プロフィール

パウロ小林

Author:パウロ小林
FC2ブログへようこそ!
こんにちわ、パウロ小林です。
私 癒されブログ「イエスの涙」を
運営してますが、この度
裏サイトとして、パウロ小林で
youtubeにうpしてる機械朗読を
ご紹介いたしています
メインは、超常現象 オカルト ミステリーを
ご紹介していますが、その他に
いろいろな、オカルト・不可解・怪談・予言 動画も
投稿よていです。
どうぞ 気楽に寄ってみてください。
気になる、記事・動画みつかるかも・・・
管理人
サウロ小林(小林機械朗読)
にほんブログ村 動画紹介ブログ

FC2カウンター
ランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国予言第4弾

雷鳥師匠から緊迫する朝鮮半島の、韓国の未来を占ったタロット占いの第4弾の結果報告がありました。

【 韓国 】 平昌オリンピック 文大統領
2018年2月1日〜2月中旬

平昌オリンピックと韓国の動静と文大統領とは連動しているので、共に占っています。

タロットカード 『 ケルト十字 』
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

tarotto5.jpg

① 現在( 2018, 2, 1 )の状況
I the Alchemist 『 魔術師 』逆位置

・ できないのにできたかのように見せかけたり、人々の目を欺こうとしている。
・ 些細なことから問題が表面化してしまう。
・ その場の雰囲気で一時しのぎの言動をして取り繕うことも困難な状況に陥る。


▲ 解説 ▲
結局、平昌オリンピックのメイン会場は屋根が無く、観客席は仮設のような脆い骨組みがあるだけ。
トイレに至っては10戸だけという状態。
まさに「できないのにできたかのように見せかける」である。

さらにチケット代の高騰。
周辺の宿泊料金やレストランなどの 価格も暴騰。
これを些細なことと捉えるのはかなり難しいと思われる。

保温設備のない観客席や脆い骨組みは冬の厳しい強風と寒さから、崩壊の危険も孕んでいる。
建材に氷が付着してボルトが外れるなどの些細なことから、問題が表面化してしまうだろう。

韓国は至る場で「その場しのぎ」をする国民性があるようだが、オリンピックともなれば国の代表選手の生命がかかった大会である。
その場しのぎでは、どうやっても成功することは難しいだろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

② 悩みの障害 または 援助
X the Wheel 『 運命の輪 』

・ 万物の流動を表し、絶えず変化していく様子を意味する。
・ 運命の輪は留まることのない変化を表している。
・ 浮き沈みが激しく、それはあらゆるものへと影響を与える。
・ このカードが「障害」として出現したと考えるならば、それは「様々なトラブルが起こる」という意味である。
・ 反面、「援助」として出現したのであれば、「そこにはチャンスが転がってくる」という意味を含んでいる。
しかし、チャンスは一瞬でしかない。
つかむのは容易ではないだろう。


▲ 解説 ▲

このカードは①のカードの上に重ねて占うものである。
上記の「魔術師」はネガティブな意味を持つため、これは運命が廻りながら落下していくことを表している。

廻っているのだから、そこには逆転のチャンスも存在する。
しかし、今回の場合は変化が早く起こることが示唆されているので、運命の輪の回転も早いと思われる。
当然、チャンスは一瞬しか巡ってこず、それを掴むのは至難の業といわねばならないだろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

③ 表面的な心理
XIV Temperance 『 節制 』 逆位置

・ これは欲望を理性で制御するカードである。
今回は逆位置で出現しているので、それとは反対の意味を持つ。
この場合は、「欲望が表面化している」と捉える。

・ 何事にもピークを迎えた後は衰退に向かうもの。
カードには大天使ミカエルが盃から盃へと生命の水を注いでいる。
これは、光と影、神と物質、理性と感情を表しています。

・ 彼らは己のことばかりを考えて、周囲に目を配ることを忘れているようだ。
・ 周囲との協力や調和が保てずに不安定な状態に陥るでしょう。


▲ 解説 ▲
通常、「表面的な心理」とは理性が保たれた状態を表すものだが、それは韓国人には通用しないようだ。
深層心理に押し込められていなければならない欲望が表面化している時点で、かなりのマイナスになるだろう。

平昌オリンピックでのぼったくりもさることながら、朝鮮半島の南北統一という欲がもう隠せないところにまで来ている。

彼らには「南北統一さえすれば、自分たちは儲かる」という考えがあり、それが国を動かしているとも言えるのかもしれない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

④ 深層心理
VI the Lovers 『 恋人 』 逆位置

・ 互いに惹かれ合う男女はその情熱を持って行動に移します。
しかし、逆位置の場合は愛憎による衝動であることを忘れてはいけません。
・ このカードは彼らが愛すべきすべてを対象にしています。
・ アダムとエバはお互いを信頼しあっていましたが、エバが騙してアダムに知恵の実を食べさせたことによって、楽園を追い出されてしまいました。
・ カードの中でアダムは、燃え盛る樹木のそばで悶え苦しんでいます。
・ エバに対して愛情はあるものの、うちに秘めた炎は身を焼いているのです。
・ 愛し合いたい相手と憎むべき相手が一つであることに苦悩を感じているカードでもあります。


▲ 解説 ▲
韓国は北朝鮮を同胞と思うと同時に相容れない相手だとも思っているようです。
また、羨ましいが憎い相手は北朝鮮だけではなく、米国、日本、中国などもその対象となっています。

彼らはエバをそそのかす蛇さながらに、知恵の実をとるように国を扇動しています。
すでに韓国人自信が自国を「Hell 朝鮮」と言っているように、そこは地獄だと思っているのです。

しかし、ひとたび国を追われればそこが慣れ親しんだ祖国であったことを思い出すでしょう。

そうして、さらに幸せそうな人々を妬み憎むことになるでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

⑤ 過去( 2,1 より以前 )の状況
XIX the Sun 『 太陽 』 逆位置

・ 太陽は万物を育む生命の象徴ですが、逆位置の場合は、それとは真逆の意味を表します。
・ 太陽を恐れ、その光を遮ることに疑問を感じず、自分自身が栄養失調に陥っていることすら気が付くことが出来ません。
・ 万物の尊さを忘れ、感謝の念を失ったために、まともに物事を考えることが出来なくなっているようです。
・ 浅はかな考えが自分自身を甘えさせ、他者に依存し他者を吸い尽くそうとしています。
・ このような態度から、周囲は彼らを徐々に遠ざけるようになるでしょう。


▲ 解説 ▲
太陽とは、他国との良好な関係を示しているようです。
特に太陽を国旗にしている日本を示唆しているのかも知れません。
また、経済の先行きが明るいことも太陽を表しているので、この場合は経済が悪化し続けていることを物語っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

⑥ 近い将来
XI Justice 『 正義 』逆位置

・ 人の道として正義は、最も尊ばれる美徳であるが、正義とは公正な行いをしている者のみが備えているものである。
・ 彼らは周囲に対して公平中立だろうか?
・ 周囲は彼らの偏見に満ちた言動や、嘘偽りに対して罰を与えようとしています。
・ それは直接的であったり、間接的であったりしますが、正義に背いた責任は非常に大きいと言わざるを得ません。


▲ 解説 ▲
コウモリ外交は正義の行為だろうか?
正義とは周りがどうであれ、己の人としての道を貫くことを指すのであり、最終的に勝って儲かることを指すのではない。

たとえ負けても、人としての道、国家としての約束を貫くことこそが正義なのではないだろうか?

果たして韓国はそれができているか?
できていなければ、それは大きな代償を伴って返ってくるだろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

⑦ 本人の立場
VII the Chariot 『 戦車 』 逆位置

・ 彼らは現在、目標を見失い進むべき道が見えない状態です。
・ 計画していたことが頓挫し、強固なはずの戦車まで使い物にならない状況です。
・ 周囲のアドバイスに耳を貸さず、ひたすら突き進んできた結果が現在の状況を作り出してしまったのです。


▲ 解説 ▲
「平昌オリンピックを成功させる」
それは脆くも崩れ去りました。
さらに米国や中国と対等の関係を保とうとしたものの、それは単なる思い上がりであったことを突きつけられた状態です。
頼ろうとした我が軍は装備もままならないほど脆弱な軍隊であったことが露呈して、前にも後ろにも進めない状態になってしまいました。

自分を中心に世界情勢が動いていると勘違いせずに、他国の話に耳を傾けていればもう少し道が開けていたかも知れません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

⑧ 周囲の状況
IV the Emperor 『 皇帝 』 正位置

・ 彼らの周囲は強大な力を持った権力者たちが威厳に満ちた様子で佇(たたず)んでいます。
・ 皇帝は国と国との調和を重んじ、それを乱すものを許しません。
・ 彼らはその強大な権力と武力を持って、すべてを制圧しようとするでしょう。


▲ 解説 ▲
「威厳に満ちいてる権力者」とは、韓国を取り囲んでいる諸外国である。
彼らはそれぞれの事情を抱えながら、それでも調和しようと努力してきた。
それこそが国を背負っている人物が行うことである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

⑨ 本人が期待すること または 恐れること
V the Hierophant 『 法王 』 正位置

・ 法王は誠実で包容力があり、寛大な心を持っています。
・ 法王とは、人を罰するために存在しているのではなく、神の御名において人々を祝福することが役目です。
・ 神は弱者に優しく、人々の罪を赦したもう立場である。


▲ 解説 ▲
これは彼らが「期待すること」である。
自分たちの行いを棚に上げて、相手に対して聖人君主のように優しく寛大に我々に対して祝福せよ。
と望んでいるのでしょう。

我々は弱小なのだから、そのような扱いが相応しいと要求しているのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

⑩ 最終結果
XII Death 『 死神 』 正位置

・ このカードは「性は常に死と共にある」ということを意味しています。
・ 死神のカードは「一度、すべてを無に返す」という意味を表しており、必ずしも人の死を想起するものではありません。
しかし、それまで作り上げてきたものを全て失うこととなるでしょう。
・ 人間関係の縁も切れてしまい、信用や財産を失うのとになるでしょう。


▲ 解説 ▲
今回は平昌オリンピックと韓国と文大統領を同時に占っているので、それら全てが破綻することをこのカードは示唆しています。

平昌オリンピックの失敗は韓国経済の失墜であり、韓国経済の失墜は文大統領の失策であるからです。

最終結果に Death『 死神 』が出現するのは、余程のことが起こる場合でないと滅多にないことです。

それはすでに撤回のできないところまで来ています。

国の破綻は免れません。

このオリンピックがターニングポイントとなるでしょう。

にほんブログ村 動画紹介ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村

韓国予言第3弾

【 韓国 】 文在寅大統領 第3弾
2018年1月中旬〜末日
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

tarotto4.jpg

① 現在( 1月中旬 )の状況
XII the Hanged Man 『 吊るされた男 』 正位置

・ 忍耐と試練、損失と屈服。
・ まさに足を縛られて身動きが取れない状態。
・ 答えを出すのが難しい困難な状況。
・ 自分の力ではどうにもできない。
・ 小休止して、自分自身の思いを抑制する必要あり。
・ 自分を犠牲にしても尽くしたい人物が現れる。
・ その人物の価値を見極めることが大事。


▲ 解説 ▲
韓国と文在寅大統領は、同盟国や周辺国からの圧力と要求に身動きがとれない状況。
そんな中にあっても自分を犠牲にして尽くせる人物が現れる。
国内からか、海外からなのかは不明だが、その人物が一縷の望みになるかもしれない。
しかし、その人物は同盟国から現れるわけではない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

② 障害、 援助 、助言
VII the Chariot 『 戦車 』

・ このカードは戦車という乗り物そのものを表しているのではなく、困難や孤独、あらゆる障害や問題をものともせずに乗り越えて目標に向かっていく逞しい若者を象徴しています。

・ 障害や問題を乗り越えていく力強さがある。
・ 目標に向かって作戦を実行に移す力を持っている。


▲ 解説 ▲
それまで政界には存在していなかった人物が、力強く国を引っ張っていく可能性がある。
果たしてそれが吉となるか凶となるかは不明だが、その人物が民意を具現化していくだろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

③ 表面的な心理
III the Empress 『 女帝 』 逆位置
・ 自己主張が強く、強引で空気が読めない。
・ 依存しすぎによる破綻。
・ 経済状況を見直し、無駄をなくしていく。
・ 欲張りすぎて損をする。
・ 独断的で周囲を意のままに動かそうとする。


▲ 解説 ▲
プライドと自意識過剰が表面に押し出されて、引くに引けない状況を作り出してしまうだろう。
周囲を意のままに動かしたい気持ちはあるのだが、気持ちと状況が乖離していくのは本人にもどうにもならない現実になるだろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

④ 深層心理
XI Justice 『 正義 』 逆位置

・ モラルを軽視し、ルールに反することをしてしまう。
・ 偏見を持って物事を判断しようとする。
・ 格差を感じ、周囲との不公平感に没してしまう。
・ 厳しい納得できない試練を課せられ、判断を誤ってしまう。
・ 周囲とは関係が破綻してしまうかも。
・ 信用を失くすことを恐れる。


▲ 解説 ▲
最悪の時に最悪の選択をしてしまう韓国。
本人は最良の選択をしたつもりでも、それは国際ルールから著しく逸脱したものであり、それを深層心理では理解していても、それに従うことはできない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

⑤ 過去の状況
XXI the World 『 世界 』 逆位置

・ スランプに陥って、苛立ちを隠せない。
・ 変化を恐れ、現状から抜け出せず、結果を伴わない。
・ 周囲との価値観や考え方、世界観との相違によるすれ違い。
・ 現状を受け入れることで未来を変えることが出来る。


▲ 解説 ▲
2017年 〜 (年末年始) 〜 2018年
文在寅大統領は思い描いていた未来から剥離していく現状に失望と苛立ちを隠せない。
韓国の味方と敵が複雑に変化していく中で、本当の味方を見つけることができずに翻弄されていることを自覚している。
しかし、どんなに頑張っても最良の選択肢が見つからない。

『 世界 』の逆位置とは、この場合、まさに世界を逆に進んでいくという意味である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

⑥ 近い将来の状況
XVI the Tower 『 塔 』 正位置
・ 思い上がりを戒め、危機を警戒せよ。
・ 避けることの出来ないトラブルが発生。
・ 信頼を失い、人間関係の破綻を招く。


▲ 解説 ▲
自分たちで世界をコントロールできるという思い上がりこそが、身の破滅を招くことになるだろう。
「危機を警戒せよ」とあるが、彼らはそれを自覚することはできない。

自覚できないが故に、神の怒り触れたバベルの塔のように瓦解する危機を孕んでいる。

「避けることのできないトラブル」とは、北朝鮮との戦闘の可能性も含んでいる。

「信頼を失う」のは、かつての味方や同盟国からの信頼を失うのであり、欺瞞に満ちた国からの信頼ではない。
国と国との関係は、人と人との関係である。
その信用を失ったら、経済も含めて破綻するのは目に見えている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

⑦ 本人の立場
IV the Emperor 『 皇帝 』 正位置
・ 強い権力を有し、威厳に満ちている。
・ 孤独で頑迷である。
・ 積極的、意欲的に周囲を引っ張っていく力が不可欠。
・ 知性やあらゆるものを駆使して、守るべきものを守ろうとする。


▲ 解説 ▲
世界からみた韓国がどうであれ、本人は自分のことを『皇帝』だと思っている。
皇帝であるからには、国民の情緒を優先することこそが国益だと考える。
その他のことは国益を損ねることであるとして、突っぱねる権力を有していると思い込んでいる。

逆に言えば、それは世界のことを考えない自己中心的な思いでしかないのだが、彼は世界の王であるかのように錯覚しているようである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

⑧ 周囲の状況
VI the Lovers 『 恋人 』 逆位置

・ 誤解から関係に亀裂が生じる。
・ 疑いが不安を呼ぶ。
・ ライバルや邪魔者の出現による破綻。
・ 偏った見方による間違った判断がトラブルを引き起こす。


▲ 解説 ▲
文大統領としては意図していたことではない言動で、同盟国との間に亀裂が生じてしまい、それは修復不可能となるだろう。
そのような状況から、韓国に対する不安と疑念が状況をさらに悪化させる。

そこに思いがけない邪魔者が入り込む。
それは人災とは限らない。
場合によっては天災である可能性があり、その事によって韓国国内が混乱する。大災害によって、朝鮮半島から同盟国が兵を引き上げる必要を迫られるかもしれない。

さらに経済の破綻と反米デモやライダイハンの表面化によって、世論は朝鮮半島に対して反発を余儀なくされるだろう。
これらが複合的に起きる可能性は非常に高く、それはすでに韓国の処理能力を大きく超える事態となり得るだろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

⑨ 本人が期待すること、恐れること。
XVII the Star 『 星 』 逆位置

・ 理想が高すぎて、現実的な行動が伴わない。
・ 身の回りも頭の中も混沌としていて、処理が追いつかない。
・ 頑固さが周囲から敬遠される原因になる。
・ 楽観的すぎて手を抜いてしまう。


▲ 解説 ▲
これらは本人や民衆の「 懸念 」である。
「 朝鮮半島統一を韓国側主導で行うことは理想が高すぎるのではないか?」
「 これから起こる紛争やトラブルを処理できるのか?」
韓国政府に対する国民の懸念は膨らむ一方である。

対して政府側も
「国民はあまりに未来を楽観的に捉えていて、慎重さが足りない。」
と思っている。

この齟齬をお互いが恐れているのである。
そして、これこそが朝鮮半島有事に対して解決しなければならない鍵でもあるのだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

⑩ 最終結果
X the Wheel 『 運命の輪 』 逆位置

・ 絶えず回転し続ける運命の輪は、留まることのない生命活動、時の流れ、変化などを意味している。

・ 状況は刻一刻と変化し続け、それに追いつくことが困難となってきている。
・ 悪条件が重なり、失敗や損失が起きやすい。
・ 不測の事態により状況が一変する恐れがある。
・ このような状況は浮き沈みが激しく一過性のものであるが、その場その場で最良の選択をする必要がある。


▲ 解説 ▲
朝鮮半島情勢は緊迫度を増していく。
経済の悪化や人心の不安はさらに増大し、やがては最悪の状態を招く恐れがある。
状況を見極めることが重要だが、それをするためには熟練した世界観が鍵となる。
運命の輪は回転しながら、しばらくは落下を続ける。

勝ち馬に乗ることだけを考えていると身の破滅を招くことになりかねないだろう。


ー 以上 ー

にほんブログ村 動画紹介ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村

韓国予言 第2弾

韓国予言 第2弾
【 韓国 】文在寅大統領の状況
2017年12月中旬〜2018年1月中旬

tarotto2.jpg

雷鳥師匠から緊迫する朝鮮半島の、韓国の未来を占ったタロット占いの第2弾の結果報告がありました。

① 現在( 2018年1月中旬 )の状況
ⅩⅤ the Devil 『 悪魔 』正位置

・ このカードは怖いものや悪なるものが襲ってくるわけではなく、その人の中に潜む獣性や悪い心、暴力や欲望の象徴。
・ 現実逃避
・ 誘惑に負けて、悪い方、困った方に進む。
・ 自分の嫌なところ、否定したいところが表面に出てくる。

▲ 解説 ▲
年末年始の文在寅は内なる悪感情が表面にじわじわと現れてくるようになるでしょう。
それは北朝鮮への親睦感であり、アメリカや日本に対する反抗心でもあるのです。
彼は現実が見えずに、いまだに「韓国は独立国家であり、自力で南北統一できる」と思っています。
そのため、北朝鮮やロシア、中国の口車に乗ってしまうところが強く出るでしょう。

② 悩みに対する障害 または、援助。
ⅩⅡ the Hanged Man 『吊られた男』
・ 自分の願望や欲を抑制する力。
・ 自分を犠牲にしても尽くしたい人物の出現。
・ 忍耐、試練、損失、屈伏。
・ まさに足を縛られ身動きのとれない状況。
・ 自分を二の次にして、他の誰かに尽くす。

▲ 解説 ▲
この時期には、韓国という国は自分自身ではどうすることもできない状況に陥っているでしょう。
彼らは大きな野心と欲望があり、それを抑えることができません。
「自分を犠牲にしても尽くしたい人物」とは、文在寅にとって「尽くしたい人物」。つまり、「北朝鮮系」である可能性も非常に高いのです。

自分自身は米国や中国によって手足を縛られた状態( 経済封鎖や米軍との齟齬 )なので、それを理由に無責任な行動をとる可能性もおおいにあります。

③ 表面的な心理
ⅩⅢ Death 『 死神 』 正位置
・ このカードは単に恐怖や不運を表しているわけではなく、「生は常に死と共にある」ということを意味している。
・ 何もかも失って空っぽの状態。
・ マンネリは失敗や破滅へ繋がる。
・ 今のままではすべてを失う。
・ これまで関わってきた人物や物事の縁も切れてしまう。
・ 一旦、白紙に戻して再スタートをはかるべき。
・現状維持では、失敗が目に見えている。

▲ 解説 ▲
これはあくまで「表面的な心理」であって、韓国の状況そのものを表しているわけではない。

しかしながら、一見すると文在寅大統領には味方がいない状態になる、ということになる。
それは国内から見てではなく、国外を見た時にそのようになるのである。
霊的に生まれ変わる必要があるだろう。

④ 深層心理
ⅩⅩ Judgement 『 審判 』 正位置

・ このカードの審判は「新約聖書」の「ヨハネの黙示録」における『最後の審判』を意味している。
・ いままで努力してきたことに、予想以上の評価を求めている。
・ 今後、自分はますます飛躍したい。
・ 「自分一人で生きているのではない」という自覚。
・ 自分の能力を表に出したい。

▲ 解説 ▲
これはあくまで「深層心理」であり、文在寅大統領の願望でもある。
現実にそぐわなければそぐわないほど、その思いは強くなっていくだろう。
あわよくば自分一人でも助かろうとする意思の表れでもあると言えるかもしれない。

⑤ 過去の状況 ( 2017年12月中旬より過去 )
ⅩⅣ Temperance 『 節制 』 逆位置

・ 思いやりがなく、自分たちのことしか考えていない。
・ 生活や行動のリズムが乱れ、上手くいかなくなる。
・ 上記のような態度によって、悪循環が続いてきた。
・ 場の雰囲気を壊さない配慮が必要だった。
・ 平凡で単調であったとしても、一定のリズムや習慣は大切にするべきであった。
・ 謙虚さと自己主張のバランスが重要であった。

▲ 解説 ▲
これは11月中旬〜12月中旬までの出来事を表している。
「一定のリズム」とは外交上のリズムであり、国内のそれとは一線を画く。
「生活や行動のリズムが乱れ」とは、国内の状態を指し、国民の意識がそれぞれバラバラの状態になりつつあることを表している。

「平凡で単調」とは「デモなどがない日常」のことを意味する。

本来はこれらを謙虚に実行しなければならなかったとカードは言っているのだ。

⑥ 近未来の状況
Ⅴ the Hierophant 『 法王 』 正位置

・ 信頼できる有効な助言を得られる。
・ 頼りになる人物の庇護により、安心感が持てる。

▲ 解説 ▲
「信頼できる有効な助言」とは、文在寅大統領にとって信頼できるであり、有効な助言とは「彼にとって有効」 なのであり、韓国にとって有効であるかどうかは非常に疑問である。

「頼りになる人物の庇護」とは日米ではなく、全く別の国の人物である。

⑦ 現在(年末年始)の韓国( 文在寅大統領 ) の立場
ⅩⅥ the Tower 『 塔 』 正位置
・ 避けることの出来ない不運に巻き込まれる。
・ 突発的な事故やアクシデントが発生。
・ 対人関係の悪化による立ち直れないほどのダメージ。
・ このカードは、奢り高ぶった人が作った塔が、神の怒りによって崩壊することを告げている。
・思い上がりを戒め、危険や事故、災害などに注意。
・ 野心や間違った自信を礎に建てられた塔は一度破壊され、正しい意志の元に再び建て直されなければなりません。

▲ 解説 ▲
「奢り高ぶった人々」とは、国際情勢を見極めることをしようとしないアンバランスな人々のことを指し示している。
その人々が建てた塔が神の怒りによって崩壊するのは、物理的&精神的の両方の意味を持つ。

【 物理的 】····· 地震などの災害によって崩壊する。
または ····· 北朝鮮からの武器による破壊を意味する。
【 精神的 】····· 韓国の国政自体の崩壊を意味する。

⑧ 周囲( 韓国と文在寅の周囲 )の状況
Ⅹ the Wheel 『運命の輪』 逆位置

・ 逆風が吹いている。
・ 変化が早く、ついていけなくなる兆し。
・ 順調に進んでいたことが停滞したり、不測の事態が起こる。
・ 良い事と悪い事が繰り返し起きる。

▲ 解説 ▲
韓国をとりまく諸外国の状況です。
韓国にとって諸外国の態度の変化は、韓国自身がついていけないほど、目まぐるしく変化していくでしょう。

それは不測の事態を起こすほどのものであることを覚悟する必要があるようです。

⑨ ( 韓国と文在寅が )期待すること。
または、恐れること。
Ⅲ the Empress 『 女帝 』 正位置

豊穣と繁栄をもたらす母性の象徴。
・ このカードはあら緩命を生み出し育む母性を象徴している。
気品に満ち、誇り高く、美しさと逞しさを合わせ持つ魅力を意味している。
・ その反面 ·····
独断的で周囲を意のままに動かそうとし、束縛しようとするマイナスの力を持っている。
・ 豊かさゆえの浪費や過保護による依存の関係など、行き過ぎで出しゃばりが失敗を招くことになる。

▲ 解説 ▲
これはあくまで韓国と文在寅が期待し恐れることであって、現実のそれとは乖離している。

彼らは自国こそがこの難局を乗り切る要(かなめ)だと思い込んでいる。
母のような愛と情で物事を解決しようとしているのだ。

しかし、それは非常に独断的であり、そのような判断をさせるに至ったのは、韓国がこれまで他国に依存し、その富を我がもののように扱ってきたことに原因がある。
それが崩れていくことこそを彼らは恐れているのである。

⑩ 最終結果
Ⅱ the High Priestess 『女教皇 』 逆位置

・小さなきっかけで機嫌が悪くなったり、辛辣な嫌味を言って相手を傷付けてしまいます。
・ どれだけ、自分自身が損をするのか気付きもせず、ヒステリックに相手を非難し続ける。
・ 露骨に不満を態度や表情に表すようになる。
・ 反面、相手のお世辞を真に受けて自惚れる。

▲ 解説 ▲
解説するまでもなく、カードが意味することそのものが、年末年始の最終結果である。

事態は刻々と動いている。
韓国と文在寅は自覚するのが遅くなればなるほど、取り返しがつかなくなることをいまだに理解できないだろう。

国とは、緻密に作り上げていくものであり、一朝一夕でできるものではないのだということを身を持って知る機会となるだろう。

にほんブログ村 動画紹介ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村

【予知】『私のマンションで起こったストーカーサツ人と予知した友人A』

洒落怖リアルホラー編『私のマンションで起こったストーカーサツ人と予知した友人A』
2017年07月31日
洒落怖

gazousam134

【予知】『私のマンションで起こったストーカーサツ人と予知した友人A』

『私のマンションで起こったストーカーサツ人と予知した友人A』洒落にならない怖い話

福岡に赴任していた時、会社の用意していたマンションを借り一人で暮らしていた。ある日友達から同郷で東京からきているAさんを紹介してもらって仲良くなり、よく飲み歩いたりしていたのだが――

オカルトではないかもしれませんが実体験話を一つ。

数年前大学卒業して某証券会社に就職しまして福岡に赴任していた時の話です。
ちなみに女です。

会社の借り上げのマンションが市の中心部にあってそこを寮扱いで借りて、
毎日会社までは歩いて通勤していました。
殆ど新築に近い13か15階建ての10階に住んでいました。
仕事は毎日忙しく帰宅は夜の8-9時頃になってました。
各フロアに8部屋あって、私が住んでいたのはその10階の108号、
一番奥の部屋で エレベーターを降りたら薄暗い照明を頼りに暗い渡り廊下を渡って帰る毎日でした。

福岡の地元の方と言うのはなかなか地元意識が強く結束も固く、
言い換えればよそ者には馴染みにくい土地だったように思います。
だから私も友達は福岡の方よりも同じ東京からや、
別の地方から来てる友達が多かったことを覚えてます。

ある日、同郷である東京出身の友達から、
矢張り東京から転勤で来ている友達Aさんを紹介されました。
彼女は当時32歳だったでしょうか。
某有名化粧品店の新規店舗立上げの責任者として短期赴任されていた
儚い感じのロングヘアーで長身の美人でした。
私は彼女に気に入って貰えたのか私たち酒豪の2人でよく飲み歩いていました。



気に入りましたら小林機械朗読↓ youtubeはこちらからチャンネル登録できます。



そんなAさんとの飲み会で帰りが遅くなったある日、彼女と別れマンションへ。

夜の12時頃エレベーターで10階につくと、
薄暗い通路の先、丁度真ん中の104号室のドアの前で
ドアを背にし手すりに肘を付いてタバコを吸ってる中年男性がいらっしゃいました。

ほろ酔いの私は怪しむこともせず、
「こんばんわ~」と言って会釈しました。
ベランダには洗濯物を干す方も多いため、
通路でタバコを吸う人は珍しくなく、
その方もそんな一人だと思ったからでしょう。

いきなり酔っ払い娘に挨拶された男性は面食らったようで、
それでも薄くなってそうな頭を丁寧に下げ、
「こんばんは」と挨拶を返されました。
その日からその男性を何度も見るようになりました。
と言っても矢張り夜間に通路でタバコを吸っている男性と挨拶をするだけの仲でしたが。

次第に打ち解け、 「こんばんわ~」と挨拶すると
「こんばんは。今日も遅かったね」などと言い合う軽い交流が始まりました。
他所のもであり、多忙で家に居ないことも多いせいか
近所付合いも殆どない私は挨拶出来るご近所さんが出来たことを
少なからず喜んだことを覚えています。

それから暫くして、矢張りAさんと飲みに行ったとある土曜日、
Aさんが家に遊びに来ることになりました。

「Nちゃん(私です)ちって近いのね。私これからちょくちょく 遊びに来るわ。酒持って」
なんて話しながらエレベーターを降りると、
矢張りいつもの男性がタバコを吸ってました。

酔っ払っていた私はいつもの調子で
「こんばんわ~。吸いすぎは体に毒ですよ~」と 挨拶、
男性も「何いいようとって。飲みすぎだってよくないよ」
なんて軽口を言い合い部屋へ戻りました。

その間Aさんは終始無言でした。
部屋へ入るとAさんは、

「Nちゃん、 1週間くらいうちを空ける準備出来る?今すぐ。私んちに少しの間引越ししよう!」

と言い出しました。
理由を聞いても教えてくれませんし、
突然の理不尽な要求に??? 状態の私でしたが、
彼女の気迫に根負けし1週間分の下着と化粧品、
その他身の回りの物とスーツ2着とパソコンをつかんでバッグに詰め込み
Aさんのお宅へやっかいになることにしました。
バッグはAさんの持ち物であるかのようにAさんが持ち、
私はちょっとタクシー捕まるまで送るよ的な体で彼女の後に続きました。

ドアを開けると男性はおらず、
Aさんと二人でタクシーに乗り込みAさんちへ向かいました。
翌日曜日の昼に 追加で仕事着を取りに戻り、
それからAさんちの家で共同生活が始まりました。

それから暫くAさん家の広い1LDKへ行き帰り。
そしてその週の水曜日、会社へ行くと課長が青い顔で

「N君!君大丈夫だったか!!!今不動産屋から連絡があったんだけど!!!」

と凄い剣幕で詰め寄られました。
鷲づかみにされていた新聞を見せられると、
私のマンションで起こったストーカーサツ人がトップ記事になっていました。

後から聞いた事も含めますと、
とある離婚された夫婦がおりまして、
分かれた旦那が捨てた奥さんをストーキングしていたと。
そして水商売の元奥さんを毎晩待ちわびて、 とある日に遭遇、
口論の末に持っていた包丁で数十箇所メッタ刺しにしてコロしたのだと。

新聞に犯人として乗っていた顔写真は、
私が毎日暗い通路で挨拶するあの男性のものでした。

その男性は毎晩奥さんを待っていたそうです。
最終的にはコロす目的で包丁まで準備して。
私はそんな男性に近所のよしみを抱き
毎晩のように挨拶していたことに気付きました。

私はそこで腰が抜け、へたり込んでAさんに電話。
Aさんは電話越しに優しい口調で
「もう大丈夫だから。これで大丈夫だから」と言われました。

男性は元奥さんをメッタ刺しにした後、
通報を受けて追ってきた警官隊を前に私の家の
108号室の前まで逃げドアをガチャガチャやっていたそうです。

その日のうちに総務のケチ親父に掛け合い
マンションを変えてもらうように頼みました。

警察での事情聴取を受けAさんの家に帰宅。
Aさんと缶ビールを傾けながらいろいろな話を聞きました。

曰く、所謂見える体質ではないそうですが、
直感に近い感じで人の運命や未来がたまに見えたりするそうで。
そしてAさんは無事新規店舗も軌道にのり、
Aさんの帰京が決まったことも聞きました。

画像:WEBSAE
http://websae.net/spy-access-20141024/

にほんブログ村 動画紹介ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村
応援よろしくお願いいたします。

雷鳥師匠から緊迫する朝鮮半島の、韓国の未来を占ったタロット占いの結果報告がありました。

雷鳥師匠から緊迫する朝鮮半島の、韓国の未来を占ったタロット占いの結果報告がありました。

ご依頼の【韓国】のタロット占い
占い方法:タロットカード【 ケルト十字 】
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
主に文在寅大統領の主観。
2017年11月末〜12月中旬
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

① 現在の状況
ⅩⅩⅠ The World 『世界』 逆位置
・ スランプに陥って、苛立ちを隠せない。
・ 変化を恐れ、現状から抜け出せず、結果を得られない。
・ 身近な人との価値観や人生観の相違によるすれ違い。

▲ 解説 ▲
これは、文在寅の現在の心身状況を表しています。
『身近な人』とは、恐らく『日本』のこと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

② 悩みの障害 または 援助
ⅩⅠ Justice 『 正義 』 正位置
・ 最も尊ばれつつ、最も難しいこと。
・ 美徳としての正義。

▲ 解説 ▲
この場合は、すばり!『アメリカ合衆国』を指し示す。
韓国にとってアメリカ合衆国は障害であり、援助であるから。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

③ 表面的な心理
( 文在寅の表面的心理 )
ⅩⅤⅡ The Star 『 星 』正位置
・ 将来的に明るい見通し。
・ 不運を遠ざけ、幸運を引き寄せている。
・ 何気ないところで、周囲から認められている。
・ 今まで以上に順調に物事は進んで行く。
・ 停滞していたことが動き出す。

▲ 解説 ▲
表向き、文在寅は平静さを装い 国民に対しても、あたかも希望があるかのように振舞っている。
自分が国を率いているのだという自負が強いようである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

④ 深層心理 ( 文在寅の深層心理 )
ⅩⅡ The Hanged Man 『吊るされた男』 逆位置
・ 自己中心的な言動はどんどん不利な立場に自分を追い込んでいる。
・ 頑張っても思い通りにならない可能性が高いことを自覚している。
・ 調子が悪く、何をしてもなかなか結果が出ない。
・ 傲慢な態度をとっている。
・ 努力や頑張りが無駄になっていることを自覚している。
・ 何らかの犠牲を払うことを感じている。

▲ 解説 ▲
表面的はどうであれ、文在寅本人は危機感を強く感じているようである。
また、自分の言動が空回りしてることも自覚はしているが、どうにもならないことも自覚している。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

tarottouransai1

⑤ 過去の状況
V The Hierophant 『 法王 』正位置
・ モラルや伝統を守って、地道に行動することで、幸運をつかんできた。
・ 悩みの問題は一人で抱え込まずに相談することで解決してきた。
・ 人々( 国民 )を正しい方向へと導いてきた。
・ 精神面での権威を見せつけてこれた。
・ 自分は、威厳と同時に寛大さと、包容力、誠実、優しさなどを兼ね備えて国民に接してきた。
・ 国民は自分を肯定的にとらえ、自然と善行( 韓国人にとって )を心がけるようになった。

▲ 解説 ▲
文在寅が大統領になる前から現在までを「過去」として、とらえている。
「モラルや伝統を守って」とは、日本との『歴史問題』に他ならず、それを『地道に糾弾し続けてきた』。
だからこそ、大統領になれた。
ということを表している。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

⑥ 近未来の状況
ⅤⅢ Strength 『 力 』 逆位置
・ 奢った心によって、せっかくの好機を逃してしまう。
・ 自信のなさを隠すために強気に出て、かえって失敗する。
・ 考えすぎて判断出来なかったり、前に進めなくなる。

▲ 解説 ▲
まさに韓国の近未来。(゜゜n)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

⑦ ( 文在寅の )現在の立場
ⅤⅡ The Chariot 『 戦車 』 正位置
・ 立ち止まらずに前進することで、道が拓ける。
・ 短期集中で頑張り抜くと、成功を手にできる。
・ 有言実行を心がければ、成功を手にできる。
・ 目標に向かって作戦を実行するチャンス。
・ ただし、考えを見透かされないことが必 要。

▲ 解説 ▲
これが韓国と文在寅の現在の状況であり、状況を脱するヒントなのだが ····· 恐らく進むことはできないし、頑張り抜くこともできないし、有言実行とは程遠く、目標も定まっていない。
(^^;
考えも各国に見透かされているのは明らかだ。w
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

⑧ 周囲の状況 ( 韓国民 )
ⅩⅨ The Sun 『 太陽 』逆位置
・ 甘えや依存心が強い。
・ 子供じみた行動をとる。
・ 浅はかな考え、安易な方法に頼る。
・ 持久力がなく、何事も長続きしない。
・ 中途半端になってしまう。
・ 言い訳をしたり、責任転嫁する。

▲ 解説 ▲
韓国国民を含め、国会議員をも指す。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑨ ( 文在寅が )期待すること、恐れること
ⅩⅩ Judgement 『 審判 』 正位置
・ 目覚ましい向上。
・ 大切な人との尊い絆を実感。
・ 自分自身の本心や才能など、秘めたることが現れてくる。
・ 努力が報われ、嬉しい結果。
・ 今まで努力してきたことに対して、予想以上の評価。
・ 身の回りの人の存在が、いかに大切かを痛感する。

▲ 解説 ▲
"\_(゜゜ )
要は、文在寅の『妄想』。

ちなみに「大切な尊い絆」とは「北朝鮮との絆」のこと。
「自分自身の本心」とは「南主導の南北統一」。
自分の努力が報われることを強く望んでおり、それ以外を疎外している。
「身の回りの人の存在の大切さを痛感する」とは、「同胞の存在」であって、国民のことではない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑩ 最終結果
Ⅵ The Lovers 『 恋人 』 正位置
・ 共同作業によって得られる成功や幸せ。
・ 互いに惹かれ合う。
・ さまざまな誘惑があり、それに惑わされないことが大切。
・ アダムとエバを示すカードである。
・ さらに、『楽園を出ていく』カードでもある。

▲ 解説 ▲
文在寅の相手とは、おそらく「北朝鮮」と「中国」と「アメリカ」を指す。
「恋人」のカードは、「一方と上手く行けば、一方と離反する」もしくは、「一方と上手く行けば、必ず何かを犠牲にする」という意味。
"\_(゜゜ )
つまり、これは「北朝鮮と仲良くするなら、米中とは離反する。」とのことであり、逆に「米中と仲良くするなら、北朝鮮とは永遠に分かち会えない」という意味でもある。

アダムとエバはエデンの園を永遠に追い出された。
これは取り返しのつかない事が起こることをも示唆しているのである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
( ・ω・)_/''
以上が、現在までの占い結果となっている。

年末年始はまた別に占うので、しばらく( もしかしたら 明日以降 )まで、お待ちくださいませ(,,^^,,)/

追伸:写真はカードは、先月購入したおいらのタロットカードです。
( ´艸`)♪
やっと手に入れたぞ〜。

【閲覧注意】その起源と目的、レプティリアン(ヒト型爬虫類)に関する10のこと

神話や伝承、SFはもちろん、海外の陰謀説に必ずと言っていいほど登場するのが、ヒト型爬虫類、レプティリアンである。「レプタイル・エリート」という言葉を聞いたことがあるだろうか?発端は、元BBCのスポーツライターで、自称"神の子"、デイヴィッド・アイクの1999年の著作『大いなる秘密』から出てきた。

この本の中でアイクは、「世の中はレプティリアンに支配されている」と断定している。これはひどく荒唐無稽な陰謀説に思われるが、およそ1200万人のアメリカ人がこれは真実で、レプティリアンが人類に反旗を翻す陰謀が存在すると信じているという。

もちろんこうした説は裏付けが乏しく不確かな情報であり、嘘であると論破するのは簡単なことだが、世界を牛耳るという「レプティリアン陰謀説」はなかなか設定も手がこんでいて、思わず信じてもいいかも?と思うほどには魅力的なのだ。

iseijin01

カラパイア 不思議と謎の大冒険
その起源と目的、階級から見分け方まで。レプティリアン(ヒト型爬虫類)陰謀説に関する10のこと

①レプティリアンの起源と目的

レプティリアンはどこからやって来たのか?いくつかの説があるがこの2つが有力である。ひとつは、もともと地球で進化したが、宇宙旅行ができるようになったので地球を離れ、何百万年後にまた戻ってきたという説。

もうひとつは、彼らは故郷の竜座星から数千年前に地球にやってきて、人類と共存していたが、自らの決断か、強制なのか、諜報活動のために身分を隠しているというものだ。

そしてレプティリアンはコンピューターのコードを変えるように、人類のDNAを変えることで、人間との交配を行い始めたという。

DNAを改ざんするのは、ふたつの効果がある。まず、人間の脳をフルに使えなくして、意識に限界をもうけ、コントロールしやすくできる。もうひとつは、爬虫類の遺伝子をもつ人間は、人間の意識外である低層の四次元に住むレプティリアンの思いのままになるというメリットだ。

人間と爬虫類の交配種は半神半人と考えられ、バビロンやメソポタミアの古代シュメール文明において力を得ることができた。人類が地球のあちこちに移り住み始めて、爬虫類も地球全体に広がり始め、王族になっていった。

各国で権力をもつようになって、レプティリアンは地球規模の牢獄を作ったが、人間は自分がその中に入れられていることすら気づいていない。この牢獄は、国境線によって分けられているが、そこでは戦争や紛争が絶えない。

人間をコントロールするもうひとつの方法は、マスコミやエンターテイメント、政治などを使ってわたしたちの気をそらせることだ。汚染された食べ物、空気、水で、愚かで怠惰にされることもある。要するに、トカゲ人間がわたしたち人類の脳を変えて、その能力を限定してしまい、彼らが世界の重要な指導者の地位におさまってきた、という異様な情報がまかり通っている。こうした指導者たちはこれまでのおもな歴史的出来事の原因になってきた。結局、何千年もの間、レプティリアンが人間を腑抜けにしてきたのは、確実に牛耳りやすくするためだというわけだ。

②レプティリアンの階級

アイクによると、レプティリアンにはふたつのクラスがあるという。純血種か、交配種かだ。純血は、すぐにレプティリアンだとわかり、人間としての外見と真の姿を変えることができる。そうかと思うと、人間になりすますというような見かけの変装はせずに、彼らが人に見えるように人間の脳を操作する。

ジョン・カーペンターのカルト映画『ゼイリブ』でエイリアンが人間をごまかすのと同じ方法だ。交配種は、人
間の外見をしているので、一見レプティリアンだとは気づかれない。だが、新世界秩序として知られる計画を推し進めるため、低層の四次元世界からコントロールされている。

このふたつのタイプの中に、それぞれ違う種族がいる。その序列の一番上にいるのは、翼をもつアルビノの爬虫類ドラコだ。その下には、翼はなく茶色やグリーンの皮膚をしたレプトイドがいる。レプトイドは兵士や科学者で、政府や基地の極秘計画に関わる。タイムトラベルのような周辺技術の開発をしようとした、米軍によるモントーク計画もそうだ。

③レプリティアンの見分け方

変装したレプティリアン、レプティリアンのDNAをもつ人間の一般的な特徴は、たいてい白人種で、グリーンか、ハシバミ色か、ときにブルーの鋭い瞳をしていて、目の色を変えることができるという。また、血圧が低く、皮膚に不可解な傷跡のようなものがある。

彼らが人間の中に紛れ込んでいると、見分けるのは不可能だが、その場合は彼らの行動を見るといい。レプティリアンは人に感情移入することがなく、簡単に愛情を表現しない。非常に頭が良く、宇宙や科学に愛着を示す。

どうしてもその姿を見たい場合は、スローモーションでテレビの画面を見ると、一瞬、真の正体が垣間見えるかもしれない。その姿は歪み、肌はグリーンのうろこ状に見えるはずだ。歯も不格好で、爬虫類のような目をしている。

iseijin02

④レプティリアン疑惑のある人たち

多くの有名人がレプティリアンだと言われている。アメリカのロックフェラー、ドイツのロスチャイルド、イギリスのウィンザー家などの有名な一族や、ビル・クリントン(ヒラリー・クリントンもビルよりも高い地位のレプティリアン)、バラク・オバマ、ブッシュ父子などのアメリカ大統領もそうだという。実際、ブッシュ家は多くの有名人が、彼らと親戚関係にあるので、レプティリアン陰謀で重要な役割を果たしている。

レプティリアンの血筋では、ジョージ・W・ブッシュとオバマは、11番目のいとこで、ディック・チェイニーは、一親等隔てた9番目のいとこだという。ブッシュ家に直接つながるほかの血族は、エイブラハム・リンカーン、マリリン・モンロー、ポカホンタス、ヒュー・ヘフナー、ジョン・ケリー、ブラド・ツェペシュ、ダイアナ妃。つまり彼らもまた、同じようにレプティリアンである可能性がある。

銀行業界や政府や王室に浸透しているだけでなく、人気者の有名エンターテイナーにもレプティリアンはいる。ボブ・ホープ、ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリーなどだ。言うまでもなく、わたしたち一般人の中にもたくさんのレプティリアンがいて、誰を信じていいかわからない。ひょっとしたら、あなた自身も自分では気づかないだけで、レプティリアンかもしれない。



気に入りましたら小林機械朗読↓ youtubeはこちらからチャンネル登録できます。



⑤レプティリアンは血を飲み脳を食らう

血はレプティリアンにとってとても重要だ。彼らは血を飲んでいると言われている。また、人間の脳も食べ、特に子供の脳を好む。大人の脳のように毒されていないためだ。

血は飲むだけでなく、血統はレプティリアン陰謀に大切な特徴で、血統を追えば、その人がレプティリアンかどうかわかるという。紀元前4800年頃、トルコ、イラン、クルジスタンの山脈から交配種が現われて、シュメール、エジプト、バビロン、インダスという初期の文明を始めたという。

いかに人間が文明化され、驚くべきことを成し遂げたか、これで説明がつく。こうした文明の地から、人間は移住するようになり、レプティリアンも一緒に移動した。アイクは、上にあげたレプティリアンだと言われる人たちのすべての血統は、もとをたどるとこのエリアに行きつくと主張する。

一部の人間の血液には、はっきりマーカーがある人もいる。交配が始まったエリア出身の人は、珍しいRh(プラスにもマイナスにも属さないもの)やRhマイナスの血液型であることが多い。単に珍しいだけでなく、Rhの血をもつ赤ん坊が生まれると、その皮膚は青くなるという。貴族の血統をさす"青い血"はここからきているようだ。

iseijin07

iseijin03

⑥レプティリアンに関する 聖書の記述

レプティリアンが存在する証拠として、アイクは聖書にたくさんの記述があることを指摘する。もっとも有名な話は、人間の堕落だ。

創世記では、イブがヘビに誘惑されたため、アダムとイブはエデンの園から追放される。アイクは、これは人間とレプティリアンの関係の変化を表わしているという。レプティリアンは地球を歩き回っていたので、人間はその存在に気づいていたが、ある時点で彼らは地下へ潜って身を隠し、密かに人間との交配を始めた。秘密裏に諜報活動が行われたときが、いわゆる分離と呼ばれ、それこそがアダムとイブの話が描いていることなのだ。

それ以外にも、聖書にはレプティリアンに関する記述がある。創世記6章1~4節にはこうある。

"さて、地上に人が増え始め、娘たちが生まれた。神の子らは、人の娘たちが美しいのを見て、おのおの選んだ者を妻にした。主は言われた。「わたしの霊は人の中に永久にとどまるべきではない。人は肉にすぎないのだから」こうして、人の一生は百二十年となった。当時もその後も、地上にはネフィリムがいた。これは、神の子らが人の娘たちのところに入って産ませた者であり、大昔の名高い英雄たちであった"

アイクはこの部分もまた、交配の証拠だとしている。ネフィリムは曖昧な言葉だが、"堕ちた者"という意味で、ネフィリムは堕天使、優れた者だと人々が信じるようになった。アイクは、彼らこそが実際にレプティリアンで、人間の娘と交わって、その子どもたちが人間との交配種になったと信じている。

最後には、ヨハネの黙示録でサタンはヘビやドラゴンとして描かれていて、彼の天使たちと共に地球に落とされる。アイクは、これはドラコと彼のレプトイドだとしている。もちろん、これは聖書を信じている場合に有効な説だが、おもしろいのは、爬虫類族と人間の交配話が出てくる古代の原典は聖書だけではないのだ。

iseijin04

⑦文明の中の爬虫類は神としてあがめられていた

アイクが指摘するほかの証拠は、世界中の文明が爬虫類の神をもち、爬虫類的な存在をあがめていることだという。顕著な例は、メソポタミアや現代のイラクで見つかった小立像だ。これはウバイド期(紀元前6500~3800年)に始まった文明以前の時代のもので、人型のヘビが赤ん坊を抱えている像だ。

こうした文明以前の遺物だけでなく、爬虫類の神や半神半人の話は、古代歴史を通じて見うけられる。メソアメリカにはケツァルコアトルという翼をもつヘビの神がいるし、ヒンドゥー教には、半分人間で半分コブラのナーガという神がいる。アーペプはエジプトのカオスの神だが、やはりコブラの姿をしている。世界中の多くのさまざまな文化にドラゴンのような巨大な爬虫類の話がどれくらい出てくるかについては、わかっていない。

こうした爬虫類の神やドラゴンの話は、分離前にレプティリアンがまだ大っぴらに活動していた頃から発生したという。たくさんの文化に、アダムとイブと似たような話があり、爬虫類的生物がエデンの園のような特別な場所の門番をしていたり、人類に特殊な知識を教えている、とアイクは指摘する。こうした話のいくつかは隠喩かもしれないが、これらの話は、実際に分離の証拠だとアイクは信じている。

iseijin05

⑧宇宙人グレイとの関連性

レプティリアン・リートや、新世界秩序陰謀説がこれほど突拍子もなかったら、レプティリアンはグレイとして知られるエイリアンと結びつけられたかもしれない。謎の陰謀ライター、ジェイソン・ビショップ三世によると、実際はグレイがレプティリアンにコントロールされているという。その序列は、翼のあるドラコ、翼のないレプトイド、グレイ、そしてわたしたち人間、底辺に下層の人類がいる。

憶測の域ではあるが、目撃者証言によると、グレイとレプティリアンの交配も実際にあるという。外見はグレイのようだが、爬虫類のような皮膚をしているらしい。レプティリアンがグレイを奴隷化している、人間をおとしめるために宇宙で両者が同盟を結んで協力していると信じる人もいる。

⑨レプティリアンとイルミナティ

もっとも有名な秘密結社であるイルミナティは、ドラコによって支配されているという。この説は、モントーク計画の関係者だというスチュワート・スウェドレーという人物が考え出した。彼は自身の著作の中で、イルミナティには13の王族があり、リーダーのピンダーは、純潔であるピナクル・オブ・ザ・ドラコの略だという。

スウェドレーによると、ピンダーは何世紀も続いているロスチャイルド家の当主で、ほかの12の一族は皆、強大な権力、影響力をもち、裕福で、それぞれ違う分野の専門技術があり、世界の経済や軍隊、技術や開発、洗脳、宗教、メディアを牛耳っている。13の支配者ファミリー全部が純潔のレプティリアンだが、300委員会と呼ばれる、13ファミリーをサポートしている個人クラスは純潔ではない。300委員会は、NSAやCIA、インターポール、マフィアのような組織を支配して、13ファミリーを支えているという。

iseijin01

⑩レプティリアンの最終目的

彼らはなんのためにこんなことをしているのか、というのが最大の疑問で、たくさんの議論がある。彼らの惑星の大気を安定化させるために地球の黄金が必要だからと言う人もいれば、権力や支配を求め、統治者として生きるのを楽しんでいるだけと言う人もいる。

基本的に、彼らがやろうとしていることは、人間を苦しめ、絶えず紛争を起こすことだ。こうしたことを彼らが望む理由は、レプティリアンが嫉妬や恐怖、怒りのような負のエネルギーを食料源としているからだろう。もちろん、巨大で変身可能な人型爬虫類が、宇宙を旅する術をマスターしているという証拠がなければ、彼らの真の狙いを知るのは困難なわけだが。

にほんブログ村 動画紹介ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村
応援よろしくお願いいたします。

【オカルト】絶大な怨念と有名な霊能力者

本当にあった2chの怖い話
【オカルト】絶大な怨念と有名な霊能力者

haikei132.jpg

948 :本当にあった怖い名無し:2009/11/25(水) 21:50:23 ID:BGQd7vYqO

知人の話。

あまりにも色々と酷いので、漫画で紹介された霊能者にコンタクトをとった。
『依頼殺到』って漫画には書いてあったのに、速攻返事が来た。
「命の危険がある方は優先です」って。

そういう類に頼る事に抵抗ある知人が、その時ばかりは自分の勝手な行動をすんなりと受け入れた。

で、待ち合わせ当日。とあるホテルを予約しておいた。
私が先に霊能者さんと会って、仕事を終えた知人が後から合流する予定。
が、知人が来ない。
連絡してみると、この日に限ってトラブル発生&交代要因が来ない(連絡取れず)。
霊能者さんに謝る自分。
「しょうがないよ。行かせないつもりだから」
霊能者さんには、その状況の理由が分かっている様子。

948 :本当にあった怖い名無し:2009/11/25(水) 21:50:23 ID:BGQd7vYqO

待ち合わせから3時間。
取り敢えず予約したホテルへ移動。
「本当にすみません。忙しいでしょうし、日程変更にして頂いても…」
「そんな事したらその人、今度こそ死ぬよ」

949 :948:2009/11/25(水) 21:54:39 ID:BGQd7vYqO

どういう事か分からず驚く自分に、霊能者さんは飄々と説明。
「行かせないようにしてるんだよ。絶対に離れないって。かなり恨みが強いからね」
「え?じゃあ来れないんですか?」
「いや、来ないと危ない」
「??」
「他にもいるんだよ。
 今日、俺と会うのを知って、やっ成仏出来るって待ってるのも沢山いる。それが出来なくなったら?
 何百年も苦しんでやっと成仏出来るって期待していた分、絶望も桁外れ。
 その憤り、逆恨みは行かなかったその人に一斉に向けられる。
 今度こそ死ぬよ。殺される」
マジだとその時思った。
だって知人は、昔から事故や病気で九死に一生を得る経験を何度もしてる。
今回はついに癌になった。
だから本当に何かあると思って、霊能者さんに頼んだ訳だし。
「だから、何がなんでも今日何とかしないといけないんだ。何時になろうと何時間だろうと待つから」

で、霊能者さんは遠隔で何かしたらしい。
「大丈夫。21時には来れるよ」

950 :948:2009/11/25(水) 21:56:22 ID:BGQd7vYqO

待ち合わせが確か15時。
チェックインしてホテルの部屋で、ついでに自分の亡き母の事とか視てもらってた。

そして21時10分程前。
「遅くなってすみませんでした」
知人がやって来た。

ここから家系に纏わる霊視が始まる訳で、その前に簡単に知人の状況を。
・知人、田舎から上京してる。
・当時、左臀部に肉腫発症。
・肉腫発覚と同時期、父親が心臓病でバイパス手術を余儀なくされる。
・弟、知能障害あり。同時期、緑内障と白内障を併発。
・母親、脳溢血?の過去があり、働きも無理出来ず。
・姉、嫁いでいるが旦那(知人の義理兄)が難病指定の病気を患い仕事出来ず。

知人の家は四国の奥の閉鎖的な田舎。
本家と言われるもので、知人に後継ぎが出来なければ家系は途絶える。
本来は爺ちゃんが最後だった。
子供が出来ず、知人の父親を養子にして何とか苗字を継いでいた。

951 :948:2009/11/25(水) 21:58:34 ID:BGQd7vYqO

さて、霊視。
霊能者さんには現状は伝えたものの、癌の種類や出身地等の予備知識は伝えていなかった。
「だい…だいでんきん?てどこ??」
いきなり肉腫の部位を当てられる。
因みに霊能者さんは2人。
1人は視える、聞ける、成仏までさせられる。
1人は視える、聞ける、話せる、分かる。所謂レーダータイプ。
で、主にレーダータイプが状況を把握していく。
何百もの霊体が知人には憑いているらしいが、それらをまとめて(?)率いるリーダーがいるっぽい。
そのリーダーが、誰よりも強い恨みや思いを持っていた。

「……差別?」
リーダーの話を聞くレーダータイプが呟いた途端、自分と知人は顔を合わせた。

952 :948:2009/11/25(水) 22:00:35 ID:BGQd7vYqO

「心当たりある?」
レーダーに聞かれて答える知人。
「あります。うちの田舎は未だに部落差別の生きている村です。
 自分は部落出身ではないのですが、その為に幼い頃から差別を目の当たりにし、それが正しいのとされていました。
 それが嫌で、納得出来ずに田舎を出て来ました」
「貴方のご先祖…、6代か7代か…前の方。この世のものとは思えない残虐な仕打ちをしてるわね」
「納得出来なかったの。この人ね(憑いてるリーダー)、悪い人じゃないのよ。
 ただ、人一倍正義感が強くて、仲間が理不尽に虐げられる事、虐殺される事が許せなかったの。
 悔しくて悔しくて、どうして同じ人間なのに生まれでこんなに違うのかって。泣いて訴えてるよ」

仕方がなかったんだよ。
時代だったんだよ。
霊能者さんは2人で、一生懸命にリーダーを説得してた。

余談だけど、その時すでに深夜を回ってた。
部屋の窓の外をうろつく影を、霊感のない私も見た。
助けを求めるように、気付いてって感じに窓に手を付けて覗いてた。
暗闇に乗せるようにかぶさる、もう一段黒い人影だった。

※小林機械朗読からのお知らせ
動画はこちらからご視聴いただけます。



気に入りましたら小林機械朗読↓ youtubeはこちらからチャンネル登録できます。



954 :948:2009/11/25(水) 22:03:50 ID:BGQd7vYqO

リーダーは暫くごねてたらしいけど、霊能者さんの説得により納得したらしい。
元々が正義感の強い真っ直ぐな人で、何百年もの長い年月を理不尽さに苦しめられて来た人。
だからなのか、張本人ではない知人に怒りを向ける理不尽さに、理解を示したのかもしれない。

霊能者さんは事前に買ったお握りを出して、知人に憑いてる人達の振る舞った。
「白米なんて食えなかったんだろ。成仏前にゆっくり食え」って。

未だに分からないのは、知人の肉腫は左の大臀筋に出来た。
爺さんは戦争で左足を失ってる。
知人が事故で複雑骨折をした足も左(これは手術をしても骨がくっつかず、未だに何か固定するもんが入ってる)。
左に何かあるのかとも思ったけど、それについては特に何も言ってなかった。

955 :948:2009/11/25(水) 22:05:53 ID:BGQd7vYqO

リーダーを含む全員を成仏させた後(窓にいた人も一緒に)、暫らくの歓談タイム。
どうして知人に憑いたのか聞いてみた。
「差別による虐めを率先していたのが彼のご先祖さま。
 その一族の中で彼が一番強かったから。精神的にも肉体的にも」
とにかく何がなんでも、知人の家系を根絶やしにしたかったのかもしれない。
と同時に、いつかこうやって成仏させてくれる事をしてくれるのは、知人しかいないと縋っていたのかもしれない。
分からないけど、何百年も何百年も、リーダー達は苦しんでたんだなって思う。
生きている時の理不尽な差別や無念を抱えたまま、長い年月を苦しんでいたんだと思う。

956 :本当にあった怖い名無し:2009/11/25(水) 22:49:57 ID:kbX5U75Z0

乙ですが、その後知人と親族の状況は好転したの?

958 :948:2009/11/25(水) 23:22:13 ID:BGQd7vYqO

知人一族のその後は、一気に好転とはいってませんが、当時程の状況ではありません。
一度なった病気が奇跡のように回復するはずもなく、姉の旦那は相変わらず難病だし、
弟の知能も12歳のまま(現在30代半ば)。
だけど父親の手術は上手くいったし、母親も倒れずに元気に知人に金の無心をしてる(笑)
知人の癌は軟部肉腫といって、5万人に1人という珍しいものだったけれど、
大臀筋を丸ごと取ったにも関わらず、他の筋肉が失った大臀筋の変わりを担い、
身体的な障害も残らず(小走り位なら出来る)、再発もしていません。
ドラマのように好転!とはならないけれど、悪化もしていません。
それが何よりの好転なのかも。

この話、どこに書いてもスルーされてたんです。
こうやって読んでくれて反応してくれた今、本当に知人が呪縛から解き放たれた証のような気がする。
本当にどうもありがとうございました。

962 :本当にあった怖い名無し:2009/11/26(木) 01:19:46 ID:dh5tLEKp0

漫画の二人の霊能者って、ほん怖の有名な人かな

963 :本当にあった怖い名無し:2009/11/26(木) 08:30:53 ID:UtEY9+5B0

だったら漫画で読める日が来るな

964 :本当にあった怖い名無し:2009/11/26(木) 09:02:31 ID:eYhTj7tpO

>>962>>963
あたり。
ほん怖のとある漫画家さんが書いてた二人組の霊能者、GさんとHさん。
特筆すべきは、Hさんがかなりの美女だったこと。
そして漫画通り、Gさんの除霊はエキセントリックだった。
実は結構前の話なので、漫画化する事はないと思う。
が、あの二人は間違いなく本物。
霊視や除霊の中で、どんどん点と点が結び付いていく感じだった。

にほんブログ村 動画紹介ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村
応援よろしくお願いいたします。

【予言】イルミナティカードが横浜壊滅を予言

北朝鮮絡みの予言などの記事を発見しました。動画化しました。

不思議探偵社
[秒読み]北朝鮮との戦争~日本はどうなる?予知予言と最新情報[5月31日更新]

haikei01.jpg

■イルミナティカードが横浜壊滅を予言

投稿者:通りすがりのネコさん
投稿日:2017年4月14日(金)

レオさん、いつも楽しく拝見させてもらっています。こまめな更新ありがとうございます。

私自身はオカルトに興味があるだけで、まったく何も予知の力などないのですが、みこさんの横浜の話を聞いてイルミナティカードの横浜壊滅の予言を思い浮かべました!

北朝鮮の情勢が日に日に悪化していますし、何か最悪な状況が起きなければと思います…

※イルミナティカードについて

haikei02.jpg

イルミナティカードとはアメリカのゲーム製作会社が1995年に販売したカードゲームで、正式名は「イルミナティ・ニューワールドオーダー(新世界秩序)」。

イルミナティとは世界を裏で操っているという秘密結社の名前です。

イルミナティについて詳しくお知りになりたい方は、[陰謀]ピコ太郎~PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)に秘められたメッセージ~をご覧ください。

これはあまりにも有名なカードですが、なぜ有名になったのかというと、カードに描かれている事柄が次々と実際に起こっているからなのです。

haikei03.jpg

■横浜が核攻撃を受ける!?

投稿頂いたように、イルミナティカードには横浜が核攻撃を受けたかのような絵柄のカードがあります。

それがこのカードです。

なぜこれが横浜かというと、このカードには「横浜コンチネンタルホテル」が描かれているのです。

カードでは黒く描かれていますが、特徴的な半月状の建物が「横浜コンチネンタルホテル」に似ています。

そして、なぜ核攻撃を受けたことになるのかというと、地面に核のマーク(黄色と黒色の円)が落ちていて、破壊された壁には人型の黒い跡が焼きついているからなのです。

連日、ニュースで報道しているのでご存知かと思いますが、ここ最近朝鮮半島情勢に緊張が走っています。

アメリカは核開発を続ける北朝鮮に対して圧力をかけていて、攻撃も辞さないと警告しています。

実際にアメリカ軍は、朝鮮半島に巨大空母を展開するなど、現在の朝鮮半島情勢はかつて無いほどの緊迫状態が続いています。

もし、アメリカが北朝鮮を攻撃すれば、北朝鮮の反撃によってアメリカ軍基地がある日本も標的になるのは火を見るよりも明らかです。

神奈川県には厚木基地、横須賀基地などアメリカ軍の基地・施設があります。

北朝鮮が数発の核ミサイルをこれらの施設に向けて発射した場合、15kmほどしか離れていない横浜も爆発に巻き込まれてしまう可能性も否定できません。

特に水素爆弾の威力はすさまじく、半径100km以上が爆風で吹き飛ぶそうです。

とにかく、今の異常な緊張状態を脱し、戦争が起こらないことを祈るばかりです。

※小林機械朗読からのお知らせ
動画はこちらからご視聴いただけます。



気に入りましたら小林機械朗読↓ youtubeはこちらからチャンネル登録できます。



haikei04.jpg

■横浜ではなく神戸?

投稿者:めそさん:投稿日:2017年4月15日(土)

みこさん始めイルミナティカードの記事を読んでいてふと思ったのですが、私にはイルミナティカードのホテルっぽいものが、神戸港のホテルに見えました。

窓の横線や、よく見るとシルエットが半月型というよりはえぐられて半月になっている様にも見えますし、神戸港には影が写っている赤レンガのようなものもあるそうです。

そしてさくらさんがくりかえし見ている神戸港の場面もリンクしました。もしさくらさんに聞く機会があればイルミナティカードのことも併せてお尋ね頂けますでしょうか。
神戸ではないかとのことで、早速調べてみました!

めそさんがおっしゃっているホテルというのは「神戸メリケンパークオリエンタル」のことだと思われます。

確かにイルミナティカードに描かれている窓(横線)に似ています。建物の形的には横浜コンチネンタルホテルが近いですが、爆風で建物が破壊された画にも見えるので、神戸メリケンパークホテルの可能性は否定できないのかも知れません。

それと神戸港には「神戸煉瓦倉庫」という建物があるそうです。

確かにこれだけ見るとイルミナティカードに描かれている場所は神戸かも知れませんが、北朝鮮が神戸を狙う意味があるのかどうかだと思います。

神戸にはアメリカ軍基地や施設はなさそうなので、戦艦などが神戸港に停泊中に攻撃を受けるとかしか考えつきません。

あとは北朝鮮が敗戦濃厚となった時に、すべての核ミサイルを韓国や日本へ向けて発射して、その一発が神戸に落ちるということなのでしょうか……。

北朝鮮は核弾頭を20発以上保有しているそうなので、あり得ない話ではないのかも知れません。

haikei05.jpg

■カードに隠された日付

投稿者:ピークさん:
投稿日:2017年4月15日(土)

イルミナティカードの話が出てきたので。

このカードには、それが起こる日にちが隠されていると言われています。311などは有名です。

今回掲載していただいた横浜と思われるカードですが、これを上下逆さまにして見てください。

逆さまにした状態の一番下のうち、赤い壁の先端部分の左側です。水色の雪だるまに見える部分がありますよね?この雪だるま土台部分右の、水色と壁との境、赤い壁の横線とで、数字の5が書かれていると思いませんか?そして、その左横、1が書かれています。

このカードは、今日15日に起こる出来事なのでしょうか?心配です。


早速、検証してみました。

これは写真を180度回転し、ピークさんがおっしゃっている部分を拡大したものです。

ここに5と1を赤入れしてみます。

確かに5と1が隠されているように見えます。しかしこれは15日だけではなく、5月1日という可能性もあるのではないでしょうか。

これを書いている最中にもう一つ気付きました。赤入れしてみました。

いかがでしょうか。831で8月31日という可能性はないでしょうか。

本当に事が起こる日付が隠されているかどうかは、その時が来ないと分かりませんが、何事も起きないことを祈るばかりです。

しかし朝鮮半島をめぐる緊張状態は日に日に増しており、アメリカ軍は空母の派遣だけでなく、沖縄県にある嘉手納基地ではF15戦闘機数十機がすぐにでも北朝鮮へ向けて飛び立てる態勢を整えているとのことです。

そして北朝鮮側も全面戦争に応じると発言していることから、緊迫した状況は日に日に増していきそうです。

ただ唯一の希望は、北朝鮮と交流のある中国が説得にあたっていることです。

北朝鮮が核を含めた大量破壊兵器を破棄し、話し合いに応じれば全面戦争という最悪な状況は脱することができるのではないでしょうか。

引き続き、朝鮮半島情勢を見守っていきたいとおもいます。

にほんブログ村 動画紹介ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村
応援よろしくお願いいたします。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。