧に廊下に並行するように2階への階段が作られていた。

居間は私が地面の中に見た祠の上。



見えない、感じないとはこういう事なのか。と改めて認識した。
両親は常々「自分たちは不幸だ」を口にする。
神社仏閣にもめったにいかない。
身体障害者に対しても見下したような言動をする。
そのくせ外面(そとづら)だけは完璧だ。

これは彼らが選んだことだ。

家が完成し、ほどなくして私たちはそこに引っ越した。

その日から私は常に多数の視線を感じながら生活しなければならなかったが、全てを無視した。
たいていは家の中を通過していくだけだ。

ラップ音は家鳴りとして処理した。

誰もいない2階から「ガタン!」と何かが落ちるような音がする度に確認しに行ったが、それも数回のちには無視することにした。

家族の誰かが「何か音がしたよ」と言っても
「気にしなくていいよ。何か落ちてたら後で直しておくから。」
と言って無視させた。

庭には真っ赤な服の髪の長い女性がずっと佇んでいたし、夜中は布団の周りを誰かが歩き回る。

家には神棚も仏壇も無かった。
金縛りはしょっちゅうだった。

今、これを書いていてもザワザワする。
吐き気が込み上げてくる。

結局、私はその家には5年しかいなかったけど、そのたった5年で家族は崩壊した。

詳細はまた次回に書きたいと思う。




気に入りましたら小林機械朗読↓ youtubeはこちらからチャンネル登録できます




にほんブログ村 動画紹介ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村
応援よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

叔父とソイツ (雷鳥師匠シリーズ4)後日談付

叔父とソイツ (雷鳥師匠シリーズ4)



一昨日、一般スレにも書いたのだが、

叔父(母の妹の旦那)が膵臓癌になった。

長い話しになる。

覚悟して読んで欲しい。

haikei01


何年も連絡してなかった実母から直メールが来た。


最初は着信だったのだが、たまたま風呂に入っていた時だったので(まー、向こうは無視したと思ったべなw)メールをよこしたらしい。

内容は叔父が膵臓癌になったから、連絡は控えて欲しい。とのこと。

で一昨日、叔父が少しでも良くなるように……と(ー人ー)

お祈りかねてお祓いしてた。


私のは自己流だけど、手がかりさえあれば遠距離とか関係ない。

ましてや身内なので顔を思い浮かべれば容易い。

ただ……( ´・ω・`)、私は叔父が苦手。


とっても優しいし、叔父家族は叔父を大事に思ってて、家族愛もあり良い人だ。

……なのに(;ω;)背負ってるものが黒いんだよぉ〜。。。

叔母の背負ってるものや娘3人が背負ってるものが強いので、叔父はそれに護られていままで生き延びてきた。

怖ぇ〜カタカタカタカタカタカタカタ((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタ

できれば関わりたくない!

しかし…死ぬかもしれない膵臓癌。

せめて最期は幸せに過ごして欲しい。

そんな思いで気合い入れてお祓いに臨んだ。

……結果は……惨敗でした( ºωº )チーーーーン


私は丸1日、身体中 浮腫(むく)み、立っていられず横になっててもずっと身体を揺らしていないと耐えられない状態で呻いていました。

はじめて叔父を紹介された時から「ソイツ」は確実におって、確実に叔父を蝕んでた。

叔母や娘さんたちがおらんかったら、おそらく20年前にはこの世から連れ去っていたはず。

今、娘3人は独立。

家を離れている。

お祓いは何時間かねばったが、ソイツにはいっさい効かない。ニヤニヤしてるだけ。

最初から異形のもので、人のかたちすらしてなかった。


叔父の性格からして何かを自分で「しでかした」とは考え難く、実家が宮城県の山奥である事からして、そこから連れてきたのは容易に想像できた。


ソイツは「土地」か「家」にもともと居たもので、もとの姿を完全に失ってしまっていて、神だったのか何だったのかすら不明。

脈打つように存在しているし、叔父に会う度に緊張した。

叔父の後ろを見るのが極端に怖かった。


そんな私の態度を見て、叔父は嫌われてると思ったのか、いつも私にはニコニコと笑顔だった。

私は泊まりに行っても、何かっちゃあ用事を見つけては叔母の台所仕事を手伝って席を外してた。

叔母はそんな私を見て

「まったく!うちの娘たちは」と、プンスカww

叔母の娘3人とうちの姉、妹は叔父のいる居間で仲良く遊んでいる。

いやいや(^^;;叔父が……その後ろが怖いんです。。。

とは、もちろん言えない。


ソイツの強さは何年経っても変わらない。

このままではソイツにいつか喰われるか、引き摺られて行くであろうビジョンが浮かぶ。

すぐに打ち消す。

ソイツは聡く、私を常に窺(うかが)ってて、私が移動すると視線がギシギシと硬い空間を破るようにぎこちなく追う。

いや、ソイツには「目」は無い。

すでに退化してしまったのか、闇にのまれたかわからないが、とにかく 無い。


「空間」もソイツにとっては物凄く硬いもののようで、叔父の背後では蠢いているのに、そこからは移動できない。

体の向きを変えるのも容易ではない。

そして叔父に憑いてるだけで、叔父に直接被害を与えるわけでもない。

しかし、叔父はいつ見ても顔色が悪く、いつも煙草を吸ってて(数年前から禁煙)、家に居ても落ち着いている感じが無い。

今回の膵臓癌も「ソイツが何かをした」という訳では無い。


ただ、ニンマリと物欲しそうに口もとを歪めただけだ。

巨大化したカオナシのようにゆっくりとしたぬめりのある歪んだ口らしきもの。


無理だった。。。

私には無理だった。。。。


ソイツの理(ことわり)にちょっと触れただけで、丸1日のたうち回った。


せめて「亡くなるまであまり痛みを感じないように」と思い、身体の内側に小さな結界だけ作っておいた。

それが精一杯(><。)


力不足でごめんなさい。

昨夜もお祓いの続きをしようと思ったのだけど、怖くて意識が飛ばせなかった。


叔父のところに行こうとすると、意識が違う所へ飛ぶ。


何回やっても飛ぶ。


諦めて明け方、薬を飲んで強制的に寝た。





気に入りましたら小林機械朗読↓ youtubeはこちらからチャンネル登録できます




ソイツが警戒を強めたのか……いや、違う。

私側の本能が避けている。


あまりに異形過ぎて、どうにもならない。


叔母はこういうのは意識しないらしい。

ソイツにも叔母は見えてないらしい。

ソイツが叔母に視線をうつしたのを見た事が無い。

ただ、叔母の次女だけを目線で追っていた。


だから私は次女にばかり話しかけていた。

ソイツの気が逸れるように。

でもソイツは叔父の背後から出られない。


どんな呪(じゅ)が施されているのかは不明なのだが、叔父の背後からは出られない。


叔父の実家は山奥で私は行ったことがない。


なぜか叔父だけが若い時から実家を離れて暮らしていた。

本人は、一族の中で1人だけ大学に行かせてもらった事を感謝していたが、本家からは今でも毛嫌いされているようだ。


本家は何かを知っているのだろう。


その呪(じゅ)がなんなのか。

「ソイツ」がなんなのか。


「ソイツ」は叔父を喰らうのを待っている。

喰らったら、そのまま煉獄へ堕ちていく。

「呪(じゅ)」はそうプログラミングされているから。


叔父は魂もろとも消滅するかもしれない。

もし、家族の元に戻ってきたら、ほんの1gでも魂が残っていた証拠。

結界はその為に張ってきた。

ソイツには噛み砕けない。


家族からの想いで強化するようにしておいたから。

ただし……全部は覆えなかった(´・ω・`)、

小さな小さな「結界」だ。

叔母の想いを練り込んだのでソイツにとっては激薬と一緒。見えなければラッキー。

気付かずに他の部分とともに喰らっても、

吐き出すはず。。。。

おそらくソイツにとっては物凄く不味いものになったはず。


叔父には申し訳ないが、これが私には精一杯だった。


これをしたためている間も心の警鐘がザワザワする。


幸い「ソイツ」にとってこの世の流れはたいした長さでは無いらしい。

人の一生の長さは、朝食と昼食の間ぐらいの長さにしか感じない。

叔父を喰らったら煉獄に昼寝をしに行くだろう。

それは人の長さで二生分の長さになるはずだ。



……クチャり………



ニンマリと動かした口の奥からはじめてその気配を感じた。

いや、そもそも口なんてない。

私が口だと勝手に思ったのは、そこがもごもご動いたからだ。

口が開いたのは見たことがない。

人の言葉は話さないし、聴こえない。


「ソイツ」がなんなのか……きっと知っていたものもすでにこの世にはいない。


叔父の実家は叔父の家から車で1時間半ほどだ。観光地として知られているから私もTVで何度か見た。

東日本大震災の時も内陸の被害地としてニュースに出てた。


しかし、近くまで行くと足が竦んですすめなくなる。

きっと私は一生、その地を踏むことは無い。


以前、私の家族がそこに行くチャンスがあったのだが、たまたま結婚したばかりだった私は仕事も忙しく行かなかった。

叔父の祖母の見舞いと叔父本家の法要だったから。


その後も何度が行くチャンスはあったが、常に何か予定があった。


これは……こういう事だったのだろう……と今では思う。


叔父はこれから、癌と闘いながら家族と絆を深めるだろう。それが唯一の救いだ。

(;人;)

叔父に幸あれ。。。。


(追伸)

叔父の夢を見た。

膵臓癌の叔父の夢を。


夢の内容はほとんど覚えてないけど、夢の中で叔父の所に行ったのは確か。


近寄ってはいけないのは意識してたので、近寄らなかったのだが……翌朝、身体を起こせなかった。


前回はのたうちわまっていたのだが、

今回は離れていたので、「だるい」程度で済んだ。


どうやら夢じゃなくて、意識を飛ばしてしまっていたらしい。。。。


よくないな〜((((っーωー)っ気をつけなきゃ




(後日談)

異形の者が、叔父から離れたよ♪

……というか……(//∇//)離した♪

そんでもって体調悪くしてたw

もちろん浄霊はしてない。

別の所に移ってもらった……(▼ω▼)v

あ、おいらが体調悪くしてたのだ。

で…現在、叔父を清めてる途中なのだが……内蔵の疾患は……どーだろうな〜(;-ω-)ウーン、、、

気力は戻ったと思うんだけど……。。。

でも、ちょっと接触しただけで吐きそうになる( ; ; )、

一応、縁を切っておいたけど……おいらプロじゃないから、どこまで出来たか……。。。。

まだ、どす黒い残りカスみたいなのが残ってて……(›´A`‹ )-3ゲフ

にほんブログ村 動画紹介ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村
応援よろしくお願いいたします。

File122 「叔父とソイツ」 (雷鳥師匠シリーズ4)

File122 「叔父とソイツ」 (雷鳥師匠シリーズ4) /小林機械朗読



小林機械朗読オリジナルの雷鳥師匠シリーズです。

再生はこちら

File122 「叔父とソイツ」 (雷鳥師匠シリーズ4)です。
これはG+のググタスの限定コミュニティ「都市伝説・オカルト大好き!」
で投稿していただいた雷鳥師匠の体験談を、動画にしてみました。


関連動画
オカルト・不可思議・謎・都市伝説
omoro gazou

リクエストなどございましたら、喜んで挑戦させていただきます。

気に入りましたら、チャンネル登録お願いします。
どうぞご視聴ください。
視聴される方、どうぞ・・↑からご視聴くださいませ。
 

気に入りましたら小林機械朗読↓ youtubeはこちらからチャンネル登録できます



にほんブログ村 動画紹介ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村
応援よろしくお願いいたします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。