プロフィール

パウロ小林

Author:パウロ小林
FC2ブログへようこそ!
こんにちわ、パウロ小林です。
私 癒されブログ「イエスの涙」を
運営してますが、この度
裏サイトとして、パウロ小林で
youtubeにうpしてる機械朗読を
ご紹介いたしています
メインは、超常現象 オカルト ミステリーを
ご紹介していますが、その他に
いろいろな、オカルト・不可解・怪談・予言 動画も
投稿よていです。
どうぞ 気楽に寄ってみてください。
気になる、記事・動画みつかるかも・・・
管理人
サウロ小林(小林機械朗読)
にほんブログ村 動画紹介ブログ

FC2カウンター
ランキング

お前らの知ってる都市伝説をあげるスレ

お前らの知ってる都市伝説をあげるスレ


1: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:54:20.76 ID:+5pBS/Qn0
なんかない?リアルなやつオナシャス
嘘か!本当か!今も語り継がれる奇妙な都市伝説。
http://world-fusigi.net/archives/6526400.html

haikei005.jpg

2: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:54:22.00 ID:s/NPcSL+I
スマトラ沖の津波の後、大量発生した海老を買い取ったのはマック。現地の人は気持ち悪がって誰も食べなかった。


3: 名も無き被検体774号+ 2013/07/ 26(金) 08:54:23.00 ID:+5pBS/Qn0
>>2
そういうの待ってました
エビもどざえもん食すのか

5: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:54:25.00 ID:+5pBS/Qn0
俺もひとつ

世界最高のセキュリティを誇るのはメリケンさんのペンタゴン等ではなく世界中に信者が溢れてるカトリックの総本山のバチカン

バチカンのハッキング成功した天才ハカーが実はそのバチカンのセキュリティを任されることになった

だがしかし

その天才ハカーはバチカンの情報を持ったまま姿をくらました

8: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:54:28.00 ID:G6Vv8Qdf0
牛女

六甲山をバイクで走っていると頭が牛で体が女の牛女に追いかけられる
スピードを上げて必死に逃げてもグングン追いついてきて、
追いつかれたと思って、後ろを振り返ると牛女は居ない
逃げ切ったかと思って前を向くと「追いついた」と牛女が目の前にいて腕を捕まえる

というところで、目が覚める
と、そこは病室で、バイクで事故って運ばれてきたという
その事故で腕は潰れて使い物にならなくなっている

という都市伝説

9: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:54:29.00 ID:8PkeApsn0
>>8
悪夢から覚めたら目の前に知らない女が立ってて刃物で胸を刺されてたって話思い出した

10: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:54:30.00 ID:s/NPcSL+I
上杉謙信は女

11: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:54:31.00 ID:8PkeApsn0
>>10
なにそれkwsk

16: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:54:36.00 ID:s/NPcSL+I
>>11
墓が明らかに女性用
スペインの日本に関する報告書に女性と書かれている
男もおよばぬ大力無双という吟が残ってる。

12: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:54:32.00 ID:G6Vv8Qdf0
>>10
周期的に体調が悪くなっててそれが生理なんじゃねーのって話とかじゃ?
武闘派のぶ姉だったと考えると可能性が微レ存

13: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:54:33.00 ID:8PkeApsn0
>>12
俺の厨二心に火が着きそうだぜ

20: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:54:40.00 ID:8PkeApsn0
日航ジャンボ機墜落事故が国内で最も有名な航空事故に思われがちだが、慰霊の森と名付けられるようになった岩手県雫石上空での航空事故の原因は

岩手県沖で演習中の海自のミサイル

という都市伝説

21: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:54:41.00 ID:zyarjPvu0
民間機を敵機に見立てて自衛隊は演習するらしいからな

22: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:54:42.00 ID:RuDNJXps0
真田幸村、豊臣秀頼は生存説
関ヶ原のあとだったか鹿児島に逃げたらしい

23: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:54:43.00 ID:A6FPqqyj0
真田幸村

秀吉が…誰だっけ?家康の…えーっと誰だっけ坊さん

27: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:54:47.00 ID:Rz9xBtc8P
>>23
> 秀吉が…誰だっけ?家康の…えーっと誰だっけ坊さん

秀吉じゃなくて光秀じゃね?
光秀=天海説
天海は家康のご意見番だったとか

31: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:54:51.00 ID:Ktt0eKuR0
>>27
それだ!!

28: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:54:48.00 ID:Eo9NnWFX0
ナチスは南極へも逃亡した 
戦後連合国の軍隊が異例の南極探索をするも事故、遭難が多発し中止する

32: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:54:52.00 ID:Ktt0eKuR0
>>28
南極の氷の下にはナチスとヒトラーが居るんだよな

30: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:54:50.00 ID:HgFgAb2j0
義経 = ジンギスカン 説

32: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:54:52.00 ID:Ktt0eKuR0
>>30
剣の形に特徴があり、その二人しか使ってない←同一人物

39: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:54:59.00 ID:stHwfOop0
ワケ有り物件専門に入居するバイトがある

40: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:00.00 ID:6Kknq7510
牛乳から栄養は殆どとれない
牛乳の飲み過ぎは健康に悪い?スウェーデン研究
http://www.afpbb.com/articles/-/3030268

42: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:02.00 ID:EpOovrcs0
>>40
プラシーボ効果はガチ

41: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:01.00 ID:Ip7u9tzRO
コラーゲン食っても意味なし

43: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:03.00 ID:EpOovrcs0
>>41
コラーゲンとかめっちゃ高価なイメージなんだが

44: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:04.00 ID:Ip7u9tzRO
>>43
普通に考えてあんなの吸収されるわけないw
仮に吸収されても期待する効果なんか微塵も無いわ

50: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:10.00 ID:qWV/HBJc0
猫は、人間より、霊感がある

54: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:14.00 ID:Os6VuJEn0
>>50
動物一般がそうらしいな

52: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:12.00 ID:GIjAnwjB0
都市伝説かどうか分からんけど、
千葉県松戸市JR松戸駅のそばにある、ちょっと前までガンダムのテーマパークが入ってたビルには
だいぶ前にヤバイ心霊現象多発で閉鎖された地下2階があるって話

56: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:16.00 ID:lqakPBTwO
新潟県長岡市の長岡駅から真っ直ぐ進んだ道沿いにあるイオンは1階のトイレに
幽霊がガチで出るから24時間営業を深夜0時に変更した。

57: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:17.00 ID:XaVt+KIx0
>>56
これもどこかで聞いたことある
長岡って何かと多いような

73: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:33.00 ID:CUDfyjzV0
>>56
そこ、元は病院だったからな
そのせいだろ

112: 忍法帖【Lv=26,xxxPT】(1+0:8) 2013/07/26(金) 08:56:12.00 ID:uaE9uFqQ0
>>73
元病院って橋の手前にある某スーパーじゃなかった?

171: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:57:11.00 ID:8EDnNsWsO
>>112
このレス呼んで背筋が凍ったわ…
そのイオンの場所は確かに橋の手前にあるよ。
イオンが出来る前はスーパーだったらしい。つまり噂はかなりガチなんだな…

64: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:24.00 ID:UnSVISVb0
戦艦陸奥が沈む前に現れた口裂け女
口裂け女
口裂け女は、1979年の春から夏にかけて日本で流布され、社会問題にまで発展した都市伝説。2004年には韓国でも流行した。

マスクをした若い女性が、学校帰りの子供に「わたし、きれい?」と訊ねてくる。「きれい」と答えると、「……これでも……?」と言いながらマスクを外す。するとその口は耳元まで大きく裂けていた、というもの[2]。「きれいじゃない」と答えると鎌や鋏で斬り殺される、と続く。
wiki-口裂け女-より引用

66: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:26.00 ID:Os6VuJEn0
>>64
お?kwsk

82: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:42.00 ID:JycxJC5C0
>>66
戦艦陸奥は火災で沈む数日前に第三砲塔の上で狂ったように笑う巨大な口裂け女が
目撃されたとか

他にもトラック諸島で日本がボコボコにされたときも沈んだ船の乗組員が白い着物の女が船から出ていったのを見たりしたらしい

86: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:46.00 ID:FhjtEJOv0
>>82
こういうのめっちゃ気になるね!
不幸を招くのが同じ日本人?てのが不思議だわな
敵国の人間ならまだしも

88: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:48.00 ID:1+g0Py090
>>86
都市伝説じゃなくて事実だけどアメリカのハルゼー艦隊は二度日本近海で台風に巻き込まれてえらい目にあった
まあハルゼーの性格自体が嵐のようなもんだけどさ

後は船魂か
ぞんざいに扱ったら嵐が来てあわてて祀ってみたら嵐がやんだらしい

89: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:49.00 ID:x9kpv/qs0
>>88
神風が吹いたってのは聞いたことある
戦争関連は多いね
船坂弘とか明らかに何かしら憑いてるとしか思えない

79: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:39.00 ID:LCK/hnjc0
>>64
まず陸奥の沈没自体が謎だけどね

65: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:25.00 ID:XTur3E8e0
茨城県の某私鉄
お偉いさんから「電化するなよ?絶対にするなよ?」と言われているので電化できない(つまりディーゼルカーを使うしか無い)
でも沿線開発がものすごいことになっているので仕方なくディーゼルカーのまま本数を増やした
お陰で職員はディーゼルカーの排ガスの影響で女の子しか授からないとかなんとか

66: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:26.00 ID:Os6VuJEn0
>>65
茨城県民の降臨待ち

95: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:55.00 ID:XtJmjx8Z0
>>65
関東鉄道常総線だね
沿線に地磁気観測所があるため、電化するには直流ではなく、交流電化しなきゃダメなんだけど、
交流電化は初期投資額が莫大になるために、貧乏私鉄ではその資金がなく未だにディーゼルカー

96: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:56.00 ID:x9kpv/qs0
>>95
あっさりと謎が解明された

67: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:27.00 ID:XTur3E8e0
埼玉県のほうれん草がダイオキシン騒ぎで全然売れなくなった時の話
ほうれん草が売れないで困っている農家のもとにとある超大手スーパーのトラックが現れて、売れなくなったほうれん草を徹底的に買い取っていった
勿論農家の人は感謝カンゲキ雨嵐

ちなみにそのトラックには鳩のマークが書かれていたらしい

で、その後その大手スーパーでほうれん草のセールがあったとかなかったとかね…

71: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:31.00 ID:Os6VuJEn0
>>67
そのホウレンソウがどれだけ危険だったのか。震災後のエビが売れなくてマックが買い取ったと最近聞いたの思い出した

77: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:37.00 ID:GbDLy7qQO
>>67
そこは今はグループ総出で福島産米のおにぎり、福島産の洗剤などを扱ってるよ

78: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:38.00 ID:Os6VuJEn0
>>77
当人は復興の為にキリッ!なんて言いつつ裏では金儲けのことしか考えてない現実
商売する以上そういう思考は必要だけどな

70: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:30.00 ID:voBDGEue0
テケテケ

データ:下半身のない女性の亡霊で腕を使って歩くときにテケテケする様子からそう名付けられた。
出会ってしまい、逃げようとしても時速100~150のスピードで追ってくる。追い付かれたら恐ろしい目にあうらしい。

きっかけ:冬の北海道で女性が電車事故にあい、下半身と上半身が切断されてしまうが、あまりの寒さで血管が凍結し、即死できずに苦しみながら死んでいった



この話を聞くと3日以内にテケテケと会ってしまうらしい

72: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:32.00 ID:Os6VuJEn0
>>70
有名やね

76: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:36.00 ID:CUDfyjzV0
え?

80: サエキ ◆saeki/0sD. 2013/07/26(金) 08:55:40.00 ID:q6sHvnUFO
大阪のとある場所にある井戸(井戸言うても水はない)は井戸の下に空洞出来てて他の場所に行き来できてそれを利用して地底人が住んでる。

井戸の下の空洞はほんまにあったけど地底人は完全なる都市伝説www

83: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:43.00 ID:HyI1Jjzg0
>>80
凸したいです!詳細教えていただけませんか?

110: サエキ ◆saeki/0sD. 2013/07/26(金) 08:56:10.00 ID:8bG3lbgRO
>>83 場所どこか忘れたわごめん↓↓
高校の時に行ったいらいやなー

(´・ω・)

111: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:56:11.00 ID:FOQvtML40
>>110
おお、遭遇!
場所分からないのは残念だが面白そうな話をありがとう!

自分大阪なので、面白そうなところがあったら凸してみたいと思ったんだw

84: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:44.00 ID:FhjtEJOv0
>>80
てことはだ
大阪の地下にも大戦中に施設が造られたってことだな
無いほうがおかしいかw
大阪の地下の話ってあんまり聞かないよな

81: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:41.00 ID:tMAg5wUD0
日本史絡みで
・松尾芭蕉=服部半蔵説
・豊臣秀頼は秀吉の子ではなく大野治長or石田三成の子説
・平清盛の父は正盛ではなく白河天皇説

85: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:45.00 ID:FhjtEJOv0
>>81
歴史マジで苦手…

90: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:50.00 ID:x9kpv/qs0
日本人のルーツはイスラエル人

94: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:54.00 ID:x9kpv/qs0
ベタすぎだけど

トミノ地獄
トミノの地獄
http://marieantoinette.himegimi.jp/booktomino.htm

※声に出して読んではいけません。

姉は血を吐く、妹(いもと)は火吐く、
可愛いトミノは宝玉(たま)を吐く。
ひとり地獄に落ちゆくトミノ、
地獄くらやみ花も無き。
鞭(むち)で叩くはトミノの姉か、
鞭の朱総(しゅぶさ)が気にかかる。
叩けや叩きやれ叩かずとても、
無間(むげん)地獄はひとつみち。
暗い地獄へ案内(あない)をたのむ、
金の羊に、鶯に。
皮の嚢(ふくろ)にやいくらほど入れよ、
無間地獄の旅支度。
春が来て候(そろ)林に谿(たに)に、
暗い地獄谷七曲り。
籠にや鶯、車にや羊、
可愛いトミノの眼にや涙。
啼けよ、鶯、林の雨に
妹恋しと声かぎり。
啼けば反響(こだま)が地獄にひびき、
狐牡丹の花がさく。
地獄七山七谿めぐる、
可愛いトミノのひとり旅。
地獄ござらばもて来てたもれ、
針の御山(おやま)の留針(とめばり)を。
赤い留針だてにはささぬ、
可愛いトミノのめじるしに。

97: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:57.00 ID:CUEcKSYE0
山の手線は結界

98: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:58.00 ID:ls3jwwBL0
秀吉は指の数が六本の多指症
天下をとってからそのことがタブーとなった
豊臣秀吉 容姿
秀吉は指が1本多い多指症だったと記録され、右手の親指が1本多く、信長からは「六ツめ」と呼ばれていた。当時は(現在もそうだが)、多くの場合、幼児期までに切除して五指とするが、秀吉は周囲から奇異な目で見られても六指で生涯を通し、天下人になるまでその事実を隠すことがなかったという。しかし天下人となった後は、記録からこの事実を抹消し、肖像画も右手の親指を隠す姿で描かせたりした。そのため、「秀吉六指説」は長く邪説扱いされていた。現在では六指説を真説とする考えが有力であるが、このことに触れない秀吉の伝記は多い。
wiki-豊臣秀吉-より引用

99: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:55:59.00 ID:CUEcKSYE0
>>98
なんでタブーなん?

100: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:56:00.00 ID:ls3jwwBL0
>>99
差別の対象になりやすく天下人としてイメージが悪いから
今でも身体障害者の差別があるだろ
当時は露骨にやってたから

102: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:56:02.00 ID:CUEcKSYE0
>>100
差別な~
一部の人間には神的存在に見られるんだけどな

103: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:56:03.00 ID:ls3jwwBL0
>>102
うん、ルイス・フロイスの「日本史」なんかには
「醜悪な容貌の持主で、片手には六本の指があった」って書いてるし
まぁ、当時は成り上がった秀吉を見て「やっぱり妖怪の類だった」と畏怖
されると世の中を収められないからねぇ

105: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:56:05.00 ID:CUEcKSYE0
妖怪!

106: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:56:06.00 ID:JycxJC5C0
f1ドライバーのフランソワ・セベールが
事故死したときのいろいろとか

108: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:56:08.00 ID:CUEcKSYE0
>>106
セナしか知らないw

107: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:56:07.00 ID:8dpqan7E0
吾妻線の531M(大前行き)にまつわる話
大前の手前で
・なんか謎の振動に毎回襲われた
・なんか謎の振動が起こった後乗客がうずくまっているのでどうしましたと聞いてみたら顔に謎の大やけどを負っていた
…などの怪現象が多発したらしい

なんでも吾妻線の建設中にその区間で土砂崩れが起こって、工事している人が生き埋めになったんだと
で、その土砂崩れが起こった時刻が…丁度531Mが「事故現場」を通る時刻だったとか

ちなみに、大前駅に慰霊のためのお地蔵さんを置いたら怪現象はパタッと止んじゃったらしい

大前駅のお地蔵さんの写真はこのサイトにあり
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mako-zou/tetudou/agatuma2.htm

108: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:56:08.00 ID:CUEcKSYE0
>>107
大やけどがどういう原因なのか

117: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:56:17.00 ID:cOOFRmBaP
航空機の機長はよくUFOに遭遇する
他言することを上から止められている
パイロットは全員UFOを目撃しているよ!でもそれを言うと降ろされるので上には言えない・・・
http://world-fusigi.net/archives/4730279.html

118: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:56:18.00 ID:VC8sf/L30
新し目の戦闘機二機でUFO追いかけてる動画あったよな

121: 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) 2013/07/26(金) 08:56:21.00 ID:qA25xtZ/0
俺の行ってた中学は音楽準備室に幽霊が出るって言ってた。
実際何人か見た人もいるらしい。

122: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:56:22.00 ID:VC8sf/L30
>>121
う、うん

123: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:56:23.00 ID:9hGc2zWHO
大阪でもいいんだよね


法円坂が出るっていわれてるけど、実際はもっと谷四駅側のとあるビルがやばい
地蔵が祀ってあるところ

133: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:56:33.00 ID:OhiWP9KW0
地球の内部にもう一つの世界あるからな
地球空洞説を真剣に語るスレ
http://world-fusigi.net/archives/6969650.html

134: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:56:34.00 ID:7Ipe/hzo0
地底人見たよ

135: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:56:35.00 ID:KKhNrP+J0
最近だったらスレンダーマンがお気に入りだな
マーブルホーネッツが意外とおもしろい
【閲覧注意】外国の都市伝説怖すぎワロタ…
http://world-fusigi.net/archives/7021920.html

136: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:56:36.00 ID:u/QAhhmu0
コーラで歯が解けるとか骨が溶けるとか大昔に聞いたことがあるがそんなことないよな?

137: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:56:37.00 ID:fZiNJU9G0
>>136
炭酸水使った実験で何かものが溶けたことあった?
つまりそういうこと
だいたいより強力な胃酸が体内に存在するのに炭酸水ごときで骨が溶けるはずがない

なお歯を胃酸につけておくと二十四時間ほどで輪切りできるようになる模様

145: ゴリラ 2013/07/26(金) 08:56:45.00 ID:NGEeFMga0
>>136
俺のおじさんが小学校の時夏休みの宿題で証明していたよwwwwww

ペプシ、コカ、あともう一つのコーラで、なんかの骨とか10円玉で


結果忘れたが溶けたらしい

138: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:56:38.00 ID:6FMv/Bpg0
ラピュタのEDに出てくる流れ星は製作中に亡くなったスタッフを表している
流れ星だけやや浮いているのは後から付け足したため

139: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:56:39.00 ID:DDtLMkT20
日航ジャンボ機墜落事故の際、空自がヘリで遺体を搬送している時に何処からか坂本九さんの歌が聞こえてきた。

142: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:56:42.00 ID:gs/NIhPv0
ちょっとかなり不謹慎な話でスマソ

143: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:56:43.00 ID:z+s/FuIa0
ビクトリーじゃね?

144: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:56:44.00 ID:bN3FamVU0
2つじゃ足りんだろう
ヒトラーの死、原爆、ソ連の侵攻で少なくとも三つは必要だろ

147: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:56:47.00 ID:uEtkK6/F0
北海道の国道には、国道建設で死んだ囚人が埋められてるとか。

148: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:56:48.00 ID:vEc08lA90
俺のばあちゃん家はど田舎で周辺を部落って呼ぶ程なんだけど
俺が小さい頃、ばあちゃん家から遠くにある山(さほど大きくない)
の頂上に「かかし」みたいのがこっちを見てて気になって行ってみた。

149: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:56:49.00 ID:vEc08lA90
なんとかたどり着いたら、それは木で作った十字架みたいな物に三度笠と
なぜかボロボロの子供服を着せた物だった。
「かかし」の周りには小さいお墓がいくつもあってすごく怖かった。

150: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:56:50.00 ID:vEc08lA90
耳元で「やっときてくれたんだ」と子供の声がした。
直後に数人の子供達の「ワサワサザワザワ」と話し声が周りから聞こえてきた。
俺はどうしようもなく怖くなり走ってばあちゃん家に逃げ帰った。

後で聞いたら、そこは亡くなった子供用の墓地でこの集落では土葬のままそこに
眠らせる。魂をこの土地で遊ばせて気が済んだら成就してもらう。とそういう風習があると言っていた。
幼い子供達の霊が遊んで欲しかったのか?一緒に連れて行きたかったのか?は謎だが
おそらく今もこの風習は続いている。

勝利のポーズの一つとして有名なVサイン
あれが生まれたのは実は割と最近らしい

どういうことかって?

第二次大戦が終戦した後…
記者に「連合国が勝利を収めた理由って?」と聞かれた英国首相は、まさにそのVサインをしたという

そう言えばVサインって「数字の2」を表すポーズとも取れる…
第二次大戦を終戦させた…「2つのモノ」…?

153: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:56:53.00 ID:74q9Rmg6P
南極にナチスの基地がある

155: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:56:55.00 ID:UMcSVolt0
アメリカのとある病院では大勢の患者にプルトニウム溶液を注射していた
ちなみに、そのバックには軍がいる

地球温暖化なんて嘘っぱちで、実は寒冷化しつつある

167: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:57:07.00 ID:VuiEIyFV0
>>155温暖化部分
しかしアポロ計画陰謀論同様wikipediaに反論がまとめられてたりする

ポケモンの色々
公式に否定されたり深読みし過ぎなものもいくつかある
ただひとつだけ言えるのは、ゲーフリは天然なのかわざとなのか思わず深読みしてしまうようなダンジョンやオブジェクトを作る能力が極めて高いということである

162: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:57:02.00 ID:ccMrj8Oz0
「風立ちぬ」が韓国で右翼映画とか言われてるのって、「パシフィック・リム」で韓国人が活躍しないのに嫉妬してること

163: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:57:03.00 ID:RiLMfQHR0
エイズは中央アフリカから世界に広まったなんて事実はない
実際に初めて感染が確認されたのはニューヨークである

166: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:57:06.00 ID:VNc3OHYa0
遺伝子の両端にはテロメアと呼ばれる細胞の老化、寿命を決定する因子が存在している
しかしそのテロメアが存在しない両端の繋がったリング状遺伝子を持った人間が存在する
つまり生殖機能は無いが理論上不死の人間。

人類が生まれてから現在まで、確率的にはそんな人間が少なくとも5人存在している。

168: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:57:08.00 ID:unlQvKX80
>>166
ラスプーチンはどうなんだろうね。
グリゴリー・ラスプーチン
1916年12月29日、皇帝と姻戚関係のあったユスポフ公は皇帝の従兄弟であるドミトリー大公と謀って、ラスプーチンを晩餐に誘うと青酸カリを盛った食事でもてなした。
しかしその食事に本人は死なず周囲を驚かせる。

食後に平然と祈りを捧げていたラスプーチンは恐れをなした周囲から背後より銃撃を受ける。
ここで反撃に出るがさらに2発の銃弾を受けた。計4発の銃弾を受け、倒れたところに殴る蹴るの暴行を受け、窓から道路に放り出された。それでも息が残っていたので、ネヴァ川まで引きずられ氷を割って開けられた穴に投げ込まれた。三日後、ラスプーチンの遺体が発見され、検死の結果、肺に水が入っていたため死因は溺死とされた。川に投げ込まれた時もまだ息があったのである。
wiki-グリゴリー・ラスプーチン-より引用

ras01.jpg

グリゴリー・ラスプーチン

169: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:57:09.00 ID:XDt5eyN80
>>168
ありゃ胃酸の出が悪いから「胃酸と反応して効果を発揮するタイプの毒」が効きにくかった、ってオチらしい

172: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:57:12.00 ID:VNc3OHYa0
>>168
あとテロメアによる老化、老衰による寿命が無いってだけで
病気や怪我、身体に致命傷負えば普通に死にます。

170: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:57:10.00 ID:Jj+JcY3X0
 日本史の根本史料とされるのは「日本書紀」であり、その成立は奈良時代と言われている。
紀元2世紀頃にあったといわれる邪馬台国というのは日本なのか日本ではないのか?という問いに、学校教科書は答えてくれないし、生徒も深くは考えない。
一方で中国の史書に現れる「倭国」の記述は3世紀以降であるし、倭国=日本と結びつけていいかの疑問も残る。
このような問いに義務教育課程が立ち向かおうとしないのは、日本人が日本人であることに疑いを持たれては困るという為政者側の事情があるから

174: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:57:14.00 ID:7e2NCU6oP
縄文時代に、丸木舟でアメリカにわたった縄文人がいる。
特命リサーチでやってた。

176: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:57:16.00 ID:omydcqLu0
明治天皇が人名を艦名に採用するのを拒否したという事は分ってるんだけど詳しいことは不明で、その理由などは諸説あるみたいやけどな。
とりあえず、明治天皇が海軍の初期にしっかりとした命名規則を作ったおかげで日本は艦首や目的によってわかりやすく命名する世界でも数少ない海軍となった

178: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:57:18.00 ID:guNTpYb60
甘く見ている人が多いが遺伝子組み換え作物は結構危険

何故なら、BTを初めとした殺虫剤の成分を自ら生成するように操作されているから
その食品を長期に渡って食べてたら免疫系に異常が生じる

175: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:57:15.00 ID:B47h3Kby0
童貞を死守すると魔法使える

33: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:54:53.00 ID:8HaKfsZW0
俺が8年働いてない

34: 名も無き被検体774号+ 2013/07/26(金) 08:54:54.00 ID:Ktt0eKuR0
>>33
優勝


▼合わせて読みたい
嘘か!本当か!今も語り継がれる奇妙な都市伝説。
童話の怖い裏話を教えて
誰かアニメの都市伝説を教えてくれ
フィラデルフィア事件のような都市伝説教えて!
【閲覧注意】外国の都市伝説怖すぎワロタ…


<参照>オカルト.netさまより引用
お前らの知ってる都市伝説をあげるスレ
http://occult-2ch.net/blog-entry-689.html




気に入りましたら小林機械朗読↓ youtubeはこちらからチャンネル登録できます




にほんブログ村 動画紹介ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村
応援よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

お前はダメ

お前はダメ


肝試し系の話[スレ]死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?

155 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 06:23:54 ID:tabw4ZGN0
俺が一番怖かったのは自身も含めての体験談

高校生の時って結構肝試しってやったよね?皆一度はやった事があると思うんだ。
でも、一度目には何も無くて二度目、三度目って続けるんだよね。
その後何度目かに何か嫌な体験があってやめる人、何も無いじゃん?って飽きる人
って居ると思うんだけど、俺の体験では1回目が最初で最後になった。

そういうのをやるのは夏休みとか冬休みが結構多くて、俺らの場合は冬休みの前の週の日曜日に行ったのよ。
他のクラスの奴らがある日、霊園にいったらしいんだよね。
それで面白おかしく、「あれは、怖かった。」「あんなのもうありえねぇ」とかって言ってて
かなり皆の話題を掻っ攫っていたんだ。
でも、クラスに一人は居ると思うけど、そういうのを全く信じない奴っているんだよね。
俺のクラスにもそういう奴が3人いて、「怖くないし、ありえん」って信じなかったんだよ。

そういう奴が居ると心強いと思い怖がりの俺を含めて合計11人でそこに向かうことになったんだよ。
11人だよ?全く信じて無い奴3人(彼らは怖がりさえしない。仮にA、B、C君とします)&興味津々+信じてる4人で残りはビビリ
の俺含めたメンバー。はっきり言って俺らビビリでさえ余裕だと思った。

haikei004.jpg

156 :155:2007/03/09(金) 06:24:41 ID:tabw4ZGN0
んで、土曜日の日にCのうちに集合して(こいつの家はかなりでかくて11人が泊まれるだけの広間もあった)行くことになったんだ。
全員が懐中電灯を所持。一人で二つ持ってるやつもいたし合わせていけばかなり明るかった。
んで全然怖がらない奴を先頭にみんな大体3列ぐらいで固まって
A+1人先頭。B+2人、3人、C+3人って感じの隊列でそこに向かった。
でも、そこにただ向かうのは面白くないから、だれも試したことがない霊園の裏側から行こうって事になったのよ。

そこへ向かうにはまずはそいつの家の裏山に廻って、民家の裏を横切って、林みたいなとこを抜けていくんだよ。
その林の時にまず奇怪なことが起こったんだ。
その林までは3列だったんだけど、その林からは道が細くなって1列になってそこをあるくんだよね。
今まで一度も怖がらなかった俺らもそこからは心臓がどきどきしてきて怖さが増してきた。
でもAを含めての3人は怖がらない。
怖がってないと思ってたから俺らもまだ安心してた。

歩き始めて10分ぐらいしてからかな、Bの様子が少しおかしい。
でも何かあるといやだから聞けない。
もしBが発する言葉が俺らの予期せぬモノならどうしようもないから。
そのとき、Bが「見えたり、聞こえたりしても今は何も言うな!」っていきなり言い出したんだよ。
もう、そのときに俺を含めて皆が感じてたんだよ。
横に何かいる。後ろにも何かイル。前にしかいけない状態になってる。って。
AとCは全く意に介してない状態だったけどね。

それから20分ぐらいその暗闇をあるいてると街灯が見えてきたんだよね。
んで、AとCは大笑いしながら「ほら?何もないww」って感じで笑ってるんだよ。
俺は笑えなかったし、Bも全く笑わなかった。
理由は、出た場所が火葬場の目の前だったから。笑わなかったんじゃなく笑えなかった。
まぁ、でも街灯もあるし後は舗装された道をただ歩けば出入り口があり終了。
のはずだった。それで終われるって皆が思ってた。

157 :155:2007/03/09(金) 06:25:53 ID:tabw4ZGN0
出入り口から火葬場までは湖をはさんで正反対に位置してて、左にいくと車道のある出入り口。
右にいくと人が通れるだけの小さな道+鳥居のあるお地蔵さん。選ぶのは自然と車道のほう。
もう好き好んで鳥居になんかいける状態じゃないから。
それから車道方向に向けて歩いてたんだけど、Aって言うのが悪ふざけ大好きだから横の林を照らしたり湖を照らしたりしてた。
皆が、「やめろ!」って言っても「怖がりwww」と言って聞かない。
その瞬間だったよ。
「うぉぁぉあぁあぉぉぉぉおぉぉーーーー!!!!!」って叫び声が聞こえたのは。


もうね、背筋が凍るとかいう表現あるけど、そんなものじゃなかった。
誰かが悪ふざけしてると思ったけど、俺らの列から聞こえてるんじゃない。
Cを除く全員がその声を聞いたのがわかった。
その瞬間に全員が腰を落としてしまい懐中電灯
も落としてしまったから。だってありえないし。
声が聞こえたのが耳元で、湖の方向からだったから。
どういう聞こえ方かの説明は上手く出来ないけど、方向は湖から。でも声は耳元でさけんでた。

そこからは全員パニック。ガクガク足が震えながら後ろに後ずさり。
前方にはもう行きたくない。懐中電灯ももういい。とにかくこの場から逃げたい。
そんな感じ。もう、どうすればいいのかわからん状態。Aはどうしたかって?
腰がおちた状態、というかハイハイの形で後ろに進んでた。
後から聞いたらとにかく逃げたかったんだって。

それから10分ぐらい皆ガクガクしてたけど、Cだけ「はやくかえるぞ!」とか言ってて皆の懐中電灯を集めてきてた。
そればかりかいきなり湖に小便までする始末。
そのおかげか皆少しずつ冷静になって来て笑い始めた。
「はははは、お前すげーわw」とか「お前、こわくないんか??www」見たいな感じで皆笑って忘れようとしてた。
それから戻る準備をして
さぁ、帰るかってなったけど、さすがにその道を通る気にはなれなくて逆方向から帰ることに。(鳥居方面)

158 :155:2007/03/09(金) 06:33:39 ID:tabw4ZGN0
まぁ、それから10分ぐらい皆無言で歩いて鳥居の近くまで無事(この時は無事って事にしときたかった)
に、辿り着いた時にまた、Bが「まじで・・・。お願いしますから・・・。」って言ったんだよ。
普通は「は?」ってなるんだろうけど、皆がその意味を分かってた。
もうね、他のメンバーでは泣いてる奴まで居た。
ここに辿り着く前に皆で笑ってたときに 
明らかに俺らのメンバーじゃない笑い声が聞こえてたから・・・。女の声が・・・。

そして、鳥居の前でソレが出た。
その鳥居の前の道が細くてぎりぎり2人が並んで通れるぐらいの広さなんだけど、その一人分の広さの場所はすでに埋まってたんだよね。
ソレは女に見えるけど顔は見れない。ってか見たくも無い。
でもそこを通れば後は一気に民家が広がるからこれさえ行けば全て終了。

そして11人もいるのに全員通れない。
このときにCも視認できてることが理解できた。
口をあけて少し後ずさりしてたから。
通れない理由は、ソレが俺らの方向を向いてたんじゃなくて空いてる道の方を向いてたから・・・。
俺らが通るときにソレの目の前を通らないといけないんだよ。だれも行けない。
でもこのままじゃダメなのも分かってる。八方塞だった。
そのときBがいきなり走りだしてそいつの横を突っ切った。
それに続けとばかりに皆も一斉に突っ切った。
全員でその後Cの家まで兎に角走ることをやめなかったよ。
ずっと着いて来てる感じが拭えなかったから。

159 :155:2007/03/09(金) 06:36:07 ID:tabw4ZGN0
まぁ、それからはCの家で「こぇぇ・・・・」とか「まじ、最悪」とか皆が一斉に何をみたか、何を聞いたかを話してたんだよ。
確かに怖かったんだけど家に入って明かりのある部屋で11人も集まると自然とまた少しずつ皆元気になってくるんだよね。安心したっていうかなんていうか。
ただ、これが最後に起こる事で一気に崩壊するんだよ。

Cがいきなり携帯で電話は始めたんだ。
だれにかは知らんけど、「ごめんね。本当にごめんなさい。」みたいにずっと言ってんの。
皆始めは「彼女だろ?うらやましいww」とか言ってたんだ。
俺もそうだと思ってた。

んでCがブルブル震えてるのに気づいた。俺らもそのときに少しおかしいのに気づいた。。
時間は明け方の4時。
いくらなんでも彼女に電話するのは早すぎる。電話が掛かってきた雰囲気でもない。
じゃぁ・・・・。Cはだれと話てるんだ????だれにあやまってるんだ??????
一斉に静寂になったよ。AがCの携帯を奪って画面を見たらだれとも通話状態になってない。
Cは「もう、やばいんかなぁ?俺・・・。」って泣き始める。
何が何なのかわからん俺らはぶるぶる震えてしまって、つられて泣き出す奴も出だした。

その次におかしくなったのはB。
いきなりMDウォークマン(俺らの時代では最新でした)を叩きだした。しかも泣きながら。
ブツブツブツブツ言ってるから「気持ち悪いからちゃんと言え!」って言ったあと良く聞いたらイヤホンから音漏れがしてる。んで、Bが言ったのが
「電源はいってないよ。電池切れてるのに・・・うぅ・・・」って。泣きながら繰り返してた。

160 :155:2007/03/09(金) 06:42:05 ID:tabw4ZGN0
それから朝8時ぐらいまではその部屋から一切でれない。トイレさえ行けない。
Cの親がご飯の用意したから食べる?って聞きに来たときにやっと呪縛から開放された(大げさだけど本当にそんな感じ)
一斉に皆泣きはじめた。
それ以来そういう場所に行くのはもう止めた。

それとCが大学1年の時に亡くなった。
いきなりスーパーで買い物中に亡くなったらしい。
葬式にはもちろん行ったが、そこに居たくなくてすぐに帰った。
他の奴らとその話してて「やっぱりあのことが?」ってそのときのメンバーが言い始めた。
「んなことあるか」とか言ってたけど
それを聞いたときに背筋に冷たいものが降りてきた。
Cが携帯で話してたのはだれなんだ?ずっと謝ってたのは何に???って考えが浮かんできた。
皆同じこと思ったんだと思う。

そしたらそのメンバーの一人が言ったんだよね。
後日Cがそいつに電話してきて
「俺やばいかも。お寺に行って御祓いもうけたんだよ。神社にもいって受けた。えっとさぁ、お前に聞きたいことがあるんだけど、アレの前を走り去るときに何か聞こえた?」って聞いたらしい。
「アレって?」って聞き返したら「鳥居の前の・・・。」って。
そいつは聞きたくないって思ったらしいけどCが泣いてるのが分かったから切れなかったらしい。
「なんて聞こえたの?」って聞いたら。


「お前はダメよぉおぉぉっぉおーー」

って叫んでたんだと・・・

161 :155:2007/03/09(金) 06:45:36 ID:tabw4ZGN0
それで終了。俺らはそんなことは一切聞いてませんし、本当かどうかもわかりません。
そいつが俺らを怖がらすためにやったのかもです。
でも、ブルブル震えながら真っ青になりながら冗談でいったなら、かなりの策士だとほめてやりたいです。
長文になりましたが実際に俺が体験したことです。でもちょっと脚色してるかも^^;
まぁ、ほとんどこのままです。
これ以降は一切肝試しはやってません。
では、駄文すみませんですた。

162 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 06:49:37 ID:1m8BoWcbO
なかなか怖かったが
>「お前はダメよぉおぉぉっぉおーー」
でたまらず吹いたw

163 :155:2007/03/09(金) 07:02:38 ID:tabw4ZGN0
>>162
いやね、これ書くと嘘くさいくなるから止めようかと思ったんだけど
なんか、これを友人から聞いた瞬間に「いやいやwwwそれはいうなよwww」って言うぐらいに肝を冷やしたのよ。
Cが言うにはなんていってるかわからんぐらいの叫び声なのに、皆が聞こえてないから。って言ってたらしい。
まぁ、実際はわからんけど、これは胡散臭くなるよなぁw
(脚色はこの部分に関してだけど、実際聞いたらもっと怖かったっすw)


気に入りましたら小林機械朗読↓ youtubeはこちらからチャンネル登録できます




にほんブログ村 動画紹介ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村
応援よろしくお願いいたします。

【洒落怖】死の手形【呪い】

【洒落怖】死の手形【呪い】


廃神社の呪い

271 :本当にあった怖い名無し:2011/11/22(火) 05:51:11.93 ID:bPpQCQbD0

もう10年くらい前の話の実話。

高校卒業してフリーター1年目。
俺は問題起こしすぎて、同じ市内なのに両親が俺のためにアパート借りて、無理やり追い出されてた。
バカは群れるの法則で、俺の周りもみんなフリーター。
いわゆるDQN。髪の色もピンク、金、青とみんなカラフル。まあバンドマンが多かったせいもあるけどね。
んで、当時18才で免許取立てだったバカがやる行動なんて限られてる。田舎だしね。
毎日酒飲んで、車でナンパか心霊スポット巡りかカラオケ。
だけど、そんなに悪いかんじじゃなくて、人に迷惑かけることとか、明らかな犯罪とかはしなかった。
でも、その日は状況が違った。
その時俺は3人の仲間でつるんでたんだけど、(A、B、俺)
3人ともバイト先で女(人妻)に手だしたり店長殴ったり、お客と喧嘩したりと問題起こして全員無職。
まさにクズの集団。
あ、俺だけは実家がまあまあ裕福だったから余裕があって、
その日も銀行から下ろしたての仕送りの中から千円をAに貸してた。

272 :本当にあった怖い名無し:2011/11/22(火) 05:51:35.63 ID:bPpQCQbD0

その日ってのが、すげー晴れて気持ちのいい8月の夜。
山間だから湿気もないし、風も殆どなくて、夜遊び日和だったのは覚えてる。

3人で心霊スポットで有名な車で30分くらいの寂れた神社いったのよ。鳥居の前に車乗り付けて。
そこは毎晩夜中に丑の刻参りが行われてるとか、
気が狂った女がそこで誰の子か分からない子供を産み落として、その場で殺して食ったとか、
昔処刑場だったとか、
いろんなうわさがあり過ぎて、全部疑わしかったけど、
行ってみると謎の染みのついた鳥居とか、何十年も前から使ってるであろう賽銭箱とか、
ミイラにしか見えない木造のご神体(?)とか、
雰囲気が怖すぎて、うわさは全部ほんとじゃないかっておもえるみたいな場所だった。
そこに男三人、午前3時。

虫の声。鳥の声。木々のざわめき。闇。闇。闇。月夜に浮かぶ鳥居。
怖い。怖いけど、まあ県内の心霊スポット行きまくった俺らは、5分もしたら慣れて調子に乗り始めた。

っで、全体を散策してたんだけど、賽銭箱らへんを見てたAが言うのよ。
A「これ鍵壊せね?」
俺とBが賽銭箱の後ろ見てみたら、普通の引き出しっぽくなってて、簡単な南京錠がついてただけなの。

haikei003.jpg

273 :本当にあった怖い名無し:2011/11/22(火) 05:51:59.34 ID:bPpQCQbD0

100均で買ったような南京錠が、5年くらい風雨にさらされた感じ。
普段はこういうところ来ても賽銭泥棒なんてしないけども、
その時は全員無職&貯金なしだから、やっちまおうかって感じで3人で顔を見合わせた。
っで、酒の勢いもあって「やろうぜ」ってなって、
俺とBが賽銭箱の表(?)いつも見てる方のふちをつかんで、
Aは裏の南京錠だけをつかんで、「せーの!」で綱引き。
「ばき!」
乾いた音がして俺とBは吹っ飛んだ。
見てみると鍵じゃなくて、止め金と賽銭箱の木の部分の繋がってる部分が割れていた。
っで、
「いくらはいってるかな~?久しぶりに風俗行きてえなあ」
なんてバカなこと言いながら、3人で引き出し見てみると、くしゃくしゃの千円札一枚と小銭が5枚くらい。
A「これしかねえのかよ」
B「すくな!しょぼい神様だなおい」
俺「逆に千円入ってたのがすごいわ。だれが入れるんだ?こんなぼろいところに」
なんて言いながら、みんなで賽銭箱に唾を吐いたりしてた。
っで、Aが、
「まあしょうがねえわ。これで牛丼でも食おうぜ」なんて言って、そのお金を財布に入れた。
その時。
それまで風一つない夏の終わりのさわやかな雰囲気だったのに、突然ごおおおって感じの突風が吹いたんだ。
神社って周り林みたいになってるじゃん?
その木が全部「ばさばさばさあ!」ってゆれて、カラス?みたいなのが一斉に飛び立ったの。



ご視聴は、こちら↑からどうぞ。
気に入りましたら小林機械朗読↓ youtubeはこちらからチャンネル登録できます




274 :本当にあった怖い名無し:2011/11/22(火) 05:52:23.47 ID:bPpQCQbD0

3人ともビクっ!ってなって、お互いの顔を見合わせてたんだけど、
「もうめぼしいモンもないし、帰るか」って感じで、帰ることになった。
そこからおかしい。
まず、エンジンが掛からない。
3分位してやっとかかったけど、掛かるまでの間車内の温度がおかしいの。
熱い。それも全員熱い場所が違う。
A(運転席)は、左の頬がすげー熱い
B(助手席)は、右の頬がすげー熱い。
俺(助手席の後ろの席)は、右の頬と、前の座席の肩の部分に乗せてる右手のひじから先が熱かった。
最初は虫にでも食われたかな?って思ってたけど、
車で走り出してからその熱さがどんどんひどくなって、しまいには痛くなってたの。

275 :本当にあった怖い名無し:2011/11/22(火) 05:53:13.17 ID:bPpQCQbD0

っで、俺とBは「痛い痛い」とか、「かゆい!」とか言ってたんだけど、
5分くらい走ったところで、俺とBの熱さが急に消えたの。
「?」って感じで俺とBは顔を見合わせて、
「あれ?」「気のせいだったかな?」とか言ってたけど、その時突然Aが、
「痛いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!!」って言い出して、
俺とBが「どこが???」とか間抜けな声で聞きながらAを見たの。
そしたら、運転しててこっちをちらっとしか見れないAの顔の左頬に、真っ赤な、真っ赤な手形が浮かび上がった。
思いっきりビンタすると、手形って残るじゃん?あのひどい感じ。
俺とB、ドン引きしちゃって、「おま、それ、あうあうあ、、」みたいな感じで、
狭い車内でなるべくAから離れる感じで震えちゃったんだ。

Aは運転してるから、
「痛いいい!てかお前ら、俺の顔の左側どうなってる??」とか言いながら左目閉じて、右目で運転してた。
Bも俺もなにも言えなくてあわあわしてたら、Aの左頬の手形の部分から血がにじみはじめた。
よく玉のような汗っていうけど、あの血バージョン。
マジホラー。
少し小さい手の形の血液。

276 :本当にあった怖い名無し:2011/11/22(火) 05:53:25.91 ID:bPpQCQbD0

俺もBも錯乱して「車、止めろ!!!!!!」って言って、減速しだしたと同時にBが飛び降りた。
パニックになった俺も、3秒位して時速10Kmくらいの車から飛び降りた。足くじいた。
舗装されてない道だったから、まだよかった。

10メートルくらい走って車は止まった。
ハンドルを握ったままAが振り向いた。
運転席にはAに絡みつくように、肩くらいの髪の40台くらいの女がいた。
女はAの顔の血の手形の形そのままに、Aの頬に手を添えていた。
女の視線の先はずううっとAだけだった。
Aは泣きそうな表情のまま、こちらを向いたまま、なぜか車を発進させた。
そのまま国道に出て、消えた。

277 :本当にあった怖い名無し:2011/11/22(火) 05:53:43.07 ID:bPpQCQbD0

俺とBはタクシーを拾ってファミレスに行き、何回もAの携帯にかけたが、ずっと通話中で繋がらなかった。

次の日、Aは150km先の隣県の高速道路で、中央分離帯にぶつかって死んでいたらしい。
俺らは葬式には呼ばれなかった。

後で聞いた話だが、Aが死ぬ前に弟に電話をかけていたらしい。

278 :本当にあった怖い名無し:2011/11/22(火) 05:53:58.40 ID:bPpQCQbD0

内容は支離滅裂だが、
『女がアクセルを踏む』
『なでられると血が出る』
『最初女は後部座席の真ん中に座って、身を乗り出していた。そのあと自分だけがつかまれた』
などと言って、一方的に切れたらしい。

その後の警察の調査で、Aの財布からはピン札の千円札しか出てこなかった。

279 :本当にあった怖い名無し:2011/11/22(火) 05:56:43.42 ID:bPpQCQbD0

以上です。書き込むのも初で、文才もないので見苦しいかと思いますが、ご容赦下さい。
身ばれ防止の為、オブラートにつつんでいますが、間違いなくすべて自分の経験した実話です。

280 :本当にあった怖い名無し:2011/11/22(火) 06:08:02.87 ID:tM50zvuV0

罰当たりなことするからだよ。
死ななくてよかったね。

281 :本当にあった怖い名無し:2011/11/22(火) 06:12:25.22 ID:bPpQCQbD0

>>280
マジでそう思います。
あの時、自分の財布に盗んだお金を入れてたらと思うとぞっとします。

282 :本当にあった怖い名無し:2011/11/22(火) 06:46:38.41 ID:UKxqoor10

いくつか聞きたいんだけど…
その後もBとは付き合いあるの?
葬式に呼ばれなかったってことは神社でしたことを遺族に話したの?
問題の神社に謝罪には行かなかったの?

299 :本当にあった怖い名無し:2011/11/22(火) 11:56:36.68 ID:bPpQCQbD0

>>282
Bとは1年に一回くらい地元帰ったら飲むくらいです。

遺族には話してません。ただの飲酒運転で事故処理されたぽいです。
警察も来ましたが、本当の事は言わずに、ただ3人で飲んでて、Aが一人で帰ったとBと口裏合わせました。
ただ、弟もDQNで、俺らと仲がいいグループにいたので、後日その話を聞きました。
俺もBもぞくっとしましたが、当時の事を口にするのもイヤだったので、曖昧に流した感じです。

神社には謝り行くどころか、3キロ以内に近づいてもないです…
というより今思うと、神主さんとかいるのか?てくらい寂れてましたね。


にほんブログ村 動画紹介ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村
応援よろしくお願いいたします。

神様の仮宿になっていた話をしたい


1: 投稿者 2015/12/24(木) 19:27:25.50 ID:kC9vrqrV.net
イブなのに暇してるから話してく

3:投稿者 2015/12/24(木) 19:29:15.57 ID:kC9vrqrV.net
私は首都圏で生まれ育った。
別段都会でもなく、田舎でもない。至って普通の住宅地のど真ん中。
小学校まで徒歩2分という素晴らしい立地に生まれ、順調に進学した。
進学した小学校の真裏には、神社があった。便宜上、神田神社とする。
幼稚園の頃から毎日前を通っていたけれど、
初詣や縁日、お祭りなんかでしか立ち寄ったことはなかった。
理由は一つ、怖かった。

4: 投稿者 2015/12/24(木) 19:32:55.93 ID:kC9vrqrV.net
神社の入り口にある大鳥居も、その側にあった樹齢百何年の御神木も、
それらを守るように覆い茂った何十年もかけて育ち上げた木々たちも、全てが子供心に怖かった。
神主も宮司もいない鬱蒼とした神社だけど、本殿が古臭いくせにいつも整って綺麗で、そのアンバランスさも少し不気味に感じてたのかもしれない。
なのでその神社が何を奉っているのか、どういう由来があったのかなんて勿論知らない。
周りの大人もあまり知らないみたいで、神田様や神田さんなんてざっくりと呼んでいるだけだった。
なので私自身も、その神社に興味を向けたことはなかった。

haikei002.jpg

5: 投稿者 2015/12/24(木) 19:35:40.19 ID:kC9vrqrV.net
小学校二年生の時だった。
何の授業かは覚えていない。生活か道徳だったように思う。
何故だか急に小学校の屋上から富士山を見てみようという話になった。
普段は施錠されて立ち入ることも出来ない屋上という非現実に小二は沸いた。私も沸いた。
わくわくしながら取り敢えず自分の家を探した。

6: 投稿者 2015/12/24(木) 19:38:57.94 ID:kC9vrqrV.net
なんせ徒歩2分、自宅はすぐに見えた。ウォーリーを探せより簡単だった。
今度はピアノの先生の家を見つけてみようと思った。
ピアノの先生の家はうちとは反対側の、学校の裏にある。
なのでみんなから離れて、反対側の下を覗き込んでみた。
神社があった。

7: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/12/24(木) 19:39:01.91 ID:FPxnDGgf.net
聞いてます

8: 投稿者 2015/12/24(木) 19:40:11.07 ID:kC9vrqrV.net
聞いてる人いてくれてよかった
リアルも一人2ちゃんも一人じゃ立ち直れないところだった

9: 投稿者 2015/12/24(木) 19:41:09.38 ID:kC9vrqrV.net
陰鬱としてただ怖いだけの神社が、真上から見るとだいぶ違う。
祭事でも公開されない本殿の奥が、上からだとよく見えた。
塀に囲まれた四角い何もない空間一面に、真っ白な砂利が敷き詰められていて、そのど真ん中にこれもまた真っ白な狐の石像があった。

10: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/12/24(木) 19:41:59.34 ID:FPxnDGgf.net
稲荷族か

12: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/12/24(木) 19:43:01.67 ID:ndIkhair.net
支援

11: 投稿者 2015/12/24(木) 19:42:13.17 ID:kC9vrqrV.net
私はこの時生まれて初めて何かを見て、綺麗だと思った。
薄暗い神社の一番奥、そこだけが本当に一面真っ白。
綺麗で、ちょっと寂しかった。

13: 投稿者 2015/12/24(木) 19:46:19.40 ID:kC9vrqrV.net
結局富士山は見えなかった。
富士山の方角に、少し大きめのマンションが建っていてちょうど視界を遮る形になっていたせいで。
去年は屋上から見えたのに、と零した先生の言葉はよく覚えている。
屋上にいた時間は短かった。
なので私が神社を眺めていた時間も短かったはずなのに、どうしてもあの光景を忘れられなかった。
また見たいと、何度も思った。

14: 投稿者 2015/12/24(木) 19:53:10.44 ID:kC9vrqrV.net
校舎は4階建てだったけど、4階のどの窓から覗き込んでも神社の全貌しか見ることは叶わなかった。
どうしても本殿を囲む高い外壁が、あの白さを覆い隠してしまう。
親や先生に聞いてみたところで、分かったことはずっと昔からある稲荷神社だということだけだった。
稲荷神社の意味は図書室の本で調べた。
狐を奉っているのが稲荷神社。ならばあの白い狐は神様だ。
余計見たくなった。

15: 投稿者 2015/12/24(木) 19:57:56.11 ID:kC9vrqrV.net
そこで私に救いの手を差し伸べたのは同じクラスのとくちゃんだった。
私が図書室で神社仏閣の本ばかり読み漁っている姿を見て、声をかけてくれた。
とくちゃんのお祖父さんは別の地方で神社を管理しているらしく、そういうことなら少し分かるよと話を聞いてくれた。
神田神社の由来を、少しなら知っているととくちゃんは言った。

16: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/12/24(木) 19:57:56.37 ID:uc2y/ISb.net
読んでるよ~

17: 投稿者 2015/12/24(木) 20:01:37.61 ID:kC9vrqrV.net
大昔、この辺りに一匹の狐が住み着いた。
畑を漁って細々と生き抜いていた狐はある日犬に襲われた。
追いかけられた狐はとうきびの畑の中に逃げ込んだけれど、葉っぱで体に切り傷が出来た。
びっくりして畑から逃げ出した狐を、犬はまた追いかける。
慌てた狐は、次に山葵の群小地に逃げ込んだ。今後は山葵の茎にある棘で狐は更に傷付いた。
またも飛び出し狐は逃げたけれど、傷付いて弱った狐は遂に犬に捕まり、殺されてしまった。
住人たちは狐に同情し、小さな稲荷神社を作った。
だからあそこには犬を連れてっちゃいけないし、山葵を供えちゃいけないんだよ。

18: 投稿者 2015/12/24(木) 20:06:42.94 ID:kC9vrqrV.net
「嘘つけ」と思った。
山葵の茎に棘なんてないことは知っていた。茎のおひたしはうちでよく出るメニューだったからだ。
この辺りはずっと宿場町だった、と生活かなにかの授業で聞いていた。
大昔は農地もたくさんあったのかもしれない。それでもこの辺りに山葵が自生出来るような清流があったとも思えない。

19: 投稿者 2015/12/24(木) 20:10:18.90 ID:kC9vrqrV.net
でも話はまとまってるし、犬に殺されたというリアリティは感じ取れた。
それでも私の感想は「よく出来た話だなぁ」止まりでしかなかった。
なので私の顔には、不信感が浮かんでいたのだと思う。
今思い返せばとくちゃんには申し訳ないことをした。
とくちゃんはこの辺りに古くから住んでる人に聞いてみてたらいいよとアドバイスをくれた。

20: 投稿者 2015/12/24(木) 20:17:43.00 ID:kC9vrqrV.net
当時の私の親友は、大地主の家の娘だった。
近隣一体にあるマンションや賃貸物件、空き地や農地に至るまで、土地という土地はその家の物。
同じ名字はほぼ全て一族。
その本家の娘が、親友のあーちゃんだった。
すぐ近くに住んでいたのであーちゃんとはほぼ毎日遊んでいた。
お祖父ちゃんんとお祖母ちゃんにも、毎日顔を合わせていた。
昔の事を知っているBBAがこんな身近にいたとは



気に入りましたら、チャンネル登録お願いします。
どうぞご視聴ください。
視聴される方、どうぞ・・↑からご視聴くださいませ。


気に入りましたら小林機械朗読↓ youtubeはこちらからチャンネル登録できます




22: 投稿者 2015/12/24(木) 20:24:13.78 ID:kC9vrqrV.net
聞いてくれてる人達ありがとー

その日の放課後、いつも通りあーちゃんの家にいった。
あーちゃん家は入り口に大きな門がある。その門から家までがとても長い。
お祖母さんはよく、その門から家の間にある芝生を手入れするのが日課のようだった。
その日も、お祖母さんは芝生に水をやっていた。
いつも通り挨拶を交わして、「学校裏の神田神社について知りたいんですけど、何か知りませんか?」と。
「あの神社の管理はうちでしているから、知りたいことは教えてあげられるよ」と。

23: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/12/24(木) 20:26:48.52 ID:2+h5Y+uO.net
面白い。

24: 投稿者 2015/12/24(木) 20:30:23.87 ID:SIXK8Eoj.net
お祖母さんの話を、麦茶を添えてあーちゃんと二人で聞くこととなった。
あーちゃんのお祖母さんの麦茶は、砂糖が入ってるから余り好きじゃなかった。
麦茶に手を付けず、とくちゃんに聞いた話をする。この謂れは本当かと。
「そんな話は聞いたことないねぇ」。お祖母さんはあっさり否定する。

25: 投稿者 2015/12/24(木) 20:33:10.25 ID:SIXK8Eoj.net
「でも犬に殺されたってのは聞いてるよ。その狐を鎮めるために、神田神社は建てられたのね。節句の祭りで神楽をやってるでしょう。あの時に付けるお面は狐面だからね。お狐様を奉って、この辺りを守ってくださいってお願いしてるんだよ」
すごい信憑性があった。

26: 投稿者 2015/12/24(木) 20:35:59.64 ID:SIXK8Eoj.net
寂れた小さな神社だけれど、とある節句の時はわりと大掛かりなお祭りをしていた。
初詣よりも縁日よりも、節句のお祭りは派手。
神輿も出て神楽も催される。それでも御神体は、本殿の奥は公開されなかった。

27: 投稿者 2015/12/24(木) 20:40:08.17 ID:SIXK8Eoj.net
屋上から本殿の中を見たことを話した上で、「あの石像がまた見たいんです」と頼んでみる。
「それは無理だねぇ」。一蹴される。
「本家の人間なら立ち入られるから、うちの養子になりなさいな」。
帰宅後、母親にあーちゃん家の養子になると言ってみるけれど、「馬鹿言ってないで宿題しなさい」の一言で話は終わる。

28: 投稿者 2015/12/24(木) 20:45:56.38 ID:SIXK8Eoj.net
それからずっと、あの石像を見ることは叶わなかった。
木を登ってみてもずり落ちて傷が出来るだけ。
窓から身を乗り出してみても先生に見つかって叱られるだけ。
欲求が溜まるまま、高学年になって転校をすることになった。
引越し先はそんなに離れているわけではないけれど、別の町に行くと神田神社に行くことはなくなった。
思い出すことも少なくなった。
けれど他の神社に立ち入る度に、あの白さを思い出した。
あそこほど綺麗な場所には出会えなかった。

29: 投稿者 2015/12/24(木) 20:52:25.47 ID:pGyepl4e.net
それから大分年を取って、高校を出て一人暮らしを始めた。
それと同時に実家は以前の地元近くに戻ることになった。
それでも一人で住んでいる場所から実家まで1時間もかからなかったので、実家に帰ることはなかった。
なので神田神社に行くこともなかった。
地元に立ち入ることはなかったけれど、思い出すことは多くなった。

30: 投稿者 2015/12/24(木) 20:57:30.47 ID:pGyepl4e.net
一人で暮らし始めて6年ほど経った頃、2・3日実家に帰ることになった。
その頃働いていたお店のお客さんがタチが悪く、大分しつこくされていた。
教えていない携帯番号に連絡が来たり、住んでいる地域を特定されたりということが続いた。
少し、疲れていた。
実家で少し気を休めるべきだと。
実家でインコのぴーちゃんに癒されていると、姉が神田神社の話を聞かせてくれた。
市内の神社に放火されるという事案が続いていて、神田神社もその被害にあったと。

31: 投稿者 2015/12/24(木) 20:58:43.62 ID:pGyepl4e.net
近くに消防署があったお陰で全焼はしなかったけれど、被害はそこそこ大きかったらしい。
私はそれはもう憤った。
あんな綺麗なものを燃やそうだなんてどうかしている。
憤った後、悲しくなった。
あの白さが損なわれてしまったかもしれない、という現実が辛かった。

32: 投稿者 2015/12/24(木) 21:04:43.83 ID:HpS+dltw.net
話を聞いた次の日、姉と一緒に以前住んでいたところに行ってみることになった。
駅から歩き、変わったところや以前通りのところを見かける度にわくわくした。
以前住んでいた家も、あーちゃんの家の立派さもなにも変わっていなかった。
小学校も殆ど変化がなかった。
神田神社だけが、変わっていた。

33: 投稿者 2015/12/24(木) 21:07:45.17 ID:HpS+dltw.net
大鳥居も御神木もそのまま。本殿もぱっと見は以前通り。
なのに子供の頃からあんなに焦がれ、中を見たいという欲求を阻んでいた外壁が、真っ黒になっていた。
外壁の一部は焼け落ちて、あんなに見たくて仕方なかった白い世界がだだ漏れだった。
外壁は真っ黒だけれど、中は子供の頃見た時のままに真っ白で、変わらず綺麗だった。
だからこそ悲しい。
白い世界を汚す黒さが、ただただ悲しかった。
あんなに見たくて仕方なかったのに、こんな見方をしたかった訳じゃない。

34: 投稿者 2015/12/24(木) 21:11:07.79 ID:HpS+dltw.net
崩れ落ちたところから身を乗り出して中を覗き込むことは憚られた。
まじまじと見ることは失礼に感じたからだ。
その日は手を合わせて、帰宅した。
なんとも言えない気持ちがもやもやと広がって、なんだか毎日がうまくいかない気がした。
お客さんは相変わらずしつこかったし、街を歩けば犬に吠えられる。
猫カフェに行けば全ての猫に威嚇される。
心が折れた。

35: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/12/24(木) 21:15:20.67 ID:OaAAH6R1.net
今は折れないで

36: 投稿者 2015/12/24(木) 21:24:48.51 ID:HpS+dltw.net
実家から通えない距離ではないし、そろそろ家も特定されそうだったので、いい機会だから実家に戻ろうかと思った。
親に話すと大喜びだったので、そこからは早かった。
そんなに好きな実家ではなかったけれど、戻ると決めたら1日でも早く帰りたくなった。
実家に戻ってからは大分気持ちも落ち着いた。
神田神社はその時点でも修復はされてなかった。寄進が足りなくて修復出来ないままらしい。
次の節句の祭りでは寄進が集まるから、修復はその後になると教えてくれたのはあーちゃんだ。

37: 投稿者 2015/12/24(木) 21:27:43.55 ID:HpS+dltw.net
話は変わるが、私はとあるバンドが好きで割と全国を歩き回っている。
所謂おっかけだ。
実家に帰ってからというもの生活に回す出費が減ったので、以前よりも遠征が多くなった。
開場時間までの空き時間、会場の近くを歩き回るのが常だ。
全国各地の御朱印を貰うのも好きなので、基本は神社を見て回るようにしている。
その活動の中、東北のとある県に行った。
霧雨が降る中、いつも通り近くの神社に行った。寂れた神社だった。

38: 投稿者 2015/12/24(木) 21:31:24.11 ID:HpS+dltw.net
参拝客もいない神社なので朱印がない可能性が高かったけれど、一応念の為に社務所らしき建物に訪いを入れた。
おっさんが出てきた。
小豆色のジャージを着たおっさんだった。
おっさんは私の顔を見ると凄い驚いた顔をしてから、上から下まで全身を眺め回す。失礼なおっさんだった。

39:投稿者 2015/12/24(木) 21:32:27.61 ID:HpS+dltw.net
「御朱印頂けますか?」
「うちはそういう面倒なのやってないんだよね」
ジャージだもんな。
期待してなかったのもあって早々に立ち去ろうとすると、「まぁお茶でも飲んでいきなよ」と軒下に置いてある木の縁台を勧められた。
ジャージのおっさんにナンパされる日が来ようとは。この県が嫌いになりそうになる。
私は相当嫌そうな顔をしていたんだと思う。
おっさんは慌てて、いやそういうんじゃなくてと取り繕う。
「白い狐に心当たりはないか?」
神田様だ。すぐにそう思った。

40: 投稿者 2015/12/24(木) 21:36:59.64 ID:HpS+dltw.net
おっさんから貰った缶コーヒーを飲みながら、縁台で話をした。
おっさんと書くには少々失礼なので便宜上、小豆さんとする。
ここは代々小豆さん家が管理している神社で、一応神職の資格は持っているけれど本職の方がメインだから最低限の管理しかしていない。
「御朱印でも始めれば参拝客も増えて金になるんかねー」と言う小豆さんはとっても俗っぽい人だった。
それでも神田様の事は何一つ話してないのに、小豆さんは神様と断定する。

41: 投稿者 2015/12/24(木) 21:39:07.09 ID:HpS+dltw.net
「最初に見た時の白い狐がやってきたと思った。よく見たら人間だったけど、神さんが来るなんてどういうことかと混乱した。信仰しているところのお狐さんかな?」
私自身、特に神田神社を信仰しているわけではない。
どちらかといえば限りなく浅ましい欲求のみで神田神社のことを思っている。執着以外で表せる言葉が思い浮かばない。
その事も含めて、ざっと小豆さんに説明した。
子供の頃の神田神社への思い入れ、放火されたこと、焼け落ちた外壁が悲しかったこと。あの白さがどれほど美しく寂しいものなのか。
私の話を聞き終えた小豆さんは「探してるんかな」と呟いた。

42: 投稿者 2015/12/24(木) 21:41:53.79 ID:HpS+dltw.net
「君に付いて回って犯人を探してるんじゃないかなぁ」
「取り憑かれてるってことですか」
「そこまで大層なことじゃなくてね、社が燃えたなら修復されるまで居心地悪いだろうし、君を仮宿にしてるって状態だと思う」
「私処女じゃないですよ?」
思ったことを口にすると小豆さんは大爆笑した。
巫女さんは処女が務めるものだと思っていたし、生贄なんかも基本は生娘という知識があった。
処女じゃなくとも清廉潔白な人間が、神仏と関わるものだと。
当時の仕事も清らかなものではないし、生活は自堕落極まりない。欲望と損得勘定で成形された私に、神様が付くとは到底信じられなかった。

43:投稿者 2015/12/24(木) 21:45:42.65 ID:Byb0usVJ.net
「情を寄せたからだよ。綺麗、悲しい、寂しい、悔しいってそのお狐さんに向けて長年情を寄せた。そこまで思われて悪く思う神さんはいない」
「それなら他の神社とかには余り行かない方がいいんですかね」
「日本の神さんは結構大雑把だから大丈夫だよ。でも大雑把で大らかだけど基本は嫉妬深いものだから、他所に信仰を向けるのはやめた方がいいと思う」
「そういうもんですか」
「君のお狐さんは、君と色んな所に行くのを楽しんでるように思う」
その時点で日本中色々なところに行っていた。その全てが同伴状態だったと思うと、なんだか少し恥ずかしくなってくる。

44: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/12/24(木) 21:46:43.09 ID:mD6OO7LG.net
4円

45:投稿者 2015/12/24(木) 21:47:57.52 ID:Wf6vRsVO.net
小豆さんに霊感があるのか聞いてみたけれど、「見える事も感じる事もないよ。ただそう思うんだ。その感覚はあんまり疑わないようにしてるだけ」と返された。
確かに小豆さんは見えるとかそういう言葉を使っていなかった。一貫して「思う」だった。

46: 投稿者 2015/12/24(木) 21:49:48.94 ID:Wf6vRsVO.net
開場時間が差し迫ってきたので、小豆さんとはその辺りで別れた。
別れ際「あんま深く考えずに普通に過ごすといいよ」と言われた。
正直この時点で、小豆さんの話は全く信じていなかった。
神様が付いていると言っても特に良い事があるわけでもなし。生活は底辺だ。
でもよくよく考えると、再び神田神社に行ってから地元に戻るようになった。
犬猫には嫌われるようになった。

47: 投稿者 2015/12/24(木) 21:51:38.56 ID:Wf6vRsVO.net
そして極め付けは実家のぴーちゃんだ。
ぴーちゃんは私の首と髪の間に入って寝るのが好きだったのに、実家に戻って以降近寄ってさえくれなくなった。愛鳥に明確に避けられている。
本当に一緒にいるのかもしれない。
信じきるわけではないけれど、極力地元を歩くようになった。
地方に行く時は初めて行く場所を回るよう心掛けた。一度は行ったことある観光名所なんかももう一度足を運ぶようにした。
季節の花や綺麗な庭園を、色々なものを見せたいと思った。
翌年の節句祭り後、神社は修復された。
昔以上に白く綺麗な外壁に、剥き出しだった白い世界はまた隠された。

48: 投稿者 2015/12/24(木) 21:54:01.79 ID:Wf6vRsVO.net
私は完全な零感だ。
祖父が亡くなった時も、みんな何かしら虫の知らせを感じて真夜中に起きたというのに私だけスルーされた。
何もなく一人爆睡していた。
実の祖父にすらスルーされた私に神田様との遭遇フラグが立つはずもない。

49: 投稿者 2015/12/24(木) 21:55:07.59 ID:Wf6vRsVO.net
姿を垣間見たとか感じたとか何かしらあればこの覚書も盛り上がるのだろうけど、悲しいことに何もない。
神田様が一緒にいる事を意識して清く正しい生活を送るようになったとか、そんなことも欠片もない。
やはり私は底辺だった。

50: 投稿者 2015/12/24(木) 21:57:10.15 ID:Wf6vRsVO.net
基本は年始→節句→ツアーが基本の流れだったので、節句祭りを見届けてその年も小豆さんに会った県に行くことになった。
確認したくなった。
社が修復されて神田様が戻ったのかどうかを。
その年の小豆さんはエメラルドグリーンのジャージだった。
社務所に訪いを入れた私を見て「まだ見つからんかぁ」と言い放った。
社には戻っていないらしい。

51: 投稿者 2015/12/24(木) 21:59:39.53 ID:Wf6vRsVO.net
1年前と同じ縁台に座って、神社が修復されたことを話した。
簡単に見れなくなったことも寂しかったけれど、やっぱりあの白さは覆い隠すべきだと思う。
あんなに綺麗なものは極力人の目に晒さない方が、綺麗なままでいられる気がする。
そのようなことを話すと小豆さんは「分かる分かる」と同意してくれた。
「女子高生のスカートと一緒だな。見えそうで見えないから見たくなるんだよな。パンツ丸見えで歩かれるとガッカリするから」
全然違う。

52: 投稿者 2015/12/24(木) 22:02:41.63 ID:Wf6vRsVO.net
その年は小豆さんと神社の金儲けについて話した。
金がないと直せない、古い神社には人が来ない、人が来ないと金が入らないという負のループに弱小神社は陥っていると愚痴られた。
「破!とか出来るんすか」
「そんな便利なこと出来たらこの神社大儲けしてるよ」
「形だけでも御祈祷とかすればいいじゃないですか」
「めんどくせぇよー」
来年もきっとこの神社は寂れたままなんだろうと思った。

54: 投稿者 2015/12/24(木) 22:06:29.46 ID:Wf6vRsVO.net
次の年の夏だった。
実家でぐだぐだしていたら、急にぴーちゃんが肩に乗り私の髪を毛づくろいし出した。
珍しいこともあるもんだと思った次の瞬間、はっとした。
もういないんだ。
だからぴーちゃんが寄ってきたんだ。
こんなあっさりしてるものなんだと思った。それ以外のことは特に何も思わなかった。
ぴーちゃんが寄ってきたこと以外、特に何も変わりはなかったから。

55: 投稿者 2015/12/24(木) 22:09:49.83 ID:Wf6vRsVO.net
その年のツアーでも、小豆さんの県に行った。
1年振りに会った私の顔を見て「そうかぁそうかぁ」と呟いて、また缶コーヒーをくれた。
いるともいないとも、小豆さんは明言しなかった。なので社に戻ったのだと確信出来た。
お互いそのことに付いては一切触れなかった。
小豆さんのジャージはこの年もエメラルドグリーンだった。
見つかった人間はどうなるのだろうという話をした。
知る術もないけれど、出来れば酷い目に遭っているといいなと思う。

56: 投稿者 2015/12/24(木) 22:15:26.37 ID:Wf6vRsVO.net
「神罰があるとかないとか言い出しても水掛け論だからその辺りはどうでもいいけども、俺はあると思っていた方が人生楽しいからそう思うことにしてるよ」と小豆さんは返した。
私もそう思うことにした。
神社を燃やすというメンタルを持った人間がどういう人なのかはわからないけど
犯人は家具の角に足の小指毎日ぶつけてればいい。

58: 投稿者 2015/12/24(木) 22:18:25.24 ID:Wf6vRsVO.net
正直今も、神様と一緒にいたなんてあんまり信じてない。
現実世界でこんな話大声で出来ない。
でも信じることと、あると思う事はまた少し別だと思うから、そういうこともあるんだなぁと思うようになった。
あんなに思い焦がれた神様に、一時でも使われたのならこんなに嬉しいことはない。
修復してからの節句の祭りでは、拝殿奥の扉が開かれて石像が公開されるようになった。
一年に一回、遠くからあの白い世界を見ることが出来る。
切り取られた白さはやっぱり綺麗で、この感覚は片思いに似てるんだとその時に気付いた。

59: 投稿者 2015/12/24(木) 22:22:18.59 ID:Wf6vRsVO.net
今年のツアーでも小豆さんに会った、
バンドのツアー日程を調べて私が来るのを待ち構えていた小豆さんは、今年は袴姿だった。
「ちゃんと正装も見せとかんとな!」と言うけれど、袴の色が茶色?言葉にすると茶色としか書けないけれど、なんというか茶色?と首を傾げたくなるような色だった。
おっさんはセンスがない。

60: 投稿者 2015/12/24(木) 22:26:29.44 ID:Wf6vRsVO.net
センスのない神職は「神さんは気まぐれで我儘なもんだから、またこっそり君と全国回るかもしれないよ」と言った。
そう思った方が楽しいから、そうであると思うことにする。
多分私は一生、あの白さに片思いし続けるんだと思う。

そういうお話。
神様に利用されても何の利得も無くイブも一人で過ごすアラサーの盛り上がりに欠ける話に付き合ってくれてありがとう。

61: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/12/24(木) 22:27:44.67 ID:FPxnDGgf.net
神の白さか

62: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/12/24(木) 22:29:45.16 ID:Wf6vRsVO.net
>>61
本殿の奥って屋根無いから野晒しなのに真っ白なんだよね
神々しい白さってあると思う

63: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/12/24(木) 22:39:56.78 ID:kpbEDJUq.net
実話か創作か知らんけど面白かった

64: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/12/24(木) 22:40:33.49 ID:ndIkhair.net
興味深かった

>>1が素敵な人と出会えますように

66: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/12/24(木) 23:41:20.94 ID:i/UCEkv5.net
おもしろい
素敵な体験だね

68: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/12/25(金) 00:04:32.32 ID:zXhf9Bs0.net
自然霊との対話という本に、子狐霊といっしょに暮らしている夫婦の話が書いてあるから読んでみるといいよ

67: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/12/24(木) 23:50:30.99 ID:2+h5Y+uO.net
すごく面白かった。不思議な話だね~。
確かに神社の立ち入れないところって神秘的で厳かで魅力的だよなぁ。白いとなおさら魅力的かも。
いずれ何かあるかもよ。



にほんブログ村 動画紹介ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村
応援よろしくお願いいたします。

「霊道の我が家」その1

雷鳥師匠シリーズ5 「霊道の我が家」その1


私が10代の頃。
両親はいわゆる仮面夫婦&毒親
私には姉と妹がいる。私は三姉妹の真ん中。

両親は姉と妹はかわいがったが、私だけ家事全般担当だった。

その環境のせいか、私はあらゆる事に敏感で不安定。

元々なんとなく霊感はあったが加速したらしい。


haikei001.jpg

中学三年の時、親が念願の一軒家を建てることにした。
親は全く幽霊なんて信じないし感じない。

常に不満ばかりで喧嘩ばかり。
娘には怒鳴り散らす(おもに私に)。

その親が土地を決めてきた。
契約してきた。

ある日、何の予告も無くその土地の見分に連れていかれた。

土地は新興住宅地のどんづまりにあった。

その向こうは急激に下る国有林。

どんづまりには土地が二軒分あり、ひとつは切り拓かれた側。もうひとつは国有林に土地の二方を囲まれた側。

私はかすかな望みを託して拓かれた側を指差して聞いた。
「こっちだよね?」
できる限り平静に顔がひきつらないように気をつけた。
両親の気を損ねたらエライことになるのを骨の髄まで染み込まされて育ったから。

しかし父親は無慈悲にも反対側を指差して
「こっちだ。」
と嬉しそうに言った。
父親いわく、この一画では一番広い面積とのこと。
しかも格安。
日当たりも悪くない。


「…………もう決めたの?」


見分に行った当時は契約の事を知らなかったので、無表情でそう尋ねた。
表情を作る余裕など私には無かった。


父親は少し怒りをあらわにして
「何か文句があるのか」
「もう契約してきた。解約はできない。嫌なら住むな。」
とつっかかってきた。

私は黙るしかなかった。
これ以上、自分の立場を悪くするのは嫌だった。

げっそりしながら目の前の土地を見た。

隣の明るい土地に比べて、うちの土地は黒いモヤが地面から漂っている。
みんなも見たことがあると思うが、冬の朝に空気よりあたたかい地面から立ち上る湯気があるでしょう?それの黒バージョンだと思ってもらえばいい。

父親にはわからないようだ。

母も姉もわからないらしい。
唯一、妹だけは何かを感じ取ったようだが当時はまだ小学生で、特に何を言うまでもなかった。


私はそこを見つめたまま数分黙って突っ立っていた。
さっきから何人もの影が土地の入り口から国有林の方へと抜けて行く。
国有林側の方は盛土をして土地を上げているのだが、その地面の中に小さな祠が見える。

おそらくは以前、そこに祠があったのだろう。
開拓したからにはちゃんと儀式をして移動したのだろうが、私には以前の祠の姿が見えていた。

一応、土地の内側にも入ってみた。

一歩踏み入れた途端に襲って来る寒気を『気のせい、気のせい』と自分に言い聞かせながら、父親の建てる家の構造の講釈を上の空で聞いていた。

二度と行きたくなかった。

家の建築にも関わりたくなかった。

家が建つまでの半年間。
私がそこを訪れたのは出来上がり直前の、たったの1回だったが……愕然とした。


あの影たちが入ってきていた所に玄関があり、影たちが通っていたところがばっちり廊下になっていて、突き当たりは壁。

しかも御丁寧に廊下に並行するように2階への階段が作られていた。

居間は私が地面の中に見た祠の上。



見えない、感じないとはこういう事なのか。と改めて認識した。
両親は常々「自分たちは不幸だ」を口にする。
神社仏閣にもめったにいかない。
身体障害者に対しても見下したような言動をする。
そのくせ外面(そとづら)だけは完璧だ。

これは彼らが選んだことだ。

家が完成し、ほどなくして私たちはそこに引っ越した。

その日から私は常に多数の視線を感じながら生活しなければならなかったが、全てを無視した。
たいていは家の中を通過していくだけだ。

ラップ音は家鳴りとして処理した。

誰もいない2階から「ガタン!」と何かが落ちるような音がする度に確認しに行ったが、それも数回のちには無視することにした。

家族の誰かが「何か音がしたよ」と言っても
「気にしなくていいよ。何か落ちてたら後で直しておくから。」
と言って無視させた。

庭には真っ赤な服の髪の長い女性がずっと佇んでいたし、夜中は布団の周りを誰かが歩き回る。

家には神棚も仏壇も無かった。
金縛りはしょっちゅうだった。

今、これを書いていてもザワザワする。
吐き気が込み上げてくる。

結局、私はその家には5年しかいなかったけど、そのたった5年で家族は崩壊した。

詳細はまた次回に書きたいと思う。




気に入りましたら小林機械朗読↓ youtubeはこちらからチャンネル登録できます




にほんブログ村 動画紹介ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村
応援よろしくお願いいたします。

叔父とソイツ (雷鳥師匠シリーズ4)後日談付

叔父とソイツ (雷鳥師匠シリーズ4)



一昨日、一般スレにも書いたのだが、

叔父(母の妹の旦那)が膵臓癌になった。

長い話しになる。

覚悟して読んで欲しい。

haikei01


何年も連絡してなかった実母から直メールが来た。


最初は着信だったのだが、たまたま風呂に入っていた時だったので(まー、向こうは無視したと思ったべなw)メールをよこしたらしい。

内容は叔父が膵臓癌になったから、連絡は控えて欲しい。とのこと。

で一昨日、叔父が少しでも良くなるように……と(ー人ー)

お祈りかねてお祓いしてた。


私のは自己流だけど、手がかりさえあれば遠距離とか関係ない。

ましてや身内なので顔を思い浮かべれば容易い。

ただ……( ´・ω・`)、私は叔父が苦手。


とっても優しいし、叔父家族は叔父を大事に思ってて、家族愛もあり良い人だ。

……なのに(;ω;)背負ってるものが黒いんだよぉ〜。。。

叔母の背負ってるものや娘3人が背負ってるものが強いので、叔父はそれに護られていままで生き延びてきた。

怖ぇ〜カタカタカタカタカタカタカタ((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタ

できれば関わりたくない!

しかし…死ぬかもしれない膵臓癌。

せめて最期は幸せに過ごして欲しい。

そんな思いで気合い入れてお祓いに臨んだ。

……結果は……惨敗でした( ºωº )チーーーーン


私は丸1日、身体中 浮腫(むく)み、立っていられず横になっててもずっと身体を揺らしていないと耐えられない状態で呻いていました。

はじめて叔父を紹介された時から「ソイツ」は確実におって、確実に叔父を蝕んでた。

叔母や娘さんたちがおらんかったら、おそらく20年前にはこの世から連れ去っていたはず。

今、娘3人は独立。

家を離れている。

お祓いは何時間かねばったが、ソイツにはいっさい効かない。ニヤニヤしてるだけ。

最初から異形のもので、人のかたちすらしてなかった。


叔父の性格からして何かを自分で「しでかした」とは考え難く、実家が宮城県の山奥である事からして、そこから連れてきたのは容易に想像できた。


ソイツは「土地」か「家」にもともと居たもので、もとの姿を完全に失ってしまっていて、神だったのか何だったのかすら不明。

脈打つように存在しているし、叔父に会う度に緊張した。

叔父の後ろを見るのが極端に怖かった。


そんな私の態度を見て、叔父は嫌われてると思ったのか、いつも私にはニコニコと笑顔だった。

私は泊まりに行っても、何かっちゃあ用事を見つけては叔母の台所仕事を手伝って席を外してた。

叔母はそんな私を見て

「まったく!うちの娘たちは」と、プンスカww

叔母の娘3人とうちの姉、妹は叔父のいる居間で仲良く遊んでいる。

いやいや(^^;;叔父が……その後ろが怖いんです。。。

とは、もちろん言えない。


ソイツの強さは何年経っても変わらない。

このままではソイツにいつか喰われるか、引き摺られて行くであろうビジョンが浮かぶ。

すぐに打ち消す。

ソイツは聡く、私を常に窺(うかが)ってて、私が移動すると視線がギシギシと硬い空間を破るようにぎこちなく追う。

いや、ソイツには「目」は無い。

すでに退化してしまったのか、闇にのまれたかわからないが、とにかく 無い。


「空間」もソイツにとっては物凄く硬いもののようで、叔父の背後では蠢いているのに、そこからは移動できない。

体の向きを変えるのも容易ではない。

そして叔父に憑いてるだけで、叔父に直接被害を与えるわけでもない。

しかし、叔父はいつ見ても顔色が悪く、いつも煙草を吸ってて(数年前から禁煙)、家に居ても落ち着いている感じが無い。

今回の膵臓癌も「ソイツが何かをした」という訳では無い。


ただ、ニンマリと物欲しそうに口もとを歪めただけだ。

巨大化したカオナシのようにゆっくりとしたぬめりのある歪んだ口らしきもの。


無理だった。。。

私には無理だった。。。。


ソイツの理(ことわり)にちょっと触れただけで、丸1日のたうち回った。


せめて「亡くなるまであまり痛みを感じないように」と思い、身体の内側に小さな結界だけ作っておいた。

それが精一杯(><。)


力不足でごめんなさい。

昨夜もお祓いの続きをしようと思ったのだけど、怖くて意識が飛ばせなかった。


叔父のところに行こうとすると、意識が違う所へ飛ぶ。


何回やっても飛ぶ。


諦めて明け方、薬を飲んで強制的に寝た。





気に入りましたら小林機械朗読↓ youtubeはこちらからチャンネル登録できます




ソイツが警戒を強めたのか……いや、違う。

私側の本能が避けている。


あまりに異形過ぎて、どうにもならない。


叔母はこういうのは意識しないらしい。

ソイツにも叔母は見えてないらしい。

ソイツが叔母に視線をうつしたのを見た事が無い。

ただ、叔母の次女だけを目線で追っていた。


だから私は次女にばかり話しかけていた。

ソイツの気が逸れるように。

でもソイツは叔父の背後から出られない。


どんな呪(じゅ)が施されているのかは不明なのだが、叔父の背後からは出られない。


叔父の実家は山奥で私は行ったことがない。


なぜか叔父だけが若い時から実家を離れて暮らしていた。

本人は、一族の中で1人だけ大学に行かせてもらった事を感謝していたが、本家からは今でも毛嫌いされているようだ。


本家は何かを知っているのだろう。


その呪(じゅ)がなんなのか。

「ソイツ」がなんなのか。


「ソイツ」は叔父を喰らうのを待っている。

喰らったら、そのまま煉獄へ堕ちていく。

「呪(じゅ)」はそうプログラミングされているから。


叔父は魂もろとも消滅するかもしれない。

もし、家族の元に戻ってきたら、ほんの1gでも魂が残っていた証拠。

結界はその為に張ってきた。

ソイツには噛み砕けない。


家族からの想いで強化するようにしておいたから。

ただし……全部は覆えなかった(´・ω・`)、

小さな小さな「結界」だ。

叔母の想いを練り込んだのでソイツにとっては激薬と一緒。見えなければラッキー。

気付かずに他の部分とともに喰らっても、

吐き出すはず。。。。

おそらくソイツにとっては物凄く不味いものになったはず。


叔父には申し訳ないが、これが私には精一杯だった。


これをしたためている間も心の警鐘がザワザワする。


幸い「ソイツ」にとってこの世の流れはたいした長さでは無いらしい。

人の一生の長さは、朝食と昼食の間ぐらいの長さにしか感じない。

叔父を喰らったら煉獄に昼寝をしに行くだろう。

それは人の長さで二生分の長さになるはずだ。



……クチャり………



ニンマリと動かした口の奥からはじめてその気配を感じた。

いや、そもそも口なんてない。

私が口だと勝手に思ったのは、そこがもごもご動いたからだ。

口が開いたのは見たことがない。

人の言葉は話さないし、聴こえない。


「ソイツ」がなんなのか……きっと知っていたものもすでにこの世にはいない。


叔父の実家は叔父の家から車で1時間半ほどだ。観光地として知られているから私もTVで何度か見た。

東日本大震災の時も内陸の被害地としてニュースに出てた。


しかし、近くまで行くと足が竦んですすめなくなる。

きっと私は一生、その地を踏むことは無い。


以前、私の家族がそこに行くチャンスがあったのだが、たまたま結婚したばかりだった私は仕事も忙しく行かなかった。

叔父の祖母の見舞いと叔父本家の法要だったから。


その後も何度が行くチャンスはあったが、常に何か予定があった。


これは……こういう事だったのだろう……と今では思う。


叔父はこれから、癌と闘いながら家族と絆を深めるだろう。それが唯一の救いだ。

(;人;)

叔父に幸あれ。。。。


(追伸)

叔父の夢を見た。

膵臓癌の叔父の夢を。


夢の内容はほとんど覚えてないけど、夢の中で叔父の所に行ったのは確か。


近寄ってはいけないのは意識してたので、近寄らなかったのだが……翌朝、身体を起こせなかった。


前回はのたうちわまっていたのだが、

今回は離れていたので、「だるい」程度で済んだ。


どうやら夢じゃなくて、意識を飛ばしてしまっていたらしい。。。。


よくないな〜((((っーωー)っ気をつけなきゃ




(後日談)

異形の者が、叔父から離れたよ♪

……というか……(//∇//)離した♪

そんでもって体調悪くしてたw

もちろん浄霊はしてない。

別の所に移ってもらった……(▼ω▼)v

あ、おいらが体調悪くしてたのだ。

で…現在、叔父を清めてる途中なのだが……内蔵の疾患は……どーだろうな〜(;-ω-)ウーン、、、

気力は戻ったと思うんだけど……。。。

でも、ちょっと接触しただけで吐きそうになる( ; ; )、

一応、縁を切っておいたけど……おいらプロじゃないから、どこまで出来たか……。。。。

まだ、どす黒い残りカスみたいなのが残ってて……(›´A`‹ )-3ゲフ

にほんブログ村 動画紹介ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村
応援よろしくお願いいたします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR