プロフィール

パウロ小林

Author:パウロ小林
FC2ブログへようこそ!
こんにちわ、パウロ小林です。
私 癒されブログ「イエスの涙」を
運営してますが、この度
裏サイトとして、パウロ小林で
youtubeにうpしてる機械朗読を
ご紹介いたしています
メインは、超常現象 オカルト ミステリーを
ご紹介していますが、その他に
いろいろな、オカルト・不可解・怪談・予言 動画も
投稿よていです。
どうぞ 気楽に寄ってみてください。
気になる、記事・動画みつかるかも・・・
管理人
サウロ小林(小林機械朗読)
にほんブログ村 動画紹介ブログ

FC2カウンター
ランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【金正男暗殺】VXガス使用で再浮上する「オウム真理教、北朝鮮、CIAと人体実験」の黒過ぎる繋がり!

【出典】

知的好奇心の扉「TOCANA(トカナ)」
【金正男暗殺】VXガス使用で再浮上する「オウム真理教、北朝鮮、CIAと人体実験」の黒過ぎる繋がり!
「美人工作員が毒針で暗殺」の報道は事実か—— 金正男氏殺害を実行したと思われる北の特殊部隊

東洋経済on Line
「金正男暗殺」は、20年前の事件とソックリだ

□【金正男暗殺】VXガス使用で再浮上する「オウム真理教、北朝鮮、CIAと人体実験」の黒過ぎる繋がり!

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(34)の異母兄、金正男氏(45)がマレーシアで殺害された事件で、「フグ毒」や「リシン」が使用された可能性が疑われていたが、現在、最強の神経剤ともいわれる「VXガス」の使用が有力だとして報じられている。そこで見えてきたのがオウム真理教が引き起こした事件との関連だ。トカナ編集部はオウム関係に詳しいジャーナリストに取材した。

「1967年にアメリカが廃棄して以来使用されていなかった『VXガス』ですが、90年代にオウム真理教が合成に成功。94年10月~95年1月にかけて未遂を含め4件の事件で使用しています。サリンをはじめ、いち宗教団体が劇薬の合成に成功した裏には、アメリカのCIAやロシアのKGB、そして北朝鮮の工作員による関与が指摘されています。彼らはオウムを利用した人体実験を行っていた可能性があるということです」

「オウム信者の中には複数の北朝鮮人がおり、その後行方不明になっていることもわかっています。今回暗殺に使用された可能性がある『VXガス』とオウムが直接的に関係しているかは不明ですが、もしもそうだった場合、オウムが引き起こした一連の事件から何かヒントを得ている可能性はありますね」

北朝鮮はVXガスなどの化学兵器禁止条約の未加盟国で、60年代からVXガスを研究し、現在も大量に保有しているといわれている。だとしたら90年代当時、研究成果を試すために、日本で人体実験し、その後改良して今回の暗殺に利用している可能性はある。

「オウムに関していえば、化学兵器だけではなく、LSDや武器などの調達にも外国人スパイの力が働いていたといわれています。そもそも、CIAの洗脳実験としてオウムが利用されていたともいわれていますからね……」

いまだ情報が錯綜している金正男暗殺事件。事件の解明によって浮かび上がるのは、北の闇だけではないようだ。

※小林機械朗読からのお知らせ
ご視聴は↓からお願いします。



気に入りましたら小林機械朗読↓ youtubeはこちらからチャンネル登録できます



□「美人工作員が毒針で暗殺」の報道は事実か—— 金正男氏殺害を実行したと思われる北の特殊部隊

韓国メディアは2月14日夜、北朝鮮の最高指導者である金正恩の異母兄で、マカオで事実上の亡命生活を送っていた金正男氏が何者かに殺害されたと報じた。そこでTOCANA編集部は、CIAやモサド、韓国の国家情報院とも独自のコンタクトを持つ危機管理コンサルタントのA氏に電話インタビューを申し込み、殺害事件の真相について聞いてみた。

「今回の事件は、金正恩直轄の暗殺部隊による犯行。マレーシア情報当局の話では、クアラルンプールに現れた金正男氏に綺麗な若い女性2人が近づき、すれ違いざまにストロー状の吹き矢から毒針を放って殺害したそうです。まるで、くノ一(女忍者)のような行動ですが、実はこれ、北朝鮮がよく使う手なんですよ。大ヒットした韓国映画『シュリ』(2000年公開)を観た方は覚えているかもしれませんが、北朝鮮の工作員が軍の研究所から特殊爆弾を奪う際、研究員とすれ違う時に指先に仕込んだ毒針で刺して殺害しているシーンが描かれています。誰の指示による暗殺なのかは今後の捜査が明らかにしていくでしょうが、犯行の手口からして、北朝鮮の特殊部隊である『偵察総局』のアサシンによることは間違いないでしょうね」(A氏)

美人工作員と毒針による金正男氏の殺害は、映画を地で行くものではなく、映画に描かれた暗殺を北朝鮮が実際に行なっていることを証明したものと言えるだろう。
(文/山野一十)

□金正恩側近による忠誠心競争のため?

金正男氏と長期間メールのやりとりを行い、2回の直接インタビューを行って金正男氏に関する本を出版したことがある東京新聞の五味洋治記者も、「金正男氏が金正恩側近による行きすぎた忠誠心競争によって殺された可能性がある」と見る。北朝鮮は毎年、光明星節を前に機関別に忠誠心報告大会を開くなど、金正日・金正恩への忠誠を誓う競強調文争を行ってきた。

一方で、金正男氏が韓国に亡命しようとするのを阻止するために殺害したのではないかという「亡命阻止説」も出ている。これは、今回の事件を説明する重要な背景の一つだ。韓国の情報機関・国家情報院は否定しているが、金正男氏は亡命させる価値のあるターゲットの一人だった。韓国・統一研究院のチャ・ドヒョン研究員は「政権の頂点にいるファミリーが亡命したとなれば、ファミリーにとって対外的に大恥をかくことになる。一般的なエリートの亡命とは意味が違う。そのため、金正男氏をあわてて除去しようとしたのではないか」と指摘する。
(文/ パク・ホンファン :「ソウル新聞」記者)

にほんブログ村 動画紹介ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村
応援よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。