プロフィール

パウロ小林

Author:パウロ小林
FC2ブログへようこそ!
こんにちわ、パウロ小林です。
私 癒されブログ「イエスの涙」を
運営してますが、この度
裏サイトとして、パウロ小林で
youtubeにうpしてる機械朗読を
ご紹介いたしています
メインは、超常現象 オカルト ミステリーを
ご紹介していますが、その他に
いろいろな、オカルト・不可解・怪談・予言 動画も
投稿よていです。
どうぞ 気楽に寄ってみてください。
気になる、記事・動画みつかるかも・・・
管理人
サウロ小林(小林機械朗読)
にほんブログ村 動画紹介ブログ

FC2カウンター
ランキング

【オカルト】絶大な怨念と有名な霊能力者

本当にあった2chの怖い話
【オカルト】絶大な怨念と有名な霊能力者

haikei132.jpg

948 :本当にあった怖い名無し:2009/11/25(水) 21:50:23 ID:BGQd7vYqO

知人の話。

あまりにも色々と酷いので、漫画で紹介された霊能者にコンタクトをとった。
『依頼殺到』って漫画には書いてあったのに、速攻返事が来た。
「命の危険がある方は優先です」って。

そういう類に頼る事に抵抗ある知人が、その時ばかりは自分の勝手な行動をすんなりと受け入れた。

で、待ち合わせ当日。とあるホテルを予約しておいた。
私が先に霊能者さんと会って、仕事を終えた知人が後から合流する予定。
が、知人が来ない。
連絡してみると、この日に限ってトラブル発生&交代要因が来ない(連絡取れず)。
霊能者さんに謝る自分。
「しょうがないよ。行かせないつもりだから」
霊能者さんには、その状況の理由が分かっている様子。

948 :本当にあった怖い名無し:2009/11/25(水) 21:50:23 ID:BGQd7vYqO

待ち合わせから3時間。
取り敢えず予約したホテルへ移動。
「本当にすみません。忙しいでしょうし、日程変更にして頂いても…」
「そんな事したらその人、今度こそ死ぬよ」

949 :948:2009/11/25(水) 21:54:39 ID:BGQd7vYqO

どういう事か分からず驚く自分に、霊能者さんは飄々と説明。
「行かせないようにしてるんだよ。絶対に離れないって。かなり恨みが強いからね」
「え?じゃあ来れないんですか?」
「いや、来ないと危ない」
「??」
「他にもいるんだよ。
 今日、俺と会うのを知って、やっ成仏出来るって待ってるのも沢山いる。それが出来なくなったら?
 何百年も苦しんでやっと成仏出来るって期待していた分、絶望も桁外れ。
 その憤り、逆恨みは行かなかったその人に一斉に向けられる。
 今度こそ死ぬよ。殺される」
マジだとその時思った。
だって知人は、昔から事故や病気で九死に一生を得る経験を何度もしてる。
今回はついに癌になった。
だから本当に何かあると思って、霊能者さんに頼んだ訳だし。
「だから、何がなんでも今日何とかしないといけないんだ。何時になろうと何時間だろうと待つから」

で、霊能者さんは遠隔で何かしたらしい。
「大丈夫。21時には来れるよ」

950 :948:2009/11/25(水) 21:56:22 ID:BGQd7vYqO

待ち合わせが確か15時。
チェックインしてホテルの部屋で、ついでに自分の亡き母の事とか視てもらってた。

そして21時10分程前。
「遅くなってすみませんでした」
知人がやって来た。

ここから家系に纏わる霊視が始まる訳で、その前に簡単に知人の状況を。
・知人、田舎から上京してる。
・当時、左臀部に肉腫発症。
・肉腫発覚と同時期、父親が心臓病でバイパス手術を余儀なくされる。
・弟、知能障害あり。同時期、緑内障と白内障を併発。
・母親、脳溢血?の過去があり、働きも無理出来ず。
・姉、嫁いでいるが旦那(知人の義理兄)が難病指定の病気を患い仕事出来ず。

知人の家は四国の奥の閉鎖的な田舎。
本家と言われるもので、知人に後継ぎが出来なければ家系は途絶える。
本来は爺ちゃんが最後だった。
子供が出来ず、知人の父親を養子にして何とか苗字を継いでいた。

951 :948:2009/11/25(水) 21:58:34 ID:BGQd7vYqO

さて、霊視。
霊能者さんには現状は伝えたものの、癌の種類や出身地等の予備知識は伝えていなかった。
「だい…だいでんきん?てどこ??」
いきなり肉腫の部位を当てられる。
因みに霊能者さんは2人。
1人は視える、聞ける、成仏までさせられる。
1人は視える、聞ける、話せる、分かる。所謂レーダータイプ。
で、主にレーダータイプが状況を把握していく。
何百もの霊体が知人には憑いているらしいが、それらをまとめて(?)率いるリーダーがいるっぽい。
そのリーダーが、誰よりも強い恨みや思いを持っていた。

「……差別?」
リーダーの話を聞くレーダータイプが呟いた途端、自分と知人は顔を合わせた。

952 :948:2009/11/25(水) 22:00:35 ID:BGQd7vYqO

「心当たりある?」
レーダーに聞かれて答える知人。
「あります。うちの田舎は未だに部落差別の生きている村です。
 自分は部落出身ではないのですが、その為に幼い頃から差別を目の当たりにし、それが正しいのとされていました。
 それが嫌で、納得出来ずに田舎を出て来ました」
「貴方のご先祖…、6代か7代か…前の方。この世のものとは思えない残虐な仕打ちをしてるわね」
「納得出来なかったの。この人ね(憑いてるリーダー)、悪い人じゃないのよ。
 ただ、人一倍正義感が強くて、仲間が理不尽に虐げられる事、虐殺される事が許せなかったの。
 悔しくて悔しくて、どうして同じ人間なのに生まれでこんなに違うのかって。泣いて訴えてるよ」

仕方がなかったんだよ。
時代だったんだよ。
霊能者さんは2人で、一生懸命にリーダーを説得してた。

余談だけど、その時すでに深夜を回ってた。
部屋の窓の外をうろつく影を、霊感のない私も見た。
助けを求めるように、気付いてって感じに窓に手を付けて覗いてた。
暗闇に乗せるようにかぶさる、もう一段黒い人影だった。

※小林機械朗読からのお知らせ
動画はこちらからご視聴いただけます。



気に入りましたら小林機械朗読↓ youtubeはこちらからチャンネル登録できます。



954 :948:2009/11/25(水) 22:03:50 ID:BGQd7vYqO

リーダーは暫くごねてたらしいけど、霊能者さんの説得により納得したらしい。
元々が正義感の強い真っ直ぐな人で、何百年もの長い年月を理不尽さに苦しめられて来た人。
だからなのか、張本人ではない知人に怒りを向ける理不尽さに、理解を示したのかもしれない。

霊能者さんは事前に買ったお握りを出して、知人に憑いてる人達の振る舞った。
「白米なんて食えなかったんだろ。成仏前にゆっくり食え」って。

未だに分からないのは、知人の肉腫は左の大臀筋に出来た。
爺さんは戦争で左足を失ってる。
知人が事故で複雑骨折をした足も左(これは手術をしても骨がくっつかず、未だに何か固定するもんが入ってる)。
左に何かあるのかとも思ったけど、それについては特に何も言ってなかった。

955 :948:2009/11/25(水) 22:05:53 ID:BGQd7vYqO

リーダーを含む全員を成仏させた後(窓にいた人も一緒に)、暫らくの歓談タイム。
どうして知人に憑いたのか聞いてみた。
「差別による虐めを率先していたのが彼のご先祖さま。
 その一族の中で彼が一番強かったから。精神的にも肉体的にも」
とにかく何がなんでも、知人の家系を根絶やしにしたかったのかもしれない。
と同時に、いつかこうやって成仏させてくれる事をしてくれるのは、知人しかいないと縋っていたのかもしれない。
分からないけど、何百年も何百年も、リーダー達は苦しんでたんだなって思う。
生きている時の理不尽な差別や無念を抱えたまま、長い年月を苦しんでいたんだと思う。

956 :本当にあった怖い名無し:2009/11/25(水) 22:49:57 ID:kbX5U75Z0

乙ですが、その後知人と親族の状況は好転したの?

958 :948:2009/11/25(水) 23:22:13 ID:BGQd7vYqO

知人一族のその後は、一気に好転とはいってませんが、当時程の状況ではありません。
一度なった病気が奇跡のように回復するはずもなく、姉の旦那は相変わらず難病だし、
弟の知能も12歳のまま(現在30代半ば)。
だけど父親の手術は上手くいったし、母親も倒れずに元気に知人に金の無心をしてる(笑)
知人の癌は軟部肉腫といって、5万人に1人という珍しいものだったけれど、
大臀筋を丸ごと取ったにも関わらず、他の筋肉が失った大臀筋の変わりを担い、
身体的な障害も残らず(小走り位なら出来る)、再発もしていません。
ドラマのように好転!とはならないけれど、悪化もしていません。
それが何よりの好転なのかも。

この話、どこに書いてもスルーされてたんです。
こうやって読んでくれて反応してくれた今、本当に知人が呪縛から解き放たれた証のような気がする。
本当にどうもありがとうございました。

962 :本当にあった怖い名無し:2009/11/26(木) 01:19:46 ID:dh5tLEKp0

漫画の二人の霊能者って、ほん怖の有名な人かな

963 :本当にあった怖い名無し:2009/11/26(木) 08:30:53 ID:UtEY9+5B0

だったら漫画で読める日が来るな

964 :本当にあった怖い名無し:2009/11/26(木) 09:02:31 ID:eYhTj7tpO

>>962>>963
あたり。
ほん怖のとある漫画家さんが書いてた二人組の霊能者、GさんとHさん。
特筆すべきは、Hさんがかなりの美女だったこと。
そして漫画通り、Gさんの除霊はエキセントリックだった。
実は結構前の話なので、漫画化する事はないと思う。
が、あの二人は間違いなく本物。
霊視や除霊の中で、どんどん点と点が結び付いていく感じだった。

にほんブログ村 動画紹介ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村
応援よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

【予言】イルミナティカードが横浜壊滅を予言

北朝鮮絡みの予言などの記事を発見しました。動画化しました。

不思議探偵社
[秒読み]北朝鮮との戦争~日本はどうなる?予知予言と最新情報[5月31日更新]

haikei01.jpg

■イルミナティカードが横浜壊滅を予言

投稿者:通りすがりのネコさん
投稿日:2017年4月14日(金)

レオさん、いつも楽しく拝見させてもらっています。こまめな更新ありがとうございます。

私自身はオカルトに興味があるだけで、まったく何も予知の力などないのですが、みこさんの横浜の話を聞いてイルミナティカードの横浜壊滅の予言を思い浮かべました!

北朝鮮の情勢が日に日に悪化していますし、何か最悪な状況が起きなければと思います…

※イルミナティカードについて

haikei02.jpg

イルミナティカードとはアメリカのゲーム製作会社が1995年に販売したカードゲームで、正式名は「イルミナティ・ニューワールドオーダー(新世界秩序)」。

イルミナティとは世界を裏で操っているという秘密結社の名前です。

イルミナティについて詳しくお知りになりたい方は、[陰謀]ピコ太郎~PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)に秘められたメッセージ~をご覧ください。

これはあまりにも有名なカードですが、なぜ有名になったのかというと、カードに描かれている事柄が次々と実際に起こっているからなのです。

haikei03.jpg

■横浜が核攻撃を受ける!?

投稿頂いたように、イルミナティカードには横浜が核攻撃を受けたかのような絵柄のカードがあります。

それがこのカードです。

なぜこれが横浜かというと、このカードには「横浜コンチネンタルホテル」が描かれているのです。

カードでは黒く描かれていますが、特徴的な半月状の建物が「横浜コンチネンタルホテル」に似ています。

そして、なぜ核攻撃を受けたことになるのかというと、地面に核のマーク(黄色と黒色の円)が落ちていて、破壊された壁には人型の黒い跡が焼きついているからなのです。

連日、ニュースで報道しているのでご存知かと思いますが、ここ最近朝鮮半島情勢に緊張が走っています。

アメリカは核開発を続ける北朝鮮に対して圧力をかけていて、攻撃も辞さないと警告しています。

実際にアメリカ軍は、朝鮮半島に巨大空母を展開するなど、現在の朝鮮半島情勢はかつて無いほどの緊迫状態が続いています。

もし、アメリカが北朝鮮を攻撃すれば、北朝鮮の反撃によってアメリカ軍基地がある日本も標的になるのは火を見るよりも明らかです。

神奈川県には厚木基地、横須賀基地などアメリカ軍の基地・施設があります。

北朝鮮が数発の核ミサイルをこれらの施設に向けて発射した場合、15kmほどしか離れていない横浜も爆発に巻き込まれてしまう可能性も否定できません。

特に水素爆弾の威力はすさまじく、半径100km以上が爆風で吹き飛ぶそうです。

とにかく、今の異常な緊張状態を脱し、戦争が起こらないことを祈るばかりです。

※小林機械朗読からのお知らせ
動画はこちらからご視聴いただけます。



気に入りましたら小林機械朗読↓ youtubeはこちらからチャンネル登録できます。



haikei04.jpg

■横浜ではなく神戸?

投稿者:めそさん:投稿日:2017年4月15日(土)

みこさん始めイルミナティカードの記事を読んでいてふと思ったのですが、私にはイルミナティカードのホテルっぽいものが、神戸港のホテルに見えました。

窓の横線や、よく見るとシルエットが半月型というよりはえぐられて半月になっている様にも見えますし、神戸港には影が写っている赤レンガのようなものもあるそうです。

そしてさくらさんがくりかえし見ている神戸港の場面もリンクしました。もしさくらさんに聞く機会があればイルミナティカードのことも併せてお尋ね頂けますでしょうか。
神戸ではないかとのことで、早速調べてみました!

めそさんがおっしゃっているホテルというのは「神戸メリケンパークオリエンタル」のことだと思われます。

確かにイルミナティカードに描かれている窓(横線)に似ています。建物の形的には横浜コンチネンタルホテルが近いですが、爆風で建物が破壊された画にも見えるので、神戸メリケンパークホテルの可能性は否定できないのかも知れません。

それと神戸港には「神戸煉瓦倉庫」という建物があるそうです。

確かにこれだけ見るとイルミナティカードに描かれている場所は神戸かも知れませんが、北朝鮮が神戸を狙う意味があるのかどうかだと思います。

神戸にはアメリカ軍基地や施設はなさそうなので、戦艦などが神戸港に停泊中に攻撃を受けるとかしか考えつきません。

あとは北朝鮮が敗戦濃厚となった時に、すべての核ミサイルを韓国や日本へ向けて発射して、その一発が神戸に落ちるということなのでしょうか……。

北朝鮮は核弾頭を20発以上保有しているそうなので、あり得ない話ではないのかも知れません。

haikei05.jpg

■カードに隠された日付

投稿者:ピークさん:
投稿日:2017年4月15日(土)

イルミナティカードの話が出てきたので。

このカードには、それが起こる日にちが隠されていると言われています。311などは有名です。

今回掲載していただいた横浜と思われるカードですが、これを上下逆さまにして見てください。

逆さまにした状態の一番下のうち、赤い壁の先端部分の左側です。水色の雪だるまに見える部分がありますよね?この雪だるま土台部分右の、水色と壁との境、赤い壁の横線とで、数字の5が書かれていると思いませんか?そして、その左横、1が書かれています。

このカードは、今日15日に起こる出来事なのでしょうか?心配です。


早速、検証してみました。

これは写真を180度回転し、ピークさんがおっしゃっている部分を拡大したものです。

ここに5と1を赤入れしてみます。

確かに5と1が隠されているように見えます。しかしこれは15日だけではなく、5月1日という可能性もあるのではないでしょうか。

これを書いている最中にもう一つ気付きました。赤入れしてみました。

いかがでしょうか。831で8月31日という可能性はないでしょうか。

本当に事が起こる日付が隠されているかどうかは、その時が来ないと分かりませんが、何事も起きないことを祈るばかりです。

しかし朝鮮半島をめぐる緊張状態は日に日に増しており、アメリカ軍は空母の派遣だけでなく、沖縄県にある嘉手納基地ではF15戦闘機数十機がすぐにでも北朝鮮へ向けて飛び立てる態勢を整えているとのことです。

そして北朝鮮側も全面戦争に応じると発言していることから、緊迫した状況は日に日に増していきそうです。

ただ唯一の希望は、北朝鮮と交流のある中国が説得にあたっていることです。

北朝鮮が核を含めた大量破壊兵器を破棄し、話し合いに応じれば全面戦争という最悪な状況は脱することができるのではないでしょうか。

引き続き、朝鮮半島情勢を見守っていきたいとおもいます。

にほんブログ村 動画紹介ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村
応援よろしくお願いいたします。

「8分違いのパラレルワールド」の存在がニセ硬貨事件で証明された!? 異次元トラベラーに直撃取材!

3月14日、奇妙なニュースがテレビに流れた。“昭和65年”という刻印がある偽の1万円硬貨使用で商品と釣り8500円をだまし取ったというのだ。犯人は、岐阜県の派遣会社の社員を名乗る30代の男。だがこの事件には更なる謎があるのでは?とパウロPは文献などいろいろ調べて一番納得できるある都市伝説にたどり着いた。ご紹介しよう。

出典:
TOCANA
「8分違いのパラレルワールド」の存在がニセ硬貨事件で証明された!? 異次元トラベラーに直撃取材!

coin.jpg

「8分違いのパラレルワールド」の存在がニセ硬貨事件で証明された!? 異次元トラベラーに直撃取材!
2017.03.16
関連キーワード:パラレルワールド, 昭和天皇, 暗黒物質, 通貨偽造, 重力

■北海道警函館西署が公開したニセ1万円

 3月14日、奇妙なニュースがテレビに流れた。偽の1万円硬貨を使用した疑いで、1人の男が逮捕されたというのだ。詐欺容疑で逮捕されたのは、岐阜県の派遣会社の社員を名乗る30代の男。今年1月、北海道函館のコンビニで、買い物を装って偽硬貨を使用し、商品と釣り8500円をだまし取ったとされている。しかし、実際に使用されている500円や100円硬貨の偽物ならともかく、偽の1万円硬貨などという見た瞬間に発覚するような犯罪を、なぜこの男は行ったのだろうか。また、画像で公開された偽硬貨をみると、現実の硬貨としては存在しないはずの“昭和65年”という刻印がある。裏面には橋のような図柄があるが、それも日本国に存在する橋ではない。さらに、捜査機関が偽1万円硬貨を鑑定にかけると――高価な希少金属が使われるなど上質な材料で、鋳造技術も大蔵省造幣局と比べて遜色ないレベルだというのだ。そもそも、精巧な“1万円”硬貨など、使い途がないようなものを一体誰が、なぜ作ったのだろうか。

 そんなとき、関係者を名乗る人物が「これは実在する“8分違い”のパラレルワールドから混入してきた硬貨にちがいない」という情報を筆者の元に届けてくれた。というわけで匿名を条件に、昭和65年が存在する「8分違いのパラレルワールド」について取材を申し出た。
time.jpg

■8分違いのパラレルワールドは実在する!

 私たちが生きる世界とよく似た、別の世界が存在する――という話は、SF作品などで頻繁に語られる設定だ。そのうち“8分違いのパラレルワールド”は、その実在を示す証拠品や証言が一番多いパラレルワールドとされている。情報をくれた関係者は、次のように語った。

「8分違いのパラレルワールドは、時間軸の“裂け目”をパイプにしてこの世界とつながっている異世界で、モノや人が行き来していることまで確認されています」

 取材するうちに、8分違いのパラレルワールドが広く人々に知られるようになってきたのが、2011年くらいであることがわかってきたが、その点に関して、2つの世界を行き来した経験を持つというK氏に話を聞くこともできた。

「8分違いのパラレルワールドが誕生したのが、がちょうど昭和から平成にシフトするころ、つまり1988年~89年にかけてだと思います。そのころ、宇宙の“時間の法則”を安定させていた暗黒物質に大きな物理的変異が起こり、時間軸が、まるで避けるチーズのように裂けてしまった。それが理由で、8分違いの世界とわれわれの世界が、チューブのようなもので通じてしまったのです」

「それが2011年ごろ、広く人々に知られることになったわけですが、東日本大震災との関係はよくわかりません。ただ、その時期に8分違いのパラレルワールドでも地震が起きており、異った次元に存在する2つの世界の間を、重力が津波のよう行き来し、そのことが東日本大震災の被害を大きくしたのではないかという研究が、8分違いのパラレルワールドでは行われています」

「ちなみに、8分違いのパラレルワールドとこの世界の関係ですが、どちらか片方が8分進んでいて、もう片方が遅れているという関係ではないそうです。説明してくれた“帰還者”によると、『2つの世界は、純粋に8分間だけ違っていて、でも早いでも遅いでもない。ただズレている』とのことです」

※小林機械朗読からのお知らせ
動画はこちらからご視聴いただけます。



気に入りましたら小林機械朗読↓ youtubeはこちらからチャンネル登録できます。



■昭和65年硬貨は、ほかにも発見されていた!

 振り返ること数十年。我々の暮らすこの世界においては、昭和64年1月7日に昭和天皇が崩御召された。そのため、昭和64年はわずか7日で終わり、翌日から平成元年となったのだ。つまり、我々の暮らすこの世界において、昭和65年印の硬貨など存在するはずがないのだ。しかしどうやら、8分違いのパラレルワールドでは昭和天皇の崩御が遅れた結果、昭和が持続し――多数の“昭和65年”硬貨が作られているようである。

 そして、小さなニュースにしかなっていないが、実はこれまでも存在しないはずの“昭和65年”硬貨が複数見つかっている。

 平成17年に発見された昭和65年の500円玉は、我々の暮らすこの世界の500円玉とデザインも材質も同じで、自動販売機も通過する。昭和65年の100円玉は、平成20年と26年にそれぞれ一つずつ発見されており、デザインは同じだが、材質がちがう。こうして発見された昭和65年硬貨は、いずれも“いたずら目的で作られた”偽物ということで処理されている。しかし関係者に言わせれば、使われている物質や鋳造技術を見ても、とても偽物と呼べるような低レベルの代物ではないのだという。

 取材を進めると、さらに興味深いことがわかってきた。我々の世界と8分違いの世界では、双方に建てられた建築物によって、偶然結ばれてしまうことがあるらしい。2つの世界を結んでいる時間軸の裂け目と、デザインされた建物空間が、まるでパズルのピースのようにピタリとはまってしまうと、双方の建物同士で次元を結んでしまうという不思議――。とりわけパティオ(中庭)を持つコンクリート打放しの集合住宅や、複雑に増築された繁華街の建物などが、異世界への扉となっているケースが多いそうだ。取材の過程では、「地下の扉を開けたら別世界にある建物の屋上に出てしまった。その世界では、1時間が52分しかなった」などという体験を話す人とも出くわした。

■8分違いの世界では、誰もがこの話を知っている

 ところで、ここまで述べてきたことは、8分違いのパラレルワールドではすでに社会的に広く認知されているらしく、テレビで注意勧告までなされているらしい。こちらの世界からあちらの世界へ、偶然誰かが紛れ込んでしまった時は、こちらの世界へ帰還させる方針がとられているという。しかしながら、我々の世界において、パラレルワールドの存在はまだ信じられていない。わずか8分しか違わないのに、とても大きな差異といえるだろう。

 今回逮捕された人材派遣会社の男は、8分違いのパラレルワールドからの来訪者、あるいは帰還者なのだろうか――。ある日、手元に昭和65年の硬貨を発見してしまったら、それは8分違いのパラレルワールドから紛れ込んできた硬貨である可能性が高い。大切にしてほしい。

(文=大江戸猫)

にほんブログ村 動画紹介ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村
応援よろしくお願いいたします。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR