プロフィール

パウロ小林

Author:パウロ小林
FC2ブログへようこそ!
こんにちわ、パウロ小林です。
私 癒されブログ「イエスの涙」を
運営してますが、この度
裏サイトとして、パウロ小林で
youtubeにうpしてる機械朗読を
ご紹介いたしています
メインは、超常現象 オカルト ミステリーを
ご紹介していますが、その他に
いろいろな、オカルト・不可解・怪談・予言 動画も
投稿よていです。
どうぞ 気楽に寄ってみてください。
気になる、記事・動画みつかるかも・・・
管理人
サウロ小林(小林機械朗読)
にほんブログ村 動画紹介ブログ

FC2カウンター
ランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【金正男暗殺】VXガス使用で再浮上する「オウム真理教、北朝鮮、CIAと人体実験」の黒過ぎる繋がり!

【出典】

知的好奇心の扉「TOCANA(トカナ)」
【金正男暗殺】VXガス使用で再浮上する「オウム真理教、北朝鮮、CIAと人体実験」の黒過ぎる繋がり!
「美人工作員が毒針で暗殺」の報道は事実か—— 金正男氏殺害を実行したと思われる北の特殊部隊

東洋経済on Line
「金正男暗殺」は、20年前の事件とソックリだ

□【金正男暗殺】VXガス使用で再浮上する「オウム真理教、北朝鮮、CIAと人体実験」の黒過ぎる繋がり!

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(34)の異母兄、金正男氏(45)がマレーシアで殺害された事件で、「フグ毒」や「リシン」が使用された可能性が疑われていたが、現在、最強の神経剤ともいわれる「VXガス」の使用が有力だとして報じられている。そこで見えてきたのがオウム真理教が引き起こした事件との関連だ。トカナ編集部はオウム関係に詳しいジャーナリストに取材した。

「1967年にアメリカが廃棄して以来使用されていなかった『VXガス』ですが、90年代にオウム真理教が合成に成功。94年10月~95年1月にかけて未遂を含め4件の事件で使用しています。サリンをはじめ、いち宗教団体が劇薬の合成に成功した裏には、アメリカのCIAやロシアのKGB、そして北朝鮮の工作員による関与が指摘されています。彼らはオウムを利用した人体実験を行っていた可能性があるということです」

「オウム信者の中には複数の北朝鮮人がおり、その後行方不明になっていることもわかっています。今回暗殺に使用された可能性がある『VXガス』とオウムが直接的に関係しているかは不明ですが、もしもそうだった場合、オウムが引き起こした一連の事件から何かヒントを得ている可能性はありますね」

北朝鮮はVXガスなどの化学兵器禁止条約の未加盟国で、60年代からVXガスを研究し、現在も大量に保有しているといわれている。だとしたら90年代当時、研究成果を試すために、日本で人体実験し、その後改良して今回の暗殺に利用している可能性はある。

「オウムに関していえば、化学兵器だけではなく、LSDや武器などの調達にも外国人スパイの力が働いていたといわれています。そもそも、CIAの洗脳実験としてオウムが利用されていたともいわれていますからね……」

いまだ情報が錯綜している金正男暗殺事件。事件の解明によって浮かび上がるのは、北の闇だけではないようだ。

※小林機械朗読からのお知らせ
ご視聴は↓からお願いします。



気に入りましたら小林機械朗読↓ youtubeはこちらからチャンネル登録できます



□「美人工作員が毒針で暗殺」の報道は事実か—— 金正男氏殺害を実行したと思われる北の特殊部隊

韓国メディアは2月14日夜、北朝鮮の最高指導者である金正恩の異母兄で、マカオで事実上の亡命生活を送っていた金正男氏が何者かに殺害されたと報じた。そこでTOCANA編集部は、CIAやモサド、韓国の国家情報院とも独自のコンタクトを持つ危機管理コンサルタントのA氏に電話インタビューを申し込み、殺害事件の真相について聞いてみた。

「今回の事件は、金正恩直轄の暗殺部隊による犯行。マレーシア情報当局の話では、クアラルンプールに現れた金正男氏に綺麗な若い女性2人が近づき、すれ違いざまにストロー状の吹き矢から毒針を放って殺害したそうです。まるで、くノ一(女忍者)のような行動ですが、実はこれ、北朝鮮がよく使う手なんですよ。大ヒットした韓国映画『シュリ』(2000年公開)を観た方は覚えているかもしれませんが、北朝鮮の工作員が軍の研究所から特殊爆弾を奪う際、研究員とすれ違う時に指先に仕込んだ毒針で刺して殺害しているシーンが描かれています。誰の指示による暗殺なのかは今後の捜査が明らかにしていくでしょうが、犯行の手口からして、北朝鮮の特殊部隊である『偵察総局』のアサシンによることは間違いないでしょうね」(A氏)

美人工作員と毒針による金正男氏の殺害は、映画を地で行くものではなく、映画に描かれた暗殺を北朝鮮が実際に行なっていることを証明したものと言えるだろう。
(文/山野一十)

□金正恩側近による忠誠心競争のため?

金正男氏と長期間メールのやりとりを行い、2回の直接インタビューを行って金正男氏に関する本を出版したことがある東京新聞の五味洋治記者も、「金正男氏が金正恩側近による行きすぎた忠誠心競争によって殺された可能性がある」と見る。北朝鮮は毎年、光明星節を前に機関別に忠誠心報告大会を開くなど、金正日・金正恩への忠誠を誓う競強調文争を行ってきた。

一方で、金正男氏が韓国に亡命しようとするのを阻止するために殺害したのではないかという「亡命阻止説」も出ている。これは、今回の事件を説明する重要な背景の一つだ。韓国の情報機関・国家情報院は否定しているが、金正男氏は亡命させる価値のあるターゲットの一人だった。韓国・統一研究院のチャ・ドヒョン研究員は「政権の頂点にいるファミリーが亡命したとなれば、ファミリーにとって対外的に大恥をかくことになる。一般的なエリートの亡命とは意味が違う。そのため、金正男氏をあわてて除去しようとしたのではないか」と指摘する。
(文/ パク・ホンファン :「ソウル新聞」記者)

にほんブログ村 動画紹介ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村
応援よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

【陰謀論】トランプの暗殺をイルミナティカードが予言! 謎の人事と言動… 恐ろしい現実を示唆する証拠の数々とは?

トランプ大統領に関する興味深い内容のブログを発見、ご紹介します。

【以下引用】

 多くのメディアによる事前予測や世論調査結果を覆し、次期アメリカ大統領の座を手にしたドナルド・トランプ氏。しかし今、「トランプ氏が暗殺されるのではないか?」という噂が世界中のインターネットユーザーの間で盛り上がりつつあるという。本国アメリカでは「トランプ 暗殺」というキーワードがTwitterの検索上位にヒットするほどだ。トランプ氏の暗殺をほのめかす投稿も多く、とりわけ過激なツイートをしたユーザーが事情聴取を受けるケースもあったようだ。

 もっとも、そんな犯罪予告の大多数は遊び半分で行われていることだろうが、しかし、そう悠長に構えてもいられない。というのも、複数の有能な占術師や心霊能力者が「トランプ暗殺説」を実際に唱えているからだ。

※小林機械朗読からのお知らせ
ご視聴は↓からお願いします。

>

気に入りましたら小林機械朗読↓ youtubeはこちらからチャンネル登録できます



■占い師たちがトランプ氏暗殺を予言

 サンケイスポーツによると、2月に「米大統領選はトランプが勝利する」と占い、見事に結果を的中させた“風水芸人”のLove Me Do氏が「2年後、トランプ氏に暗殺危機が訪れる。トランプ氏にボディーガード増員した方がよい」と指摘したという。

 また、魔女である筆者の友人たち(心霊能力者や占術師)も「暗殺の可能性はある。特に彼が態度を改めない限りは充分にあり得る」と指摘している。そして筆者自身がトランプ氏の運勢を占ってみても、2年後の2018年は特に慎重かつ冷静に基盤固めをすべき時期であり、過激な改革を行うと大失敗する、という啓示を得た。そればかりではなく、今年の年末~来年の年始にかけての運勢もあまり良くないようだ。

■すでに暗殺計画は存在した!

 果たして、何者かがトランプ氏の暗殺を企てており、それが実行に移されてしまうのか?アメリカの複数メディアによると、実はトランプ氏暗殺の可能性は今に始まった話ではなく、すでに去年の段階で脅迫状が相次いで届けられていたようだ。しかもFBIは、「実際に複数の暗殺計画があった」ことを把握し、認めているという。今月11月5日にも、演説中に銃を所持した男が出現し、トランプ氏が即時避難するというトラブルが発生している。

 このような事態を受け、トランプ氏は公の場に出るときは防弾チョッキを必ず着用しており、現在彼が暮らすトランプタワーは来年1月20日の就任式まで飛行禁止空域に指定されている模様だ。これで警備は万全だと思いたいが、それでもトランプ氏には敵が多く、共和党内にも彼を毛嫌いしている人物がいる。そのため、例えば内部で暗殺を企てる人物もいるかもしれないのだ……。

 現在、アメリカでは各地で反トランプデモが起きており、ニューヨークでは参加者が1万人を超えたとの報道もある。いずれにしても、トランプ氏に敵が多いことは間違いない。

■イルミナティも暗殺を企てている!?

 では、何としてもトランプ氏を消したいと考えている者はいったい誰か? 世界の陰謀論者たちの間では、やはりアメリカのイルミナティと軍需産業を担う存在ではないかとの声が上がり始めている。そもそも、影で世界を操るとされる謎の組織イルミナティの計画では、今回の大統領選でヒラリー・クリントン氏が勝利を収めるはずだったというのだ。

 イルミナティによる世界支配の過程を予言しているとされるカードゲーム「イルミナティ・ニューワールドオーダー(通称:イルミナティカード)」には、明確にヒラリー氏を示すカードが存在し、これは彼女が大統領に就任するというイルミナティの意図を表していると指摘されてきた。

 一方、トランプ氏に似た存在が描かれたカードも存在するのだが、そのカードには「Enough is Enough(いい加減にしろ)」という文言が記されている。世界の陰謀論者達によると、これはトランプ氏が現政権に対して「いい加減にしろ」と叫んでいるのではく、イルミナティ側がトランプ氏に怒りを募らせていることを示しているというのだ。

 そして、アメリカの軍需産業に携わる存在にとっても、トランプ氏は邪魔な存在である。トランプ氏は「ブッシュ前大統領によるイラク戦争は誤りだった」「現在のクリミア危機はオバマ大統領の失敗だ」と主張し、「アメリカの国益につながらない戦争はしない」ことを公約に掲げていた。今さら指摘するまでもないことだが、アメリカは国防予算が60兆円にも及ぶ軍需大国であり、国防を担い、武器の輸出入で儲ける武器商人たちにとって、トランプ氏は目障りな存在にほかならないのだ。

■状況に変化も…… 悪魔に魂を売ったのか?

 ところが最近、トランプ氏とイルミナティの関係に変化の兆しも現れているようだ。当選後の彼は、暗殺の危機を真剣に感じ始めたのか、これまでの強硬な態度を改めオバマ大統領と会談し、人種差別発言も控えているのだ。

 さらに、選挙時には「貧困層の味方」というイメージが強かったトランプ氏だが、次期政権の財務長官に投資銀行JPモルガンのジェイミー・ダイモン氏を推薦する、という意外な行動に出た。陰謀論において、モルガン家がイルミナティの構成員だという話は有名だ。これはつまり、トランプ氏とイルミナティとの間で何らかの取引があったことを意味しているのだろうか?


 大統領選挙が終わっても目が放せない、激動のアメリカ――。トランプ氏は無事に大統領に就任できるのか? そして、今後の世界はどうなるのだろうか?


■作者 深月ユリアさま

ポーランドの魔女とアイヌのシャーマンの血をひき、魔女占い師・魔女優・オカルトライター・ホラー映画プロデューサーとして国内外で活動。深月事務所代表、TR総合探偵事務所で心霊捜査担当。最新刊『あなたも霊視ができる本』(文芸社)大好評発売中!




検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。